2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

アストレイゴールドフレーム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アストレイゴールドフレーム
外国語表記 Astray Gold Frame
登場作品

ガンダムシリーズ

テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 MBF-P01
全高 17.53 m
重量 49.8 t
装甲 発泡金属装甲
開発 モルゲンレーテ社
所属 オーブ連合首長国
パイロット ロンド・ギナ・サハク
テンプレートを表示

アストレイゴールドフレームは『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の登場メカ

概要[編集]

モルゲンレーテ社が開発した試作型モビルスーツ

オーブが連合の試作MS(ストライク等)開発を請け負った陰で、その技術を盗用して開発した自国防衛用MS「アストレイ」のプロトタイプで、全部で5機が存在し、その内の3機がそれぞれ開発用途別にゴールド(特別機)、レッド(ナチュラル仕様OS開発用)、ブルー(各種装備開発用)に分けられている。また、予備パーツの状態でグリーンともう1機が存在する。

共通項として、

  • ビーム兵器(ビームライフル、ビームサーベル)を標準装備。
  • 頭部ユニット及びバックパックに換装機能を付加し、汎用性を追求(ストライクの影響か)。
  • 装甲を必要最小限に抑えた結果、高い運動性を有する(PS装甲の技術が入手できなかった為)。

がある。

「ゴールドフレーム」と呼ばれる本機は他のアストレイと違い、手に連合規格のプラグを持っていて、連合軍のMSの武装を使う事が出来る。

ヘリオポリスザフトに襲撃された際、他のアストレイ共々、機密保持のために処分されるはずだったが、ロンド・ギナ・サハクが密かに本機を持ち出していたが、脱出の際不具合で右腕を破棄している(その直後にやってきたロウに発見されたことでレッドフレームとブルーフレームを発見されることになる)。その後、ロウレッドフレームと交戦し、頭部を破壊され、アストレイゴールドフレーム天に改修された(レッドフレームの方も右腕を全損したために回収したゴールドフレームの右腕を移植している)。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
アイコンのみで登場。イベントなので、戦闘もしない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵された近接防御火器。連合のGAT-Xシリーズの物と同じ。
ビームサーベル
連合の技術を盗用して造った武装。エネルギー消費が激しい。
ビームライフル
連合の技術を盗用して造った武装。そのため、性能も連合製の物と同じ。
バズーカ「ゲイボルグ」
元々はデュエルの武装。ヘリオポリスを脱出する際に使用したが、機体のシステム調整が不十分だった為に右腕がバーストを起こしてしまった。
対ビームシールド
対ビームコーティング処理が施された実体盾。連合のストライク等の物と同一の装備。

関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

アストレイゴールドフレーム天 (未完成)
アストレイゴールドフレーム天
アストレイゴールドフレーム天ミナ

関連機[編集]

アストレイレッドフレーム
アストレイブルーフレーム

資料リンク[編集]