アストレイゴールドフレーム天

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アストレイゴールドフレーム天
外国語表記 Astray Gold Frame Amatsu
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦W
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 MBF-P01-Re
全高 17.99 m
重量 73.2 t
装甲 発泡金属装甲
PS装甲(右腕のみ)
原型機 アストレイゴールドフレーム
開発 モルゲンレーテ社
所属 オーブ連合首長国
パイロット ロンド・ギナ・サハク
テンプレートを表示

アストレイゴールドフレーム天は『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の登場メカ

概要[編集]

モルゲンレーテ社が開発したオーブの試作型モビルスーツアストレイゴールドフレームを改修した機体。

天(未完成)[編集]

レッドフレームとの戦闘で破壊された頭部をモノアイ付きの新しい物に取り替え、右腕も極秘裏に回収したブリッツの物を装備したが、完成度は70%ほどである。

ブリッツの腕を移植する際、新たにミラージュコロイドが追加された。オーブ軍ロンド派の技術により、オリジナルのブリッツには無かった機能として、右腕のみミラージュコロイドを機能させる事が可能になった。 また、装甲の白い部分は全て黒になっている。これは当時の技術では機体色が黒でなければミラージュコロイドを機体に定着させる事が出来ない為である。後のSEED DESTINYではオーブ軍(サハク家)の技術向上により、機体色に関係なくミラージュコロイドを使用する事が可能となっている。

また、新たに移植されたブリッツの右腕にも細かな改良が加えられ、トリケロスに装着されたランサーダートもミサイルからただの槍に差し替えられ、敵機の機動力を奪う武装に変化している。狡猾な戦法を好むギナらしい。PS装甲は右腕にしか施されていないので、PS装甲を活かすには積極的にシールドを多用しなければならない。

原作ではギガフロートにこの状態で現れ、ロウのレッドフレームと戦ったが、ブルーフレームの介入により、撤退している。

その後、第三次ビクトリア攻防戦にも投入された。

[編集]

右腕が改良され、攻盾システム「トリケロス改」に変更されている。また、背部も通常のバックパックから変更され、ミラージュコロイドを応用した特殊兵器「マガノイクタチ」を装備しており、禍々しい印象を与える。

ロウレッドフレームと三度交戦し、ガーベラ・ストレートを叩き折るが、駆けつけたブルーフレームセカンドから借りたタクティカル・アームズで機体を損傷。その後ブルーフレームによってコクピットを貫かれた。

機体は無事イズモに回収され修復。しかし、その後の稼働試験中にリジェネレイトと偶然遭遇し、機体が衝突して脚部を破損。更なる改修が施される。

後に、わだかまりが解けたロウに整備を頼んでいる。レッド、ブルー、そしてゴールドが並んだ一枚絵は圧巻の一言で、それぞれが元が同じフレームと言われても信じられないほど改造を施されている。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
初登場作品。天(未完成)はオーブルートで一度だけ、敵機として登場する。レッドフレームで一対一で戦う事になるが、あまり苦労せずに倒せる。天は哨戒ルート45話「運命の子ら」で敵として登場する。
なお、いつブリッツの腕を回収・接続したのか、実は不明確だったり(ブリッツが落ちたと思われる場面の直後に登場するため)、天と対峙の時点では設定上撤去されているはずのビームサーベルを装備している。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2017年7月のイベント「理想の世界」の報酬ユニットとして登場。SR・SSRファイター。ファイター属性の報酬ユニットは本機が初となる。
貴重な複数デバフ効果(暗闇・スロウ・スタン)持ちファイターであり、報酬機の中では有用なユニットと言える。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵された近接防御火器。連合のGAT-Xシリーズの物と同じ。
攻盾システム「トリケロス」
未完成時の右腕に装備されている複合兵装。対ビームシールドとしても機能する。
50mm高エネルギーレーザーライフル
トリケロスに搭載された射撃兵装。PS装甲とミラージュコロイドの電力消費を考慮し、省電力モデルのレーザーが採用されている。
ビームサーベル
レーザーライフルの下に付いている武器。シールドに固定されている。また、アストレイ共通の背部のバックパックにも予備のサーベルを2つ装備している。
3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
杭状の武装。ギガフロートの戦闘では天が放った1発がレッドフレームの左足に命中した時、爆発しなくなっているので、同形状の槍に差し替えられたものと思われる。
攻防システム トリケロス改
ブリッツのトリケロスを改造したもの。レーザーライフルが通常のビームライフルに換装されており、さらにビームサーベルも撤去されているが、代わりにシールドの一部が鋭利化され格闘武器として運用する事が可能となった。切れ味も相当なもののようで、ギナはこれでレッドフレームのガーベラストレートを叩き切っている。
高エネルギービームライフル
トリケロス改に搭載されている武装。トリケロスに装備されていたレーザーライフルをビームライフルに換装している。なお、トリケロス改にはビームサーベルが搭載されていないため、本兵装からビーム刃を形成して、ビームサーベルとして使用すると思われる(ゲームでそういった使用法が確認されている。が、それを裏付ける資料がないため、実際は不明)。
3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
トリケロス改に搭載されている武装。特に変わっているところは見受けられないが、ギガフロートの戦闘では天が放った1発がレッドフレームの左足に命中した時とリ・ホームのシールドで受け止められた際に爆発しなくなっている事から、同形状のただの槍に変更されているようだ。
マガノイクタチ
バックパックのサーベルラックを排除して新たに背部に装着された非殺傷兵器。ミラージュコロイドを応用し、対象のMSのバッテリーを強制放電させ、その電力を吸収する。核エンジン搭載機が相手であっても供給量以上のパワーを放出できるため、機能停止に追い込むことができる。今のところ、この機能を使用するためには目標への接触が必要。
SRWではEN吸収の特殊効果を持つ。
マガノシラホコ
マガノイクタチに付属する武装。射出すると先端がフェイズシフトする。ワイヤーで本体と繋がっているため何度でも使えるが、コントロールするには優れた技術が必要。
350mmレールバズーカ「ゲイボルグ」
元々はデュエルの武装。ヘリオポリスを脱出する際に使用したが、機体のシステム調整が不十分だった為に右腕がバーストを起こしてしまった。ギガフロートでは僅か2発を撃ったのみですぐに捨てられてしまう不遇な武装となっている。それ以降は未登場。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
PS装甲
厳密には右腕のみに展開される。
ミラージュコロイド

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

赤い一撃

対決・名場面[編集]

「ギガ・フロート戦」
天(未完成)の劇中初登場。ギナが未完成のこの機体でギガ・フロートを建設中のロウ達を強襲。抗議して来た作業員達をバズーカで一蹴し、レッドフレームをミラージュコロイドで翻弄する。ネチネチと嬲るようにレッドフレームを攻撃し、とどめをさそうとするが、光電球による反撃を受け、天は海に墜落。勝負は持ち越しとなる。
「レッドフレーム戦」
殺戮を続けるギナを止めるべく、出撃したロウをギナは迎え撃つ。ギガ・フロートでの戦いと同様にミラージュコロイドでロウを惑わし、新兵器「マガノイクタチ」でENを吸い尽くそうとするが、レッドフレームに押し返される。ギナの猛攻を避け、ガーベラストレートの一撃が天に振り下ろされたが、ギナはそれを受け止め、トリケロス改で叩き切る事に成功。この時点でレッドフレームの武装はほぼ無くなり(マガノイクタチでENを吸われたためにサーベルを使用できず、ライフルも無い)、ギナは勝利を確信したが、ガイのブルーフレームが突如乱入しギナは驚愕。ガイはロウにタクティカルアームズを手渡し、ロウのレッドフレームとギナのゴールドフレームが再度激突する。ギナはトリケロス改をレッドフレーム目掛けて振り下ろすが、回避されたうえ、逆にゴールドフレームの右腕を切断されてしまいギナは敗北する。だが、ギナは敗北を認めず、切断されたトリケロス改のビームライフルで悪足掻きを試みるが、ガーベラストレートの叩き切られた刀身に弾かれ失敗に終わる。そして、ロウが立ち去った後、残っていたガイのブルーフレームに止めをさされギナは戦死するのだが、後に意外な形で再登場する事となる。残されたゴールドフレームとギナの遺体は姉のミナの手により回収されるのだが、実はこの時の描写が少しおかしい。ゴールドフレームの右腕はロウにより切断されているのだが、回収される直前にはなんと右腕が元の位置に装着されている。ガイが戻したのだろうか。

関連機体[編集]

アストレイゴールドフレーム天ミナ
改修機。
ブリッツ
天に装着されたトリケロスは元々ブリッツの右腕なのだが、これも改造された為に面影が殆ど見られない。だが、ゴールドフレームに移植された事によって初期GATシリーズの機体の中で唯一パーツが現存する機体となった(ストライクはドミニオンのローエングリンにより消滅・デュエル、バスターは現状不明・イージスは自爆して大破している)。
アストレイゴールドフレーム天(完全体)
『SEED ASTRAY special edition』[1]に登場した本来想定していた天の完成型。試作機の改修機ではなく、ブリッツの腕から解析されたデータを応用した新造機で、両腕がブリッツに近いものとなって左右対称になり、それ以外は天ミナとほぼ同様の外観となり、形式番号も試作機を示す「P」が外され「MBF-01」となっている。
しかし、パイロットであるギナが出撃を急いだために試作機を改修する方針へ変更され、実際に製造されることは無く設計データのみが残された。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 『電撃ホビーマガジン』2009年6-8月号に掲載された短期集中連載。