レース・アルカーナ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

レース・アルカーナ(Res Arcana)とは、『スーパーロボット大戦D』に登場した動力炉。

概要[編集]

リ・テクノロジストクリフォード・ガイギャクスが開発した動力炉。劇中では南極遺跡『ファブラ・フォレース』から得た技術とされる。

作中では最後まで明かされなかった。分かっているのは無限に近い動力炉であること、そして、ルイーナ側にも同じような動力炉があること。その力の根源は「負の感情」と言われている。

特徴としてはディス・レヴに近しきものと推測されるが、作中では謎のままであったため確証はない。だが、ルイーナペルフェクティオシュンパティアから発する負の感情にレース・アルカーナが反応している点からして、可能性は高いと言える。

OGシリーズにおいては、古代においてファブラ・フォレースから出現する破滅の王の軍勢と戦っていた古代人達が、その戦闘で得た情報を基に模倣した機構とされている。

アルカーナとは「ラテン語」で神秘。

関連機体[編集]

リ・テクロノジスト[編集]

エール・シュヴァリアー
ブランシュネージュ
ジェアン・シュヴァリアーデア・ブランシュネージュ
共にレース・アルカーナをフルパワーに近い出力で運用する事が可能。
ガナドゥール
ストレーガ
フォルテギガス
ガナドゥール、ストレーガが合体した機体。2機のレース・アルカーナを搭載している。

ルイーナ[編集]

ファービュラリス
ストゥディウム
インペトゥス
フォルティス・アーラ
ウィオラーケウム
プリスクス・ノクス

関連用語[編集]

シュンパティア