六神ロボ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

六神ロボ(Six Gods Robot)とは、『六神合体ゴッドマーズ』に登場するロボット。

概要[編集]

マーズ(明神タケル)の実父・イデアがズール皇帝の命で地球に送り込まれることになったマーズを守る為に開発した。本来はガイヤーのみだったのだが、イデアはそれに加えて、ガイヤーを核とした無敵の戦闘メカ「ゴッドマーズ」への合体機構を組み込んだ5体のロボットをさらに開発し、密かに地球へと送り込んでいた。

なお、合体前の六神ロボはタケルに呼ばれると世界中のカモフラージュした神像から宇宙へと飛び立ち、彼がどこに居ても10数秒で駆け付ける。たとえ、その場所が光速で5時間半かかる冥王星や1時間以上かかる土星であっても、戦闘中のタケルの元へいつもの地球と変わらず10数秒で飛んでくるのである。

スパロボに登場した六神ロボ[編集]

六神ロボ[編集]

ガイヤー
タケルのみが乗り込める六神ロボ1号機。反陽子爆弾が搭載されている。さらに、タケルの命が尽きると反陽子爆弾が爆発して、地球は破壊される
五神ロボ
ガイヤーを守護する5体のロボット。反陽子爆弾のエネルギーを吸収して稼働する。普段は地球の各地に隠されている。
当初は自律機動であり、ガイヤーの損傷度が一定レベルを超えると自動的に現れていた。後に、マーグから託されたペンダントにより操ることができるようになった。
スパロボでは合体シーン、ユニットアイコンのみ登場。『D』のゴッドマーズ、『第2次Z』のガイヤーの召喚攻撃「六神アタック」でも登場する。
ちなみに、五神ロボ各機のネーミングは横山光輝氏の原作漫画『マーズ』に登場した「監視者」達の名前から取られている。
スフィンクス
六神ロボ2号機。合体時は頭部・胴体部を形成する。必殺技は重量を生かした突撃「スフィンクス・アタック」。
六神ロボで唯一ビームの発射機構を持たないが、代わりにタケルの超能力のブースト機能を持たされている。また、内部構造はかなりシンプルなもので、ガイヤーを格納する部分はほぼ空洞になっていて、ロボットとしての機構は外縁部に集中している。
通常はエジプトの石像に格納されている。
ウラヌス
六神ロボ3号機。合体時は右腕を形成する。武器は冷凍光線「ウラヌス・フリーザー」。
通常は北極の氷の中に格納されている。
原作漫画版では「ウラエウス」という名前だった。
タイタン
六神ロボ4号機。合体時は左腕を形成する。武器は反重力光線「タイタン・サイクロン」。
通常はインド洋の海底に沈んだ石像に格納されている。
原作漫画版では「監視者」ではなく、ガイアー起動時のテスト相手のような存在だった。
シン
六神ロボ5号機。合体時は右脚を形成する。武器は熱光線「シン・フレアー」。
通常はアンコール遺跡に格納されている。
ラー
六神ロボ6号機。合体時は左脚を形成する。武器は切断光線「ラー・パルサー」。
通常はイースター島のモアイの中に格納されている。
ガイヤー (OVA)
OVA版『十七歳の伝説』に登場したガイヤーで、TV版とはデザインが変更[1]されている。本来はTV版とは同一機体だが、『D』ではマーグ用として別機体扱いになっている。

ゴッドマーズ[編集]

ゴッドマーズ
ガイヤーをはじめとする六神ロボが合体したロボット。強力なパワーと装甲を誇る。「合体すると完全に格納されてガイヤーが見えなくなる」という珍しいパターン。
ゴッドマーズ (OVA)
OVA版『十七歳の伝説』に登場したゴッドマーズで、TV版とはデザインが変更されている。本来はTV版とは同一機体だが、『D』ではマーグ用として別機体扱いになっている。
上記の通り『十七歳の伝説』がOVAタイトルなのだが、攻略本等では『十七歳の青春』という表記が散見される。

余談 [編集]

  • 劇中では手持ち武器などは使用していないが、当時の玩具である超合金、及び2019年にリメイクされた超合金魂には各機の専用武器としてサーベルや槍、カッターなどが付属していた。

脚注[編集]

  1. 機体の外見は、TV版に登場する六神ロボ4号機「タイタン」に似ている。