ガイヤー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ガイヤー
外国語表記 Gaia
登場作品 六神合体ゴッドマーズ
分類 六神ロボ
全高 15 m
重量 250 t
エネルギー 反陽子エネルギー
装甲材質 ポジトロニューム合金
合体形態 ゴッドマーズ
開発者 イデア
パイロット 明神タケル
デザイン 村上克司
テンプレートを表示

ここでは『六神合体ゴッドマーズ』に登場したガイヤーについて説明する。
『六神合体ゴッドマーズ 十七歳の伝説』版については「ガイヤー (OVA)」を参照。

概要[編集]

六神ロボの中で唯一の有人機。明神タケル(マーズ)の脳波で操られる。

普段は太平洋上の明神礁の石像の中に潜んでいるが、タケルがピンチになった場合は即座にかけつける。「六神合体」の際はスフィンクス内に収納され、そのままゴッドマーズのコアとなる。

ガイヤーには反陽子爆弾が搭載されており、タケルの命が尽きる・命令するのどちらかを満たせば、反陽子爆弾が爆発して地球は破壊される。しかし、設計者のイデアはある状況下で反陽子爆弾の起爆システムが外れる仕掛けをしており、ギシン星での決戦以後は爆発の危険は去った。武器は一切持っておらず、単純な徒手空拳か、タケルの超能力を増幅しての衝撃で戦う。

あまり知られていないが、パイロット以外にもう1名乗せることができるよう、後部座席が存在する。

劇場版では、ガイヤーがほぼ全編において主役ロボとして奮戦しており、ゴッドマーズへの合体は終盤のズール皇帝との決戦時のみであった。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇 / 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
エネルギー衝撃波のカットインが登場。これは原作とほぼ同一の描画。従来とは異なり、タケルの気力が130以上で六神合体が可能となる。
また、フル改造ボーナスで六神合体の気力制限がなくなるが、ゴッドマーズは気力が低い状態だと大した武器が使えないので、結局気力が上がるまではガイヤーのままの方が良い。
なお、追加武装の六神アタックがP武器・有射程・バリア貫通サイズ差補正無視と非常に使いやすく、「歴代最強のガイヤー」と言える。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇 / 第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
ユニットとしては登場しないが、ゴッドマーズの武装であるファイナルゴッドマーズのトドメ演出でゴッドマーズのマスク部が透けてガイヤーの頭部が見える演出がある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
OVA版ガイヤーと共演[1]。中盤までタケルが乗り、HPが50%以下になると六神合体する。味方のマップ兵器自爆などでわざとHPを減らすことにより早く六神合体させるという方法がある。
なお、敗北条件が「タケルの撃墜」となるため混同されがちだが、反陽子爆弾の起爆条件は正確にはゴッドマーズの撃墜であるため、ガイヤーの時は撃墜されても問題ない(HPが0になると自動的に六神合体が発動してゴッドマーズになる)。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。登場してすぐ後にゴッドマーズがデフォルトになるので、使用期間は極僅か。撃墜されることはなくHP10でとどまり、自動的に六神合体が発動してゴッドマーズになる。
スーパーロボット大戦リンクバトラー
初期所持ユニットの一つ。交換か購入でゴッドマーズを入手しない限り、タケルのレベルを上げるにはガイヤーで戦うしかない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
殴りかかる。

武装[編集]

衝撃波ビーム
衝撃波を遠距離へ飛ばす。
エネルギー衝撃波
操縦者のタケルが生身で放つものと同じく、ガイヤーでも使用可能。『64』までは「衝撃波」名義。なお、『D』では「衝撃波」と言いつつ殴りかかっている。
第2次Z』では横山光輝風「腕を交差するポーズ」のカットインが挿入される。同氏のファンにはニクい演出。
ちなみに、原典たる漫画『マーズ』では主人公・マーズは一度もこのポーズを取っていない。厳密には『バビル2世』作中で主人公・バビル2世が2回このポーズで超能力を使っている。

召喚攻撃[編集]

六神アタック
『第2次Z』での追加武装。六神ロボを呼び出して波状攻撃をかける。原作でゴッドマーズへの合体が封じられた際に使用された攻撃が元になっている。
一方、『D』ではゴッドマーズの攻撃手段の一つ。

特殊能力[編集]

六神合体
『D』前半ではHP減少か撃墜されることで、第2次Zでは気力130以上でゴッドマーズに合体する。
反陽子爆弾
ガイヤーの動力である反陽子エンジンに起爆システムを組み込んだ爆弾。ゴッドマーズが撃破されると爆発し、そのままゲームオーバーとなる全滅プレイするには楽。
『D』では特定条件を満たすことで取り除けるが、イベント発生時期はかなり終盤になる。『第2次Z破界篇』終盤で強制的に取り除かれるため、以後のZシリーズでは特定シナリオ以外ではゴッドマーズの撃墜が敗北条件に入らない。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

特殊能力『六神合体』が気力制限なしで使用可能になる。
『第2次Z』でのボーナス。だが、すぐに合体しても「格闘」しか使えないのでは…。

機体BGM[編集]

「宇宙の王者ゴッドマーズ」
通常の戦闘BGM
「愛の金字塔」
反陽子爆弾の爆発によるゲームオーバー時や、特定イベント時に流れる。

余談[編集]

  • 原型にあたるのは漫画『マーズ』で登場した「ガイアー」だが、姿は全く違う。
    • 余談だが富士原昌幸氏の同人作品ではビッグ・ファイアの乗機として登場することが多く(本来のガイアーは無人機でマーズが操縦したことはない)、六神体やDG細胞の力を借りて「真ゴッドマーズ」となったり、ネルフ人類補完計画を止めたりしている。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. 本来は同一機体だが、マーグ専用の別機体として登場。