ワルキューレ (マクロスΔ)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

マクロスΔ』に登場する戦術音楽ユニット。キャッチコピーは「超時空ヴィーナス」

概要[編集]

自我を失い狂暴化する奇病「ヴァールシンドローム」の感染者による暴動を鎮圧する目的で結成された。 Δ小隊同様に民間企業複合体「ケイオス」に所属し、戦場ではΔ小隊の援護を受けながら前線に赴き、ヴァールシンドロームを鎮静化させていく。ウィンダミアの宣戦布告後は潜入活動にも赴いていく事となる。 彼女たちが歌う歌からは特殊なフォールドウェーブが発生しており、その歌声によって「ヴァールシンドローム」を抑えることができる。 また、単純なアイドルユニットとしても人気が高く、銀河ヒットチャートにも楽曲がランクインする程である。

歴代のマクロスシリーズの歌手達同様、戦場で歌う音楽ユニットであるが、マクロスの艦橋で歌ったミンメイ、バルキリーに乗りながら歌ったファイヤーボンバーとは異なり、生身で戦場に飛び出してライブを行う。専属の護衛小隊がつき、身を守るための装備をしているとはいえ、その苛酷さや危険度は非常に高く、ワルキューレの任務に耐えきれず辞めてしまったメンバーも過去に存在したことが回想で語られている。

作中では追加メンバーのオーディションが行われており、歌唱テストを通して前述のフォールドウェーブを発生させられるかどうかが選考基準の一つになっている。

登場作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。歌の力を堕天翅族に目を付けられ、美雲とフレイアが拉致されてしまう。
また、会話にて「いけないボーダーライン」などが歌われている。

人物[編集]

美雲・ギンヌメール
エースボーカル。
カナメ・バッカニア
ユニットのリーダー。
レイナ・プラウラー
ハッキングに長けており、ハッカーとしての情報戦も兼任する。
マキナ・中島
メカニックも兼任する。
フレイア・ヴィオン
作中でワルキューレに参入した追加メンバー。