機動警察パトレイバー the Movie

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
機動警察パトレイバー the Movie
原作 ヘッドギア
監督 押井守
脚本 伊藤和典
キャラクターデザイン 高田明美
メカニックデザイン 出渕裕
音楽 川井憲次
制作 スタジオディーン
公開日 1989年7月15日
初登場SRW スーパーロボット大戦Operation Extend
テンプレートを表示

機動警察パトレイバー the Movie』はスタジオディーンが制作した劇場アニメ。

概要[編集]

機動警察パトレイバー』の劇場版第一作。OVAシリーズ(アーリーデイズ)の好評を受けて制作され、TVシリーズに先駆けて公開された。

登場人物[編集]

スパロボごとの登場人物一覧については以下を参照して下さい。

劇場版のみの登場人物[編集]

帆場暎一
篠原重工のエンジニアで、HOSの製作者。物語冒頭の時点で海に投身自殺を図っている。

登場メカ[編集]

スパロボごとの登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

AV-98イングラム
本作の主役機。登場メディアによって細部のデザインが異なる。
HAL-X10
零式
OE』では敵仕様と香貫花機で性能がやや異なる。
カルディア
『OE』では「カルデア」表記。

楽曲[編集]

劇中BGM
「ヘヴィ・アーマー」
オープニングで使われているBGM。『OE』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初参戦作品で、TVシリーズと同時参戦。
ストーリーの再現が行われ、原作同様にレイバーの暴走事件が多発している。ケロロ軍曹の共鳴でも暴走が起こってしまい、その音声を解析したことで、HOS暴走のトリガーが特定の周波数の音であることが判明する。HOSから旧式OSへ戻すことで、第1章時点で暴走事件は終息したかに見えた。
しかし第3章にて箱舟占拠事件が発生。実は機械化帝国が新たな策略としてレイバーモビルスーツの製造技術を取り込み、レイバー暴走事件の陰でひそかに機械化帝国製のレイバーを地球圏の各地に配置しようとしていたのである(この伏線として、第1章から機械化帝国の戦力にレイバーが混じっていた)。この箱舟を占拠したレイバーも機械化帝国製であり、箱舟が機械化帝国の製造プラントと化していた。
箱舟内で機械化帝国製の零式と戦闘になるが、後にサブミッション「特車二課と新戦力」において、真っ当な過程で製造された零式が特車二課に正式配備されることになる。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年11月に期間限定参戦。

用語[編集]

篠原HOS
篠原重工の開発した、レイバー用新型OS。
バビロンプロジェクト
東京湾内湾のおよそ半分を干拓し、東京の土地不足を解消する大規模プロジェクト。完成時には45,000haもの用地が確保できる予定。生態系や海流への影響が未知数であるため、事業の開始された現在でも反対意見が根強く、一部の過激な反対派によるテロ行為も発生している。
箱舟
バビロンプロジェクトの作業用レイバーなどの拠点となる、洋上プラットフォーム。

商品情報[編集]

余談[編集]

同時上映作品は『SDガンダムの逆襲』。こちらにはAV-98イングラムと似ていることで知られるジェガンが、『SD戦国伝』の『自衛丸』として登場している。ただしこれは「実は同時上映のサービスとしてイングラムを出しているが、建前としてはあくまでジェガン」だと言われている。