レイバー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

レイバー (Labor)とは、『機動警察パトレイバー』シリーズに登場する兵器。

概要[編集]

『機動警察パトレイバー』を始めとする系列作品に登場する、人間が操縦する「多足歩行型作業機械」ロボットのこと。作中ではコクピットが無くても「操縦者」がいればレイバーと扱われる。

法的には「特種車両」とされており、機体そのものも「各車」などと車両に準じて呼称され、操縦するのにも「多脚制御機免許」が必要。また、自動車同様にナンバープレートをつけている。

実写特撮作品『THE NEXT GENERATIONパトレイバー』(未参戦)では、低迷する世界経済情勢にとってコストが高く、無人機の発達も目覚ましいので、乗員の訓練や整備維持にも手間の掛かるのが仇となり、不要の烙印を押されて世界中から姿を消しつつあった。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
『パトレイバー』の世界観を反映して地球圏の各所で普及しているとされ、宇宙用に改修されたものがスペースコロニーのミラー清掃に使用されていたりする。曰く「そういう細かい作業はレイバー向き」。また、民間の警備会社などもレイバーを採用している。
自軍では特車二課の警察用レイバー、敵ユニットとしては軍事用のものが登場。全体的にHPが低めで、基本的に飛行できない。

スパロボに登場したレイバー[編集]

AV-98イングラム
主役機である警察用レイバー。
ブロッケン
グリフォン
HAL-X10
ARL-99ヘルダイバー
零式
カルディア

関連用語[編集]

篠原HOS(Hyper Operating System)
劇場版で重要な要素となったレイバーの新型OS。実はコンピュータウイルスが仕込まれており、暴走事件を誘発する。
スパロボでは篠原HOSによって暴走したレイバーの、便宜上のパイロットとしても扱われる。
篠原重工
レイバー製造の大手メーカー。篠原遊馬は社長の息子である。
シャフト・エンタープライズ
日用品の製造販売から兵器の受注、人材派遣など、多様な業種に手を広げる巨大多国籍企業。レイバーの製造も行っている。

余談[編集]

  • 制作側曰く、『パトレイバー』以前の「兵器」としてのロボットではなく、「日常生活に溶け込んだロボット」というのがコンセプトだった(詳しくは『ミニパト』第2話「あヽ栄光の98式AV!」で説明されている)。
  • フルメタル・パニックシリーズの作者賀東招二氏はM9 ガーンズバックの性能の比較対象としてMSと共にレイバーを挙げ、レイバー以上、MS未満としている。