グラビル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
グラビル
外国語表記 Gavigula
登場作品

マクロスシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 プロトデビルン
全長 400 m(推定)
重量 不定
エネルギー スピリチア
所属 プロトデビルン
テンプレートを表示

グラビルは『マクロス7』の登場キャラクター。

概要[編集]

バロータ星系第4惑星で目覚めた4体目のプロトデビルン

見た目は獰猛で巨大な猛獣で、翼が生えている。亜光速移動の際には重力波と思われるバリアフィールドで覆われる。性格は獣そのもので、スピリチアを本能のままに貪り加減を知らず、彼を制御するガビルより先に目覚めてしまったのはゲペルニッチにとっても不都合だったようだ。プロトデビルンの中では最も攻撃力があり、右腕の通称「ペンタクルビーム」は戦艦数隻を一撃で墜とし、その集束率はバトル7のマクロスキャノンすら上回る。また、衝撃波を発生させては破壊の限りつくす。

初出現の際にはマクロス7船団を苦戦させるが、ミレーヌ・フレア・ジーナスが歌を届けて熱気バサラが復活。バサラが装着したサウンドエナジー変換装置で、彼の歌がエナジーとなってグラビルを縮ませて退散させた。

その後ゲペルニッチはガビルを復活させ、グラビルの制御に当たらせる。本来、ガビルとグラビルは1つのプロトデビルンであり、その形態を「ガビグラ」と呼ぶ。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
FBz-99G ザウバーゲランの戦闘演出でも登場する。ガビルが味方入りした後は普段はゲペルニッチの下にいるらしく、イベントではガビルとは別の場所でゲペルニッチと共に戦っている(が、別にグラビルが呼び出す戦闘演出は普通に残っている)。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
中盤辺りから登場。プロトデビルンの技能に加えて高いHPを持っているため、長期戦を強いられる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

かぎづめ
レーザー
頭部の4つの触手から発射する。
波動衝撃波
常に衝撃波を発生させて、周辺を破壊する。気力減退の特殊効果あり。
ペンタクルビーム
右腕から発する強力なエネルギー波。五芒星を形成して発射する。その威力は戦艦数隻を一撃で破壊する。マップ兵器版もある。

特殊能力[編集]

プロトデビルン
第3次αでは特殊能力。気力100以上でダメージ半減。でしか貫通できない。気力100で無力化。
HP回復(小)
EN回復(大)

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

2L(LL)

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第3次α
ド根性鉄壁気合必中熱血直撃

特殊技能(特殊スキル)[編集]

D
プロトデビルン底力L6、援護攻撃L3
第3次α
援護攻撃L3、援護防御L2

小隊長能力(隊長効果)[編集]

ダメージ-10%
第3次α

人間関係[編集]

ゲペルニッチ
主なのだが、どう思っているかは不明。
ガビル
彼には忠実。