電脳戦機バーチャロン マーズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
電脳戦機バーチャロン マーズ
外国語表記 CYBER TROOPERS VIRTUAL-ON MARZ
シリーズ 電脳戦機バーチャロンシリーズ
発売元 セガ
対応機種 プレイステーション2
発売日 2003年5月29日
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
テンプレートを表示

電脳戦機バーチャロン マーズ』はセガが発売したコンピュータゲーム

概要[編集]

プレイステーション2専用ソフトウェア。2003年発売。アーケードの人気ゲーム「電脳戦機バーチャロンシリーズ」の家庭用ハード初の発売作。移植を除けば完全新作が家庭用として発売されたのは本作が初。シリーズとしては4作目。

シリーズ3作目『電脳戦機バーチャロン フォース』(SRW未参戦)は大型筐体4台を接続したローカルネットワーク対戦を前提にしていたため、インフラが整っていなかった当時は家庭用移植が難しく、『フォース』の入門用として作られたのが『マーズ』である(後に『フォース』自体もXbox360用ソフトとして移植された)。

第3次α』への参戦決定時、ロボットゲームからは初の参戦(『サンライズ英雄譚』からの派生作品である『機甲武装Gブレイカー』を除く)であり、大いに話題を呼んだ(ただし殆どゲスト扱いの登場であった)。本格的なスパロボ参戦は、『スーパーロボット大戦K』で果たされる事となった。

現在はプレイステーション3用のサービスであるPSstoreのゲームアーカイブスで安価で購入する事が可能。オリジナルのPS2版と比較し、ロードが早くなりやや快適になっている(ソフトウェアエミュレーションでの動作なので一部処理落ちが激しくなってしまっているので一長一短ではあるが)。

ストーリー[編集]

新たなる限定戦争の場として再開発された火星では、シェア争いの激化に伴い、手段を選ばぬ大規模犯罪が多発するようになってしまう。

深刻化する事態に対応すべく設立されたのが、特捜機動部隊「MARZ」である。

最新鋭殺戮装備を有する彼らの戦いは昼夜を問わず、バーチャロイドは大地を疾駆する。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

MARZ[編集]

イッシー・ハッター
フェイ・イェン

白虹騎士団[編集]

クリアリア・バイアステン

S.H.B.V.D.[編集]

ギル少尉
レドン軍曹

薔薇の三姉妹[編集]

シルビー・ファング
デボラ・バイト
ジェニファー・ポイズン

タングラム[編集]

タングラム

SRWオリジナル[編集]

チーフ
テムジン 747Jは原作では明確なパイロットが存在しない為、スパロボ参戦にあたりオリジナルのパイロットが設定された。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

MARZ[編集]

テムジン 747J
アファームド・ザ・ハッター
フェイ・イェン with VH 「ビビッドハート」

白虹騎士団[編集]

テムジン Type a8

S.H.B.V.D.[編集]

ライデン(gfk)512E1
ライデン(gfk)512E2

薔薇の三姉妹[編集]

マイザー・デルタIV タイプR 「フェアー・ビアンカ」
マイザー・デルタI 「エヴリン」
マイザー・デルタI 「シャルロッテ」

シャドウ[編集]

テムジン 747J (シャドウ)
ライデン 512E1 (シャドウ)
ライデン 512E2 (シャドウ)
フェイ・イェン with VH (シャドウ)

ダイモン[編集]

ダイモン・アーム
ダイモン・ワーム
ダイモン・タングラム

その他[編集]

ジグラット
ヤガランデ

用語[編集]

バーチャロイド
MARZ
白虹騎士団
「びゃっこうきしだん」または「ホワイトナイツ」と読む。
S.H.B.V.D.
DN社が存在していた頃から活動を続けている特殊部隊で、ライデンのみで構成されている。
薔薇の三姉妹
第4プラント「TSCドランメン」の統括者アンベルIVの懐刀として仕えている女性VRパイロット達。ただし苗字が「ファング(牙)」「バイト(噛みつく)」「ポイズン(毒)」のため、「毒蛇三姉妹」と呼ばれる事が多く、それを言われると彼女達は不機嫌になり、場合によっては更に苛烈な攻撃を行うため、余計に毒蛇の名が浸透してしまっている。
タングラム
シャドウ
ダイモン

楽曲[編集]

「In The Blue Sky」と「The Wind is Blowing」は、初代(OMG)から継続して使われている曲。

「In The Blue Sky」
テムジン専用曲。『第3次α』『K』で採用。
「The Wind is Blowing」
フェイ専用曲。『K』で採用。『K』では「is」が表記から抜けている。
「Burning muscles-ichiban☆boshi-」
アファームド・ザ・ハッターハッター軍曹専用曲。『第3次α』『K』で採用。
「In The Blue Sky'01」
『K』で採用。
「Strike blue」
『K』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
MARZ世界から、クロスゲートの影響でチーフとハッター(とフェイ・イェン)がαシリーズの世界に召喚されたという設定で、彼らのみのゲスト参戦といった状態。ただし戦力としての使い勝手は良好で、戦闘グラフィックのファンからの評価も高かった。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
この作品から本格参戦。『第3次α』同様、MARZ世界から『K』の世界に出向している形で登場。『第3次α』とは違い多くのバーチャロイドが登場する。シナリオも今作では重要な根幹を担っており、ダイモンはオリジナル敵勢力であるイディクスやラスボスであるル=コボルすら裏から利用しており、実質的に今作の真の黒幕同然の存在である。特にハッターの待遇が良いが、反面チーフの影が薄い。

単独作品[編集]

スパロボ学園

商品情報[編集]