香貫花・クランシー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
香貫花・クランシー
読み かぬか・クランシー
外国語表記 Kanuka Clancy
登場作品
声優 井上瑤
天野由梨(SRW代役
デザイン ゆうきまさみ
高田明美
初登場SRW スーパーロボット大戦Operation Extend
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日系アメリカ人)
性別
出身 ハワイ
所属組織

警視庁

所属部隊 第二小隊
役職 隊員
警察階級 巡査部長
テンプレートを表示

香貫花・クランシーは『機動警察パトレイバー』の登場人物。

概要[編集]

イングラム2号機バックアップ(指揮)担当員。

ニューヨーク市警から日本へと出向してきた女性警察官でクールな性格の現実主義者。

ポリスアカデミーを首席で卒業し、特捜部在任中にマサチューセッツ工科大学を聴講生として在籍。電子工学科を優秀な成績で修了している他、柔道四段、合気道三段、茶道裏千家師範など数多くの資格を持ち、スポーツも万能。射撃と爆発処理物にも長け六カ国後(日本語・英語仏語独語・蘭語・北京語)も堪能でレイバーの操縦技術も高いなど、かなりのキャリアウーマンでもある。

性格はメディアによって異なり、『アーリーデイズ』では太田以上の「猪突猛進の熱血馬鹿」で、無許可で90mmライアットガンを2号機に装備させたり、「口止め料」として米軍から接収したガトリング銃を教習用レイバーに無理やり装備させて突撃するなどの無茶をやっており、進士から「研修の名目で島流しになった」と評された。ただし、太田よりは精神的に大人のため、出向してからは暴走しがちな彼を抑えている事がほとんどとなっている。

テレビ版では『アーリーデイズ』のような無茶はしなくなったが、代わりに太田への抑えが弱くなって暴走を止めきれなくなっており、始末書を書かされる事もしばしば。また、方針の違いなどから野明と口論になる場面もある。

漫画版では、終盤に人身売買組織の捜査の為にニューヨーク市警の警官として来日。レイバーには搭乗しないが辛辣な毒舌家で、迂闊な一言でバドを大泣きさせる。

コルト・ガバメント(劇場版ではオートマグ)を愛用しており、銃砲等不法所持となる日本でも堂々と持ち歩いている。米軍横田基地経由で来日したため持ち込めた様子。両親は幼少時に強盗に襲われて死亡しており、この事件が警官を目指す切っ掛けとなった。両親の死後は祖母に育てられた為、かなりのおばあちゃん子となっている。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初登場作品。序盤は太田との掛け合い要員だが、第3章からは零式に乗って戦う。井上氏が故人のため天野由梨氏が代役を努めている。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年11月のイベント「二課とソリスの長い一日」にて期間限定参戦。劇場版名義で零式に搭乗。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

OE
追風鉄壁感応
X-Ω
追風鉄壁必中
パイロットパーツ装備時
閃き感応自信

特殊技能(特殊スキル)[編集]

OE
底力:CT率、警察官

固有エースボーナス[編集]

CT(CT率+20%)
OE』で採用。

人間関係[編集]

太田功
2号機フォワード担当。彼のブレーキ役で無茶苦茶に行動する彼をボロクソに評価した事も多々ある……が、実は似た者同士である。
実際、相性が良いらしく香貫花の誕生日の際に国際電話を使用して会話するなど親密な関係を保てた様子。
進士幹泰
当初は彼がバックアップ担当だったが、太田の暴走を抑えきれなかったためバトンタッチされる。キレた彼を「逆噴射」と評した事も。
泉野明
同僚。評価は微妙で、褒めているのか、貶しているのかよく分からない内容だった。ちなみに彼女に次ぐ酒豪。
篠原遊馬
アーリーデイズでは香貫花に好意を寄せる場面も見られたが、冗談をやった彼に銃を向けた事がある。
山崎ひろみ
交流がほとんど無かった為、レポートには「データ不足」としか書いていなかった。
熊耳武緒
TV版では後任。共に実力主義者ではあるが、価値観の違いにより相性は最悪である。
レイ・クランシー
祖母。若い頃の姿は香貫花と瓜二つである。
ブレディ
漫画版で香貫花と共に来日したニューヨーク市警の警官。

名台詞[編集]

「最悪の事態というのは、往々にしてたちの悪い冗談に聞こえるものよ」
漫画版でバドが自身がグリフォンのパイロットだということを明かし、それを聞いた野明が「悪い冗談」と言った際に諭すように言った言葉。この言葉を聞いていた後藤隊長は「いいこと言うなあ」と感心していた。
「バカじゃないの!?」
野明の発言に呆れての叫び。漫画版の彼女はアニメと違い特車二課に配属されることは無いのだがその代わり本来の性格である激情家な部分を強く出している。
「ニン⚪ンドーは苦手なのよ」
漫画版より。バドにテレビゲームで負ける特車二課の面々をバカにするが、じゃあやってみろと言われて勝負するが敗北。香貫花が勝負で負けた唯一の事例となった。ただ、この事を相当腹に据えかねていたようで......
ちなみにこの時バドがプレイしていたのはシャフトからネット万引きしたゲームであり任天堂のゲームですら無いため彼女の言い訳は言い訳にすらなっていない。
「捨てられたのよ、犬のように」
後藤「お、おい..........あっ」
バド「うわぁぁぁぁん、ウチ捨てられたんやぁぁぁぁ!!犬のように捨てられたんやぁぁぁぁ!!」
後藤「今日は、ここまでだな」
後藤が中心になって事情聴取を行っている最中、テレビゲームで負けた腹いせ混じりで容赦無く切り捨ててバドが号泣。聴取が中断してしまう。
入国審査官「Sightseeing?(観光ですか?)」
香貫花「No. Combat.(戦うためです)」
劇場版で入国してきた際のセリフ。実際に真似すると逮捕されかねないので注意しよう。『ケロロ軍曹』第356話「ケロロ小隊 真ドラゴンウォリアーズ であります」にこれをモロに意識したシーンがある。
「研修レポートまとめ。特車二課第2小隊は、以上のような極めて個性的な隊員で構成されている。独断専行、傍若無人、勧善懲悪、大胆不敵直情径行猪突猛進戦々恐々自暴自棄抱腹絶倒荒唐無稽本末転倒空前絶後近所迷惑厳重注意支離滅裂!!……はぁぁぁぁぁぁ……2行抹消。組織としては欠点だらけである。」
TV版「香貫花レポート」より。第2小隊のメンバーに自宅に無断侵入された上に部屋を荒らされて怒り心頭の状態でレポートを書き進める。普段は冷静な演技の多い井上女史が、怒りでキレていく演技にも注目。

搭乗機体・関連機体[編集]

乗り込んだ機体の種類は太田に次ぐ数となっている。実は最強のレイバーパイロットで、レイバー戦で彼女に勝てた者は誰も居ない。

AV-98イングラム
2号機バックアップ。対ファントム戦の時に半壊した2号機や対グリフォン戦で3号機に乗り込んだ事もある。
AV-98Tドーファン
テレビ版第2話で使用。五味丘の97式を一蹴し、野明のイングラムを翻弄してバッテリー切れに持ち込んで勝利している。
MPL97AV-T教習用レイバー
アーリーデイズ第4話で使用。
零式
劇場版で使用。圧倒的な強さで暴走レイバーを次々と粉砕していくが……。