後藤喜一

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
後藤喜一
読み ごとう きいち
外国語表記 Kiichi Goto
登場作品
声優 大林隆介
デザイン ゆうきまさみ
高田明美
初登場SRW スーパーロボット大戦Operation Extend
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
出身 東京都
所属組織

警視庁

所属部隊 第二小隊
役職 隊長
警察階級 警部補
テンプレートを表示

後藤喜一は『機動警察パトレイバー』の登場人物。

概要[編集]

特車二課第二小隊隊長で、階級は警部補。

かつては公安部に所属しており、「カミソリ後藤」、「本庁でも有名な悪(ワル)」とも呼ばれた凄腕警官だったが、あまりにも切れ過ぎた為に特車二課に「島流し」になってしまう。当時の人脈は特車二課に移っても生きており、様々な場面で活用する。

普段は飄々とした昼行灯を決め込んでおり、現場の指揮は香貫花や熊耳に一任しているが、いざという時は上司を脅したり責任問題をチラつかせて黙認を取り付けるなどの策士ぶりを見せる。 緊迫した場面では内面の切れ者ぶりを匂わせる凛々しい表情や険しい表情、普段とは違う真面目な言葉遣いをすることもあるが、すぐに余裕を取り戻してしまうためあまり長くは持たない。

一方で人使いもかなり荒く、遊馬の好奇心や松井の人の良さにつけ込んで事件の捜査に当たらせる事も多い。また、彼の悪知恵の犠牲者も多く、恨みを買う事も多々ある。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初登場作品。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年11月のイベント「二課とソリスの長い一日」にて期間限定参戦。SSRサポートユニットとして登場。

パイロットステータス[編集]

サポートアビリティ[編集]

特車二課第2小隊隊長
戦艦搭載中、味方全体の命中率アップ。

人間関係[編集]

南雲しのぶ
同僚。劇場版2でのみ好意を持っていることが語られているが、友人以上恋人未満といった関係となっている。それ以外の作品では単なる同僚関係に留まる。
泉野明
部下。未熟な彼女を諭す場面も多い。
篠原遊馬
太田功
山崎ひろみ
進士幹泰
斯波繁男
部下。
香貫花・クランシー
彼女からは「昼行灯」と呼ばれている。
榊清太郎
人生の先輩として尊敬している。
内海
彼の事を「愉快犯」と評した。
熊耳武緒
部下。幽霊が苦手な彼女をからかった事も。漫画版で彼女が内海たちに拉致された際、証拠として送られてきたブラジャーをつまんで匂いを嗅いだこともある(その場にいた野明、南雲、福島はその姿を見て引いていた)。
祖父江守
『アーリーデイズ』での特車二課課長だが、存在感は薄い。テレビ版では後藤の悪知恵の被害者で、自作のレイバーで復讐しようとしたが……
福島隆浩
劇場版以降の特車二課課長。神経質で後藤の悪知恵に振り回される事もあるが、関係は概ね良好。
海法
警視庁警備部部長。後藤の悪巧みに辟易しつつも、時には保身に利用する事もある。
松井孝弘
警視庁捜査課の刑事で、階級は警部補。後藤に関わったのが運の尽き(?)で、彼にこき使われる羽目に。
甲斐冽輝
『アーリーデイズ』5話~6話の事件の首謀者で、自衛隊出身。後藤とは学生時代に交流があった。
荒川茂樹
劇場版2で後藤に事件の調査を依頼してきた人物。陸上自衛隊幕僚調査部第二課別室所属と自称している。
後藤真帆子
『アーリーデイズ』第4話に登場する後藤の姪っ子。とある「作戦」のユニットとして後藤に協力する。

名(迷)台詞[編集]

「みんなでしあわせになろうよ」
後藤を象徴する台詞。元ネタは、後藤のキャラクターモデルとなった仲代達矢の映画から。漫画版では設立したばかりの特車二課の活躍を印象づけるため、第一小隊の暴走レイバー逮捕が失敗に終わるのをあえて見送るというシーンで発しており、何とも悪そうな表情とオーラを醸し出している。
後藤「あー、あー、篭城中の犯人に告ぐ。聞こえるかー」「この銭湯は完全に包囲されている。速やかに人質を解放し、レイバーを停止させて降りてきなさい」
犯人「来るなー、近寄るとこの親父握り潰すぞー!」
後藤「やめなさいって。女なんか広い世間に一杯いるじゃないの」
犯人「うるせー!てめぇなんかに、俺の気持ちが分かってたまるか。俺には、俺にはあいつしか…」
後藤「みんなそう思うの。振られた時は特にあいつしかいないって。俺にはあいつだけだったって。あいつと一緒になれない世の中なんか、ぶち壊して死んでやるって」
「そういう自分を見れば、きっとあいつも俺って男を振ったことを悔やむだろうって」
「でも、それは間違いなわけ。そういう事は全然無いわけ」
「馬鹿な男の馬鹿な死が、三面記事を飾り立て、世間の物笑いの種になるころ、女は別の男と引っ付いて子供コロコロ産んじゃって、自転車に乗っけて買い物なんか行ったりして塾なんか行かせたりして、それで世の中、収まったりするわけ」
「馬鹿馬鹿しいと思うだろ?」
犯人「う…そりゃあ、まぁ…」
後藤「だったら、もうやめようよ」
犯人「何なんだよ!それで、説得しているつもりかよ!帰れよ。俺と対決する気がないんだったら、帰れー」
後藤「だからさぁ」
犯人「だからさぁじゃねーだろ!さっさと帰れよ。それとも、あんたが誰かを紹介してくれるのかよ」
後藤「警察はそういうことはしない!」
テレビ版14話の冒頭で交わされた、後藤と暴れレイバーのパイロットとの漫才(?)。説得する気があるのか無いのか良く分からないやり取りである。なお、犯人を演じているのは何と『超時空要塞マクロス』の一条輝役で知られる長谷有洋である。尚、実写版第1話において、後藤の後輩の後藤田が、台詞はやや異なるものの、ほぼ同じシチュエーションで犯人とやり取りするシーンがある。
「信じられますか? 今度のやつは空飛んで逃げたんですよ」
漫画版で『黒いレイバー』との初戦後、大破したイングラム2号機修理中に榊班長との会話の中で。実質的に土木用重機の延長線上にある機械であるレイバー飛行するというのは前代未聞であり、榊班長も「太田のやつぁ、『ひこうき』と格闘してあんなにされてきたのか」と、呆れたような感想をこぼしている。
「特車二課の機体にHOSを載せたら無敵じゃないですか」
漫画版で篠原HOS搭載の作業用レイバー捕縛に手こずった事をTV局スタッフにインタビューされて。実際のHOSにはそんな高性能は無いが「グリフォン」の一連の事件がデモンストレーションと予想した後藤は、この台詞で「ソフト面ではこっちが新型だ」と事実上の挑戦状を叩きつけている。
「こういうときは『警察には知らせるな』って一言いうべきだよ」
漫画版の終盤、熊耳を誘拐した内海と電話でやり取りしたときの台詞。この言葉に内海は爆笑し、後藤を「自分と同じ悪党」と評した。
「奴はそんなロマンチックな男じゃないよ。警察なんざ、端から相手にしてはいない」
「自分のプログラムに絶大な自信を持っていたのさ。そうでなけりゃあ、結果を見定めずに死んだりはしない」
「おそらくあいつは、俺たち…いや、この街に住む全ての人間を嘲笑しながら、飛び降りたに違いないよ」
劇場版の事件の首謀者、帆場英一を評して。後藤の本性を垣間見せる名シーンである。
「特車二課、第2小隊最後の出撃だ。存分にやれ」
劇場版2で、この言葉と共に第2小隊を柘植の元に送り込む。
「まともでない役人には、2種類の人間しかいないんだ。悪党か、正義の味方だ」
「俺がここにいるのは俺が警察官だからだが、あんた、どうして柘植の隣に居ないんだ?」
劇場版2で荒川を拘束したときにかけた言葉。押井節全開である。
「警察ってのはカゼ薬みたいなもんでな、症状が出てから使われる場合がほとんどだ。症状に合わせて解熱剤やせき止めを投与するわけだが、そんときゃもうカゼはひいちゃってるわけよ。ここで「あのとき無理をしなければ」とかいってそれまでの生活を悔いても仕方ないでしょう。」
「しかし現実に事件は起こる。そうなりゃ出番だ。熱が出たら解熱剤を、せきにはせき止めを投与するように、おれたちも症状に合わせて投入される。与えられた仕事をたんたんとこなしているうちになんとか社会が常態をとりもどす。それが警察のあるべき姿なのさ。わかるか泉?おれたちの仕事は本質的にいつも手おくれなんだ。こいつは覚悟がいるぞ。」
漫画版18話で野明に対して語る。ゆうきまさみによって描かれた、「正義の味方」ではなく生の警察官としての後藤を象徴するセリフ。
後藤「欲しい?」
南雲「え?」
後藤「あの新型機、欲しい?」
南雲「…欲しいわ」
後藤「あげない」
『アーリーデイズ』第1話より。第二小隊に搬入された98式を前にして。
TV版でも香貫花着任時に同様のやりとりがあり、その際南雲は「どうせくれないんでしょ?」と応答している。第46話「その名はゼロ」においては南雲に「(第一小隊に導入されたAV-0が)欲しい?」と、OVA版の意趣返しとばかりに問われ、後藤は「いらない」と即答していた。
「公務員だぞ、地方公務員。お前達が乗車しているのはグレートマジンガーか? ダンガイオーか? 自閉症児不良少年が主人公のロボットアニメじゃないんだよ。分かっとるのか? 本当に」
『アーリーディズ』第4話より。人質を取って籠城した犯人グループの居るビルに、しびれを切らした太田が突撃した挙句リボルバーカノンを発砲。幸い空砲だったため大惨事は免れたものの、常日頃の第二小隊の破壊活動もあって見かねた後藤はいつもの調子ながらも𠮟りつける。もっとも、その説教に誰も耳を貸さなかったために、後藤はこの後第二小隊のメンバーにしのぶ達と共に壮大なドッキリを仕掛けることになるのだが。
それにしてもグレートマジンガーはともかく、OVA作品のダンガイオーがポンと出てくるとは、後藤隊長はよく知っていたものである。
「泉が銃を使わないのは正解かもしれんなあ。命中率が悪すぎるわ」
「今までコクピットに当たっちゃった事ないだろ、あの腕前で」
野明がイングラムの射撃訓練で全弾を的に当てただけで喜んでいる傍での言葉。聞いていた遊馬は「太田は外してばかりじゃないですか」と反論するが彼は「動いている相手のコクピットに当てない」など厳しい条件下で撃っていたため下手に見えていたのであり、直後の射撃訓練では全弾を標的中央に命中させ、野明と遊馬を唖然とさせた。
「それじゃあ、このお返しはいずれ。精神的に。」
「やだなぁ、必ずお返ししますって。精神的に。」
松井をこき使う時の定番台詞。松井にとっては、後藤と縁を切る事が一番の精神的解放になるんだが。
「あいつ香水なんてつけていたのか。香水の匂いなんて・・・」
内海から彼の一味に拘束された熊耳の物とされるブラジャーが届けられ、そのブラジャーから熊耳の香水の匂いがすると野明から聞かされ、ブラジャーをつまんで匂いを嗅いでいる時の台詞。途中で途切れているのはその様子を見ていた野明、南雲、福嶋の自分に対する引いた視線に気付いたからである(しかし平然としている)。

余談[編集]

  • 名前の由来は元官房長官の後藤田正晴氏と元首相の宮沢喜一氏から取られている。後藤田氏も「カミソリ」と呼ばれていたが、後藤の場合は「切れ者と言ったらカミソリ」という理由で付けられたもの。
    • 『パトレイバー』本編の十数年後を描いた実写作品『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』の特車二課隊長の名前は「後藤田継次」となっていて、逆に元々の元ネタに近くなっている。
  • OVA『ミニパト』によれば、特車二課の予算不足解消の為にハゼの干物の通販事業を展開して、独自の財源を確保したらしい。無論、違法行為である。
  • 後に今野敏氏の小説『夕暴雨 東京湾臨海署安積班』に名前だけ登場(同作の主人公とは同期・同階級という設定)。舞台が同じお台場付近という繋がりからパトレイバー製作者の一人押井守監督とコラボしたものと思われる(その後押井氏がパトレイバーの世界を舞台に書いた小説『番狂わせ 警視庁警備部特殊車輛二課』(後に発表された『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』とは隊長の姓が「後藤田」という共通点がある)には逆に『夕暴雨』の主人公が出てくる)。
  • 押井守監督曰く内面のモデルは、押井氏と親交があり押井作品にも度々出演するスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーとの事。
  • ゼブリーズ・フルシュワのキャラクターは後藤がモデルとなっている。ちなみに、中の人も同じ。
    • さすがに元ネタ通りすぎてまずかったのか、OGシリーズではチョー氏に声が変更されている。
  • 声優を務めた大林隆介氏は、パトレイバーから遡ること6年前に公開されたアニメ「テクノポリス21C」で、主役のロボット警察ブレイダーを演じている。