コマンダー・ジグラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジグラ
外国語表記 Zigra
登場作品 UFOロボ グレンダイザー
声優 山田俊司(現・キートン山田)
デザイン 小松原一男
初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT2 第2部:宇宙激震篇
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ベガ星人
性別
所属組織 ベガ星連合軍
所属部隊 親衛隊
役職 コマンダー
テンプレートを表示

コマンダー・ジグラは『UFOロボ グレンダイザー』の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

第36話「燃える大空の誓い!」に登場。親衛隊に所属するコマンダーで、鞭の名手でもある。

隕石の衝突から月面スカルムーン基地を救い、そのまま地球へ襲来しグレンダイザーと戦った。

冷静沈着に相手の弱点を徹底的に突く戦法を得意としており、グレンダイザーの弱点(スペイザーから分離した無防備な時間)を狙うも敗れる。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

COMPACTシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2 第2部:宇宙激震篇
シーン4に登場する。月面都市フォン・ブラウンを襲撃し、その後はスカルムーン基地で戦う。ゴーマン大尉に匹敵するパイロット能力で強敵の一人。
スーパーロボット大戦IMPACT
音声初収録。『COMPACT2』と同じような活躍だが、初登場時にキリカを引き連れている。乗機の円盤獣ジラジラにシールドが存在するため、防御の特技と援護防御が非常に厄介。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦MXPORTABLE
親衛隊員ジグラ名義で登場。原作同様、グレンダイザーの弱点を狙ってやってくる。ダブルスペイザーと初合体する回なのも同様。実力はあるのだが、味方女性陣から不評を買っていた。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

MX
加速根性必中ひらめき熱血直撃

特殊技能(特殊スキル)[編集 | ソースを編集]

IMPACT
底力L9
MX
シールド防御L9、援護攻撃L4、援護防御L4

人間関係[編集 | ソースを編集]

ガンダル司令
隕石を易々と破壊し、手馴れた鞭さばきをするジグラの実力に驚愕した。
ズリル長官
ガンダルとともに窮地をジグラに救われているが、ガンダルとは違いジグラの実力に疑問を持つ等、やや反発している。
バレンドス親衛隊長
バレンドスの肩書きから、直属かはともかく上官と思われる。『MX』にて競演し、バレンドスの指揮下で戦うステージもある。
ゴーマン大尉モルス
同じくベガ大王直属親衛隊に所属する仕官達。SRWでは競演している。
キリカ
IMPACT』で初共演。彼女の亡兄への想いをデューク攻略に利用する。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「グレンダイザーを叩き潰す為よ。俺は強い奴には、無性に戦闘心を掻き立てられるのだ」
ガンダルらにスカルムーン基地へやって来た理由を語った台詞。ジグラの自信と好戦的な性格が表れている。
「デューク・フリード! 俺は宇宙の王者面してのさばっている貴様に、我慢が出来んのだ! 今日こそこの宇宙から貴様を抹殺してやるぞ!」」
デュークと相見えた時の台詞。『IMPACT』ではフォン・ブラウンを襲撃した際、駆け付けたデュークへ上述の難癖をつけるも、勝平から「てめえは侵略者面してるくせに」と斬り捨てられる。
「弱点をカバーする方法を考えていたとは…! 俺とした事がうかつだったぜ…!」
ダブルスペイザー合体したグレンダイザーに敗れた際の散り際の台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集 | ソースを編集]

「俺達が来たからにゃあ、好きにはさせねえぜ」
IMPACT』での最終決戦で、ゴーマンと馬を並べてスカルムーン基地に駆け付けた際の啖呵。
「バカな…このジグラが!? ベガ大王親衛隊のこの俺が!」
「うおおおおおおおっ!」
『IMPACT』での断末魔。デュークとマリアから自身の敗北を突き付けられ、ジグラは砕け散る。

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

ジラジラ
第36話で搭乗した円盤獣