ブルデュエルガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルデュエル
外国語表記 Blu Duel
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 GAT-X1022
全高 16.89 m
重量 84.24 t
動力 バッテリー
装甲 フェイズシフト装甲
開発 アクタイオン・インダストリー
所属組織 地球連合軍
所属部隊 ファントムペイン
パイロット ミューディー・ホルクロフト
テンプレートを表示

ブルデュエルガンダムは『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』の登場メカ

概要[編集]

アクタイオン・インダストリー社などが開発した地球連合軍の試作型モビルスーツ。「ブル(Blu)」はイタリア語で「青」の意。

「アクタイオン・プロジェクト」に基づいて開発されたデュエル(再製造機)を改修した機体で、ストライクノワールヴェルデバスターとの連携運用を想定しており、近接戦闘用に強化されている。

機体に追加されているアーマーはロングダガーやデュエルダガーが装備していたフォルテストラの発展型である。PS装甲で出来ており、武装やスラスターも追加されているので火力や機動力も増強されている。また、アーマーはパージできない完全固定式となっており、運動性の低下を最小限にまで抑える事に成功している。

劇中での様相[編集]

ファントムペインのホアキン隊で運用され、ザフトのモビルスーツを多数撃破したが、陸上戦艦ボナパルトの護衛中の戦闘でケルベロスバクゥハウンドの集中攻撃を受け、ハイエナに群がられた獲物のような様で撃破された。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
敵として登場する。ケルベロスバクゥハウンドとの戦闘のくだりがないため、トロヤステーションはおろかダイダロス基地での戦闘にも登場している。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器
頭部に2門内蔵された近接防御火器。ダガーLなどの物と同型。
Mk315 スティレット投擲噴進対装甲貫入弾
ウィンダムが装備している投擲武器。本機は左肩に収納されている。
Kではビームサーベルの演出内で使用。
M443 スコルピオン機動レールガン
右肩に装備された武装。通常装甲の敵を一撃で撃破する威力を持つ。
M7G2 リトラクタブルビームガン
前腕部のアーマーに格納されたビームガン。アームで本体と接続されている。ストライクノワールのビームライフルショーティーと同じ特徴を持つ。
対ビームシールド
右肩に設置された防御兵装。スコルピオンの上に重ねるようにして取り付けられている。
ES05A ビームサーベル
脚部にマウントされている格闘兵装。ダガーLなどの物の改良型。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
PS装甲

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「STARGAZER~星の扉」

対決・名場面[編集]

ケルベロスバクゥハウンド
第2話より。戦闘中にバクゥに右腕と左脚を切断されて動けなくなってしまったところに運悪くケルベロスバクゥハウンド3機の襲撃を受けてしまう。
既に抵抗手段を失っていたブルデュエルはケルベロスバクゥハウンド3機にひたすら蹂躙され、パイロットであるミューディーは悲鳴を上げながら死を迎えた。
本作屈指のトラウマシーンである。

関連機体[編集]

デュエル
デュエル アサルトシュラウド
ストライクノワール
ヴェルデバスター

余談[編集]

  • ミューディーと共に惨い最期を遂げた愛機ブルデュエルは四コマ漫画「SDガンダムフルカラー劇場」(あずま勇輝・著、講談社・刊)にてデュエルの妹として登場。兄の愛犬であるバクゥを見て「わんわこわいこわいこわい、わんわや―――――!!!」「わんわこっちみてる、こわい―――!!!」と(上記の最期の影響からか)泣き叫んでしまうほどの犬嫌いなキャラになった。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]