ジェアン・シュヴァリアー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ジェアン・シュヴァリアー
外国語表記 Geant Chevalier
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 大輪充
分類 巨大機動兵器
型式番号 NVX-01
全長 110.3 m
重量 190.2 t
動力 レース・アルカーナ
補助MMI シュンパティア
開発者 クリフォード・ガイギャクス
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

エール・シュヴァリアー[1]をコアとしてウェポンボックスハンガー『ジェアン・エール』に組み込んだ機体。

クリフ曰く、如何なる地形においても活動できる機動兵器。どれくらいデカイかというと、全長だけならスーパー系後継機であるフォルテギガス2倍以上の全長を誇る。ちなみに似たようなコンセプトとなったブランシュネージュの後継機デア・ブランシュネージュと比較してもなお、こちらの方が20m以上大きい[2]の適応はない。

これほど巨大な機動兵器でありつつ、格闘戦闘を主体としている脅威的な機体でもある。しかも、遠距離戦もエール本体に装備されたネオインパルスランチャーやビット兵器で対応でき、遠近のバランスが良い。なお、この巨体で分身まで可能。

特筆点としては、大出力のジェネレーターを組み込んでいるため、レース・アルカーナをフル稼働に近い状態で使用可能。その点でもフォルテギガスよりも優秀である[3]

ちなみに、「ジェアン・シュヴァリアー」はフランス語で「巨大な騎士」という意味がある。まさしく本機を体現した名称と言えよう。実際、その名に恥じず、Wのヴァルザカードの登場までは味方のバンプレオリジナルメカ中最大の全長を誇っていた。現在でも、全長が分かっている機体の中ではヴァルザカードに次いでNo.2の巨体を誇る。

設定画では前後に長いのだが、Dにおいては当時のドット絵の表現力とハードの画面の問題で、あろうことかデザインはそのまま縦に長く描画されており、あのエール・シュヴァリアーの後継機ということで期待したプレイヤーに強烈な肩透かしを食らわせた機体。 お陰で、OG2ndに登場するまではエールに比べて人気が低かった。その一方で、リアル系主人公機が巨大ユニット化し、あろう事かスーパー系主人公機よりも大きくなるというインパクトは強かった。

OG2ndでは設定画通りのバランスとなっており、全体的イメージは「騎士が騎乗した突撃馬」。 ※メカデザイナーのツイッターによると「ケンタウロス的な巨大騎士イメージ」との事。 ジェアン・エール側の巨大な両腕を使う際は、エールが手綱のようにコードを操作、連動させて使用する。

構成機体[編集]

エール・シュヴァリアー
コアユニット。
ジェアン・エール
ウェポンボックスハンガー。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
リアル系後期主人公機の内の一つでエール・シュヴァリアーの後継機。エールが抱えていた問題点は全て解決されるが、に降りられなくなった上にシールドもなくなる。何よりエールに比べて動き回らないのが問題。また、後継機の中では唯一MAP兵器を持たない。ちなみに武器自体は全地形で使用可能。格闘武器2種に至っては全地形適応Aである。サイズはLで、さすがにLLになる事はなかった。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
登場は第48話と終盤。全体的にスマートなデザインに書き直され、武器の演出はDと比較して非常にド派手になった。サイズこそLLであるが、主戦場となる宇宙)の適応点Sと機体の「分身」能力などから回避率は総じて高い。武装の方もエール・シュヴァリアーと比べて攻撃力が上がり、また全体攻撃の弾数が大きく増えて使いやすくなった。気力が110になるまでP武器が使えないのが欠点か。
場合によっては隠しユニットであるフォルテギガスの影に隠れてしまうかもしれないが、こちらのほうが優れている点もいくつかある[4]
なお、Dではリムやラキが搭乗する場合もあったが、本作ではエール同様にジョッシュの専用機となっている。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
参戦は地上ルート第9話。今回ジェアン・エールが単分離可能な換装扱いとなった。
新たにネオ・サイファー・ガンが武装に追加された一方、地形適応が全体的に低下した上に運動性も大幅に下げられてしまい、第2次OGのような運用は通用しなくなった(むしろ武器追加の影響でP武器の気力制限が前作よりも10上がって最低でも気力120必要になったという更なるデメリットを生んでしまっている)。
さらに、カスタムボーナスが陸・海の適応Sであり空適応が上がらないので(これはカスタムボーナスがエール・シュヴァリアーに合わせた形である為)、正直な話同時期に手に入るフォルテギガスを使った方がいい。フォルテギガス用にジョッシュを養成するか、シュヴァリアー一極にするか初期の段階で割り切るのが吉。
ジョッシュがエースボーナスを獲得した後(突撃強襲に変更)は自力で直撃アーマーブレイカーが使えるようになる為需要は上がるものの、前述の通り移動後攻撃が乏しく「突撃」や「強襲」に対する依存性が高すぎるのが難儀。

装備・機能[編集]

エールとは違い、格闘武器の射程が延びているので使い勝手は一気に上がった。

回避力に関しては運動性は上がったが、Lサイズによる補正を受ける。しかし、分身・切り払い・撃ち落しは残っているので総合的には優秀。

武装・必殺武器[編集]

武器名は全て変更可能。一部の武装はOG2ndで名前が変わリ、エールのものに近づけられた。

武装[編集]

アーマーブレイカー
OG2ndで追加された武装。
ネオ・サイファー・ガン
ウェポンボックスハンガー右部の複合武器。ネオビームブレード/ネオ・サイファー・ソードを出力し接近戦に使用されるほか、エール同様射撃戦にも対応した汎用性の高い武装。ただし、ゲーム中ではネオビームブレード/ネオ・サイファー・ソードを多用しており、OG2ndではガンモードの使用はクロー・アンカー・バースト内の演出のみだった。OGMDで単独兵装になっている。
ネオビームブレード / ネオ・サイファー・ソード
ウェポンボックスハンガーの右腕部に搭載された大型ビームブレード。サイファーソードの後継扱いだが、射程が1~3に伸び使い勝手が向上している。海適応Aなので、この巨体で水中に突貫する姿が見られる。まさにマンボウ。
OG2ndでは使用時に関節部が伸びネオ・サイファーガンが展開しビームブレードが発振する物になっている。攻撃時は相手を横切りにしたまま大きく左旋回しながら振り上げる事で遠心力を利用して切り抜く物になっている。
性能的にはネオ・インパルスキャノンやブレード・ビットより攻撃力が高い反面気力制限110がついてしまっている。乗り換え前に闘争心を育成しておきたい。
ネオインパルスランチャー / ネオ・インパルス・キャノン
エール・シュヴァリアーと共通のキャノン砲。Dではエール時よりもなぜか攻撃力が下がっており、さらに弾数制に変更されている。後述のブレード・ビットと数値を入れ替えると色々としっくりくるため、設定ミスでは?との声もある。
OG2ndでは弾数30とバルカン並に多い上にALL属性なのでザコ戦の主力武装になる……が、初期威力はエールの時と変わっていない上に改造効率が下がっており、さらにエールにはあったW属性がなくなっている。
そのため「前より威力は上がっているんだ!」というジョッシュの台詞と矛盾が起きている。
ブレード・ビット
ウェポンボックスハンガーからビームソード内蔵式のビットを飛ばして敵を切り刻む。サイズがサイズなので、さぞかしデカいビットが敵機を襲うことになると思われる。
一体どのように制御しているのか謎だったが、OG2ndでは使用時に「シュンパティア、RCファンクション」という台詞がある事から、シュンパティアを使った特殊制御と思われる。ENを消費するが、燃費は割と良い方。OG2ndでは弾数制に変わりその弾数も15と割と多い。

必殺技[編集]

クロー・アンカー・バースト
ジェアン・シュヴァリアーの必殺技。ウェポンボックスハンガー左部のクローアンカーをドリル状に回転させた上で敵機を貫き、捕獲してネオビームブレードで突貫する。バーストレイヴの後継である技だが、あまり動かない。エールに比べて本機がイマイチ扱いされた要因の一つと言える。攻略本の設定画ではクロー自体が「クローアンカーバースト」という名称となっている。
OG2ndでは動作が非常に派手になり、ネオ・サイファー・ガンで牽制⇒クローアンカーを飛ばして捕獲⇒周囲を旋回しながらネオ・インパルスキャノンで砲撃⇒旋回の勢いで空中に投げ捨てる⇒出力を全開にしてネオ・サイファー・ソードで突っ込む、という流れになった。よく見ると某呆れるほどに有効な戦術に似ている。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。
分身
エールに引き続き装備。この図体でどうやって分身しているのかは考えないこと。
分離
『OGMD』で追加された。

移動タイプ[編集]

地上には降りられない。

サイズ[編集]

L(D)/LL(第2次OG)

カスタムボーナス[編集]

運動性+25
第二次OG。
機体の地形適応「陸」「海」を「S」に変更
OGMDではこちら。一見強力そうだが、移動タイプが空しかないジェアン・シュヴァリアーでは何の役にも立たない。実質ボーナス無しである。

機体BGM[編集]

搭乗しているキャラのテーマが流れる。また、クローアンカーバースト使用時には必殺武器用BGMが使われる[5]

脚注[編集]

  1. ゲーム中の描写ではシュンパティアとレース・アルカーナだけになっている。
  2. ネオ・サイファーガンを含めた全長であり、本体だけなら同程度という意見もある。
  3. フォルテギガスはレース・アルカーナをフル稼働するとボディが保たないという欠点がある。ただし、フォルテギガスはレース・アルカーナを2基使っている。
  4. アーマーブレイカーの有無など。
  5. この時のみ、グラキエースでも「Drumfire」が使われる。