FBz-99G ザウバーゲラン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
FBz-99G ザウバーゲラン
外国語表記 FBz-99G Zaubergern
登場作品 マクロス7
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 可変戦闘爆撃機
バルキリー
生産形態 改造機
型式番号 FBz-99G
全長 18.18 m
全高
【バトロイド時】
22.95 m
全幅 37.81 m
空虚重量 22,600 kg
エンジン
主機
新中州重工/ダイムラー FF-2200G×4
副機
ロイス/ダイムラー FR-60C 熱核ロケットエンジン×2
エンジン推力
主機
52,500 kg×4
副機
24,600 kg×2
最高速度
大気中
M3.8+
所属 バロータ軍
乗員人数 1名
パイロット ガビル
テンプレートを表示

FBz-99G ザウバーゲランは『マクロス7』の登場メカ

概要[編集]

プロトデビルンガビル専用の可変戦闘爆撃機。

主にゼントラーディ系移民船団などに配備されていた地球統合軍のゼントラーディ用爆撃機VAB-シリーズをバロータ軍が改良発展させたものと思われるが、詳細は不明。バロータ軍が使用しているのはマクロス5の航空部隊から奪取した機体を改良したものと思われる。

バトロイド形態や戦闘爆撃機形態などに変形可能で、大量の追加武装を装備することができるなど、攻撃力は非常に高い。また、バロータ軍の技術により、様々な未知の兵器も追加されている。

ガムリン木崎VF-17Sの進路を妨害するように立ちはだかり、VF-17Sもろとも爆散する。

また、マクロス7より後の時代を描いた「マクロス・ザ・ライド」では修復されたのか不明だが本機が登場している。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
D』と同様隠し要素のフラグ次第ではガビル共々αナンバーズに加入する。後半はバロータ兵の乗るタイプも登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
中盤から敵として登場。条件を満たせばガビル共々仲間になる。無改造な上に参入もかなり遅い分、機体性能は高く設定されている。中でも味方になると使えるようになるマップ兵器版ペンタクルビーム砲は、方向指定で射程1~9、射幅3という広範囲でそこそこの威力を持つにもかかわらず、消費ENはたったの20という驚異的な燃費を誇る。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

クロー
両手の爪で攻撃。
スピリチア吸収ビーム砲
頭部アンテナから放射。
D』では気力吸収、『第3次α』では気力低下の特殊効果を持つ。
スピリチアスパーク砲
頭部アンテナから放射する光線。
『D』では敵時のみ使用。『第3次α』では全体攻撃
対空ビーム砲
両肩上部に計4門装備。
『第3次α』ではスパーク砲発射前の牽制として使用。
内蔵式パルスビーム砲
腕部に装備。
マイクロミサイル
機体両肩部に内蔵されている。

防御装備[編集]

サウンドウェーブ反転消去(仮称)
ジャミング波のようなものを発して、ガビルまでサウンドフォースのが届かないようにする防御装置。一定の効果を示しており、『第3次α』ではこの再現のためかザウバーゲランに搭乗しているガビルには歌が通用しない。
一方原作では32話などでバサラの逆鱗に触れた場合、システムを無効化される場面もあった。

召喚攻撃[編集]

ペンタクルビーム砲
グラビルを召喚し右腕の五芒星から発射する。
通常版とMAP兵器版がある。

特殊能力[編集]

銃装備
撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

飛行可能。本来可変機体だがSRWでは演出のみ。

サイズ[編集]

S
『D』
M
『第3次α』

機体BGM[編集]

「SEVENTH MOON」

関連機体[編集]

グラビル
操縦者であるガビルの半身であり、『第3次α』では一部技の演出で登場する。