グリフォン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グリフォン
外国語表記 Griffon
登場作品 機動警察パトレイバー
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 戦闘用レイバー
生産形態 試作機
型式番号 TYPE-J9
全高 8.55 m
本体重量 7.15 t
全備重量 7.60 t
動力 超伝導モーター
電力供給型内蔵バッテリー
装甲材質 繊維強化金属
FRP装甲
開発 SEJ土浦研究所
所属 シャフト・エンタープライズ
パイロット バドリナート・ハルチャンド
テンプレートを表示

グリフォンは『機動警察パトレイバー』の登場メカ

概要[編集]

SEJの企画7課が現在技術的に考えうる最高の性能を実現すべく、莫大な研究開発費を注ぎ込んで土浦研究所で秘密裏に開発・製造した、他のレイバーを圧倒する運動性能・パワーを持つ戦闘用試作レイバー。

背部にオプションであるフライトユニットおよびアクアユニットを装備することで(短距離ではあるが)飛行能力・水中潜行能力を持つことが出来る。コストパフォーマンス無視で高性能の部品を多く使用している。また、かつて城南工大古柳研究室が開発した現行のレイバーシステムとは互換性の無い幻のフォーマットである「ASURA」(アシュラ)と呼ばれる専用のヘルメットによる脳波コントロールシステムを使用しているため、あたかも生物であるような動作が可能(アニメ版では敵パイロットのヘルメットを頭を潰さずに小突いている)で、システム面でも既存のレイバーと一線を画すが、機体への負荷が大きいため通常は「Bシステム」でリミッターをかけて運用している。

初戦の対特車二課戦ではイングラム2号機、イングラム・エコノミーとの連戦を圧倒的に大勝。日を改めての戦いになった同1号機には予期せぬアクシデントもあり、終始苦戦を強いられる。いずれも撤退命令によりレイバーらしからぬ飛行能力を披露しているが、2度目の際は損傷したボディが耐えられず、墜落してしまった。

漫画版ではその後の廃棄物13号編の最中、混乱に乗じて未完成状態の機体に黒崎の搭乗で東京湾に乱入した所をイングラム1号機に出くわすが、目的は達していた事で躊躇無く煙幕を張ってその場を無事逃れた。(このエピソードの中で水中潜行能力を披露している。)

そして終盤、内海の差し金により、占拠された特車二課基地で野明が搭乗するイングラム1号機と一騎打ちの決闘を行った。性能面ではグリフォン側が圧倒的に優位だったが、経験で勝る野明は攻撃を巧みに回避しつつ、ワイヤーなどを駆使してグリフォンを翻弄する。業を煮やしたバドはBシステムを解除して猛攻を仕掛け、イングラムの上半身を大破させたものの、カウンターで背負い投げを決められて頚椎アクチュエーターを損傷してしまう。更にBシステム解除の影響で各所が機能不全を起こし、悪あがきで突撃を試みるも腰椎アクチュエーターへ電磁警棒を突き刺されて機能停止した。その様子を見ていた後藤隊長は「(性能差を覆した)泉の圧勝だ」と評している。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初登場作品。第2話サブ「黒いレイバー」より登場。回避に特化しており、攻撃を当てにくい。さらに気力上昇で緊急回避も発動するようになるので、気力が低いうちに素早く倒してしまいたい。第2章終了後「アルフォンスVSグリフォン」では「黒いレイバー」のままの機体性能かつ撤退HPが低いため、アルフォンス野明の強化が十分であれば割と簡単に撃墜できるので、野明の強化に使うプレイヤーが多い。
第3章サブミッション「特車二課と新戦力」において、まさかの味方化。シャフト上層部が「最近名前の売れてきたコネクト・フォースに参加させれば、合法的且つバックアップ付きでデータ収集と宣伝ができ、様々な技術にも触れられる」と判断したらしい。これまでの破壊活動は「何者かに盗まれて悪用されていた」ということにして、法的には問題がないように裏工作済み。もっとも、特車二課の面々は実際の犯人がシャフトであることをわかっているので、受け入れざるを得ないことに苦悩しているが。
なお、『OE』以前で原作の実質的ラストボスが特殊条件も無く早くから完全にプレイヤー部隊入りした例としては、『EX』のアナベル・ガトー、『D』のシャア・アズナブル総帥とミリアルド・ピースクラフト、『ガンダムSEED DESTINY』参戦作全般におけるシン・アスカ等があるが、『EX』の前作『第3次』における自軍入りシナリオが織り込まれた形のガトー以外は、いずれも原作に味方参戦の下地があった面々[1]であり、原作では終止敵で特に共闘も何もしていない本機の無条件味方参入はかなり異例であった[2]
しかし自軍入り後は、レイバーなので基本的に陸上戦ミッションしか出撃できず、GRでもなくサブパイロットもおらず、第二小隊のような小技も乏しいと、扱いにくい点が目立ってしまう。優秀な要素はあるのだが、全ミッション出撃可能で育て易いアタッカーは幾らでもいる、というのが正直な査定ではないだろうか。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
エスケープ、ヒット&アウェイ付き。
カノン砲
ブロッケンと同じタイプの機関砲。原作には登場しないゲームオリジナル武装だが、対空・対大型属性を併せ持つ為、思わぬ威力を発揮する。
タックル
押出属性。イングラムがくらうと崖から落とされるので注意すること。
突撃
突破攻撃。猛スピードで走りだした後、勢いに乗せて体当たりを敢行する。OVA2作目で見せた技で、イングラム1号機を吹っ飛ばした。
Bシステム解除
第2章「グリフォンVSアルフォンス」より追加される武器。スーパーロボットの必殺技に匹敵する攻撃力、「バリア貫通」で下げられる防御力、「Bシステム解除」で上がるバドの基礎能力と相まってかなりの破壊力を持つ。
元ネタは漫画版のBシステム解除状態で強化された時の猛攻だが、締めにフライトユニットを起動して体当たりを敢行する。
前述の通り、Bシステムの解除中は性能が大幅に向上するのだが、同時に機体への負担も増加し、長時間戦い続ければ機体各所が自壊を起こしてしまう。そのため最終決戦の映像を見たレイバー専門家は「Bシステムを解除した(解除後の猛攻に対してイングラムが善戦を続けた)ことが敗因の一つでは」と考察している。
42mmオートカノン
漫画版で特車2課を襲撃した際に用意された、レイバー用拳銃。しかし、バドの戦闘方針に合わなかったので使用されなかった。SRW未登場。
スモークランチャー
腕部に内蔵されたスモーク弾発射器。漫画版で黒崎が乗り込んだ時に使用。SRW未登場。

特殊能力[編集]

緊急回避
ASURA
命中・回避に補正がかかる。

移動タイプ[編集]

飛行できない。一応飛行能力は備えてはいるが、かりそめのものなので移動タイプ「飛行」はむしろ不適切といえる。

サイズ[編集]

Sまたは2

機体BGM[編集]

「黒い破壊者―Grifin―」

関連機体[編集]

ブロッケン
この機体の戦闘データを基にした。
AV-98イングラム
ライバル機。特に1号機とは熾烈な格闘戦を繰り広げた。
ファントム
TV版に登場した試作レイバー。遠隔操作する無人機で胴体にECMポッド、頭部にレーザー砲を装備しており、最強クラスの火力を有する。TV版では、こちらがグリフォン用のデータを提供した。余談だが、兵装の組み合わせはブラックオックスが元ネタだったりする。SRW未登場。

余談[編集]

  • デザインのモチーフは『鉄人28号』の「ブラックオックス」。ゆうきまさみによれば(出渕に)「イングラムよりちょっと先進的なやつ」と頼んだら「ああ、ブラックオックスね」といった感じでイメージされたとのこと。
  • グリフォン(フランス語: Griffon,Gryphon)とは鷲の上半身にライオンの下半身を持つモンスターの一種。「知識」や「王家」の象徴としても扱われているが「七つの大罪」に分類される「傲慢」を象徴する動物でもある。

脚注[編集]

  1. クワトロとしての過去があるシャア、後日談で味方として登場しているゼクス、シンに至っては視点変更の煽りを喰らっただけで実際は主人公である。
  2. 『OE』より後発の作品では、ほぼ敵に終始したハマーン・カーンが無条件参入するなどのケースが散見される。

商品情報[編集]

  • プラモデル

  • フィギュア