ラミネート装甲

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラミネート装甲(Laminated Armor)とは、『機動戦士ガンダムSEED』に登場した技術。

概要[編集]

オーブの協力の元、地球連合が開発した技術であり、被弾したビームの熱エネルギーを装甲全体に拡散、更にそれを外部に排熱することによってダメージを無効化、または軽減する特殊な機構を備えた装甲である。蓄えられる熱容量や排熱効率には限界があり、基本的に使われているラミネート装甲の面積が広ければ広いほど、熱容量の限界や排熱効率も大きくなって長く耐えることが可能となる。

しかし、構造が複雑でありコストが高いこと、ミサイルやレールガンなどの実弾兵器には無力であること、作中後期のビーム兵器の出力がこの装甲で防御可能なレベルを上回っていることなどから、ごく一部のMSや艦船にしか使用されていない。また、被弾が熱容量の限界を超えると装甲が溶解して全体の機能が失われてしまう他、そもそも装甲自体を一瞬で破損させてしまうほどの大出力には無力であるなど、他にも欠点は多い。ビームの出力が飛躍的に向上したC.E.73年に於いては、民間モビルスーツのビームガンですら防げないなど、実質無用の長物と化している様子が見受けられる。

ビーム兵器以外を弾くPS装甲とは真逆の性質と言えるだろう。

スパロボシリーズにおいて[編集]

特殊能力Zでは特殊装甲JWKLではバリア

Z
特殊装甲扱い。ビーム兵器のダメージを2500まで無効化する。消費EN10。
J
ビーム兵器のダメージを1200軽減する。消費EN10。
W
ビーム兵器のダメージを1500軽減する。消費EN10。
K
ビーム兵器のダメージを1600軽減する。消費EN10。
L
ビーム兵器のダメージを2500無効化する。消費EN10。

搭載兵器[編集]

MS[編集]

以上の機体は胴体部にのみ搭載されている。
その他、フリーダムジャスティスのシールドやレッドフレームブルーフレームのタクティカルアームズなど本体以外に搭載されているが、スパロボでの再現はない。

艦船[編集]