アステロイド・ベルト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

太陽系において、火星木星の間の小惑星の軌道が集中している領域を指す。日本語で「小惑星帯」と言う。

なお、SRWを含め多くのフィクションでは「無数の小惑星が密集した暗礁空域」といったイメージで描かれているが、実際には一つの小惑星が無作為な他の小惑星の近くを通るのさえ非常に珍しいほど個々の小惑星は散開している。

関連用語[編集]

ルナツー宇宙世紀ガンダムシリーズ作品)
現実にアステロイド・ベルトに存在する小惑星「ジュノー」を、核パルスエンジンで軌道まで移動させたものという設定。
アクシズ(宇宙世紀ガンダムシリーズ作品)
一年戦争終結後、ジオン軍残党が身を隠していた小惑星。宇宙世紀0088年には地球圏にまで移動し、アクシズ(ネオ・ジオンと改称)の指導者ハマーン・カーン地球連邦政府に戦争を仕掛けている。
宇宙世紀0093年には地球連邦政府の管理下にあったが、ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルに買収される。さらに、シャアによって小惑星アクシズを地球に落下させる「地球寒冷化作戦」の重要な駒として使用されるのであった。
J9シリーズ
三作品とも、物語の始まりとの結成場所がここになっている。
イカロス基地
αシリーズ』に登場する小惑星帯に所在する基地。