Az-130A パンツァーゾルン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
Az-130A パンツァーゾルン
外国語表記 Az-130A PANZERZORENE
登場作品 マクロス7
デザイン 宮武一貴
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 可変攻撃機
バルキリー
生産形態 改造機
型式番号 Az-130A
全長 17.78 m
全高
【バトロイド時】
17.73 m
全幅 22.15 m
空虚重量 15,500kg
エンジン
主機
新中州/ダイムラー FF-2770D 熱核タービン×2
副機
P&W/ダイムラー 高機動バーニアスラスター HMM-5C
エンジン推力 55,000 kg×2
最高速度
高度10,000m
M4.0+
高度30,000m以上
M21.0+
所属 バロータ軍
乗員人数 1名
主なパイロット バロータ兵
テンプレートを表示

Az-130A パンツァーゾルンは『マクロス7』の登場メカ

概要[編集]

バロータ軍がVF-14のバリエーション機であるVA-14をベースに改良を加えた機体。

変形システムなどのフレームはVF-14やVA-14と同一だが、推力、装甲、武装全てで大幅な向上が見られ、エルガーゾルンより性能は凌いでいる。

マクロス5船団から接収したので、その機体数はエルガーゾルンより多い。その物量でマクロス7船団を苦戦させる。

また、新統合軍の地球至上主義者「ファスケス」が何らかの方法で入手した本機体を使用している。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
バトロイド形態とファイター形態の一括りで纏めている。エルガーゾルンを少し強くした程度。バリア貫通と気力低下の効果があるスピリチア吸収装置はエヴァンゲリオンA.T.フィールドにとって非常に相性が悪く、バロータ軍と戦う時はエヴァを盾役として使わない方がよい。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
バトロイド形態のみ登場。エルガーゾルンを強化した機体だが、実は最大射程は1短い。運動性が高くサイズがSなので、周回重ねるごとに苦戦させる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

スピリチア吸収装置
頭部に内蔵しており、緑色の光線で相手のスピリチア気力)を奪う。オペレーション・スターゲイザーで愛機を失ったガムリンがこれでガビルに反撃した。その後接収したパンツァーゾルン数機から取り出され、決戦においてVF-17 ナイトメアVF-19 エクスカリバーの追加ガンポッドとして改造された。
D』では気力吸収の、『第3次α』では気力低下の特殊効果を持つ。
胸部ビーム砲
胸部に装備。
2連装大型機関砲
胸部に装備。
マイクロミサイル
両肩に内蔵。この部位に着弾・着火すると暴発して撃墜される可能性がある。
ガンポッド
バトロイド形態では右腰に装着。

特殊能力[編集]

銃装備
撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S
『D』
M
『第3次α』

関連機体[編集]

Fz-109F エルガーゾルン