2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

テムジン 747J

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
テムジン 747J
外国語表記 TEMJIN 747J
登場作品 電脳戦機バーチャロン マーズ
デザイン カトキハジメ
分類 MARZ専用特務型バーチャロイド
生産形態 改修機
型式番号 MZV-747-J
頭頂高 16.3 m
OS M.S.B.S.バージョン8.5
リバース・コンバート形式 モードA-02
所属 MARZ
主なパイロット チーフ
テンプレートを表示

概要[編集]

特捜機動部隊「MARZ」が制式採用する、主戦闘バーチャロイド。別名、「超高性能汎用型特務機体」。

超越公安組織であるMARZは、火星戦線における限定戦争の公正な進行・運用を維持すべく設立された部隊である、とされた。その運用目的から、必然的に保有する武装に関してもあらゆる敵対要素をその実力により排除する必勝の性能が求められた。MARZ主力機体として制式採用された本機「テムジン747J」は、採算度外視のチューニングが施され、その傾向が顕著に体現されている。

機体の骨格部位には、元来シャドウ邀撃を主任務とする軍事組織である白檀艦隊「ホワイト・フリート」からの技術供与により、モードA-02でのリバース・コンバート形式を採用。従来のC.A.(企業傘下の軍組織)が保有する標準的なバーチャロイドとは、一線を画する実存性を獲得した。

また、バーチャロイドの根幹を成すV・コンバータは、瞬間出力24倍の励起機能を有するK9型を実装。エドガー・グリンプらによるグリンプ・バインダーからフィードバックされた技術体系から開発された新型マインド・ブースターとの相乗効果は、アンベルIV率いる打撃艦隊「フォース」所属のバーチャロイドすら凌駕する性能を獲得するに至った。

武装面についても、簡易型Vコンバータともいえる「Evドライブ」を2基タンデム接続したGVEK-04型式の出力アンプを内装するスライプナーMk.6/mzを装備、ダイモンの潜伏する異空間での因果律反転を力ずくでねじ伏せることができるようになった。

テムジン747Jは、兵器として明らかに不相応な性能を単一の戦闘単位であるバーチャロイドに凝縮した、規格外の性能を秘めた超兵器である。しかしながら、こうした単機での性能に特化するというMARZの歪曲したVR開発理念は、いざ彼らが各惑星戦域において他の戦闘組織と相対する段に至ると、それが何ら特異な思想では無いという事を思い知らされる事となる…。

(※テムジン747J 機体解説より引用)

原作である『電脳戦機バーチャロン マーズ』において、比較的序盤から使用可能となる、主人公機的位置付けのバーチャロイド。同作品において初期状態で使用可能なテムジン707S(型式番号MZV-707-S)の上位機種。

テムジン707Sの元となった機体のテムジン707J(型式番号MBV-707-J)シリーズは第二世代型VRの中でも屈指の性能を誇り、地球圏最強の呼び声高き傑作機だった。だが、勝手の異なる火星戦線においては評判通りの力を発揮できず、現地生まれの第三世代型VRを前にして予想外の苦戦を強いられた。この戦訓をもとに、最新鋭第三世代型のテムジン747(型式番号MBV-747)系列機体が開発された。第三世代テムジンは、マーズ・クリスタルの影響下でも活動出来るよう改良されると同時に、外装甲の換装を可能とする柔軟な設計により、高い汎用性を獲得した。

MARZは前述のMZV-707-Sに次ぐ主力機体とすべく、このテムジン747系VRの開発元より技術供与を受け、徹底したチューニングを施した。全体的に余裕をもった設計の本機種は運用面での融通が利き、MARZによる採算度外視の大幅なチューンナップによる出力向上にも問題なく対応し、その素性のよさを際立たせた。完成した機体「テムジン747J」は、隙も少なく手数を稼げるビームライフル、牽制の粋を遥かに超えた敵弾相殺ボム、反則的威力を誇るソードウェーブを兼ね備え、アーケード版(『電脳戦機バーチャロン フォース』)に登場する標準機体たちを自由自在に蹂躙する超兵器として君臨するに至った。この機体の性能と入手の容易さが、『電脳戦機バーチャロン マーズ』をして「テムジンゲー」と言わしめる一因である(他の登場機種たちの冷遇っぷりも含めて。原作では、性能面を更に向上させたマイナーチェンジ版「MZV-747-J/V」という指揮官機体も存在しているが、残念ながらSRWには登場しない)。

なお、機体名の「テムジン」はモンゴル帝国の初代皇帝チンギス・ハーン(1162年頃?~1227年)の本名から取られていると思われる。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
初登場作品だが、いるだけ参戦クロスゲートの影響により、電脳暦の世界より召喚された。搭乗者(?)はチーフ。チーフの小隊長能力に「命中+10%」があるものの、第一線で活躍させる為にはある程度のテコ入れが必要な部分も。しかし、陸・宇宙適正がS、EN消費25の全体攻撃持ち、隙の無い精神コマンド等、使い勝手は良好である。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
この作品より本格参戦。敵勢力からの機体も複数参戦する。陸・宇宙がSではなくなったのが痛い。しかしEN消費の少ないコンボ武器と作品中最長射程のP武器を兼ね備え、パイロットの精神も良好であり使い勝手の良さは本作でも健在。改造は終盤に参戦するテムジン Type a8に引き継がれる。シャドウとして現出した機体も登場する。

装備・機能[編集]

種別としてはリアルロボットである。バーチャロイドらしく、空中での機動性能の低さが再現されている。 テムジン747Jの主兵装は以下の3点。スパロボでは、これらのモーション単体や組み合わせで戦闘アニメが構成されている。

右腕保持装備・スライプナー Mk.6/mz(ニュートラル・ランチャー)
所謂ビームライフル。簡易式V・コンバータとも呼べる「Evドライブ」を2基タンデム接続している。テムジン747Aの兵装であるMk.6との最大の相違点は、MBV-707を彷彿とさせる大出力砲撃形態「ラジカル・ザッパー」の再導入である。
左腕内部兵装・パワーボム Mk5d
左腕部より生成・投擲されるエネルギー弾。テムジン747Aに装備されるパワーボム Mk5aでは目眩ましを主眼とし破壊力は雀の涙ほどであったが、本機の装備するこれは原作において異常な高性能さを誇り、標準的なVRであればボムの投擲のみで灰燼に帰する事が可能な程である。
中央兵装・スライプナー Mk.6/mz(ブリッツ・セイバー)
スライプナーの銃身部分にエネルギーを収束させ、両刃の剣に見立てて斬撃に使用、または収束させたエネルギー波(ソード・ウェーブ)を敵機へと発射する兵装。十文字に空を斬り発射するターボ攻撃(強攻撃)はSRWでは何気なく発射しているが、原作では重戦闘VRライデンのレーザー攻撃に匹敵する圧倒的破壊力を持ち、なおかつ初弾命中後は戦場の全敵機を自動追尾する誘導弾となるという凶悪な性能を持つ武装である。

武装・必殺攻撃[編集]

ニュートラル・ランチャー
横ダッシュRW→ターボRW。Kでは唯一の射撃兵器。Kで省かれたラジカル・ザッパーはこの武器で一緒に使われている。
ソードウェーブ・フリーケンシー
ターボCW。十字に空を切り、発生させたソードウェーブを敵機へ撃ち込む。原作での性能とは裏腹に、全体攻撃ではない。
ブリッツ・セイバー
作品により性能が異なる。使い勝手は良好だが、欠点は空適正が無い点。強化パーツで補っていきたい。第3次αでは、ジャンプキャンセル時の敵機捕捉音まで再現されている。Kでは省かれたソードウェーブ・フリーケンシーを合わせて使っている。
ラジカル・ザッパー
ターボRW。携行武装であるスライプナーを自機の全長ほどに巨大化させ、敵小隊へ強烈なビームを撃ち込む。気力制限なし、EN消費25の全体攻撃であり使い勝手は良好。ヒット直前に一瞬演出停止が掛かるのは、原作での決着時リプレイ演出を再現したもの。Kでは前述の通りニュートラル・ランチャーに統合されている。
パワーボムMk5d
ターボLW。第3次αではフォーミュラ・アサルトにおける牽制演出だが、Kでは単独の武器として採用。移動後使用不能でEN消費もやや多いが、射程・威力ともに問題なし。トドメ演出では敵機を欠片も残さず粉砕する様が描かれ、原作通りの性能が表現されている。
フォーミュラ・アサルト
TLW→前DRW。パワーボムによる目眩ましの後に突撃、高速でのダッシュ機動に乗せたビーム(通称前ビ)を撃ち込む。いわゆるボムジン→前ビの連携攻撃という、テムジン系列機体の由緒正しき基本戦術。第3次αでは、その攻撃力や戦闘演出とは裏腹に何故かEN消費は0。トドメ演出で指導終了(通常勝利ポーズ)。Kでは纏められている。余談だが、原作のテムジン747Jは(というよりマーズのほぼ全ての機体は)ダッシュ攻撃時の回頭性能が劣悪で、通常の操作ではここまで急には振り向けない(旋回保存と言う特殊な操作を行う事で可能となる)。
ブルースライダー
ファンが付けた通称は「サーフィン・ラム」。サーフボード状に変形させたスライプナーに乗り突撃する、テムジン747Jの必殺技。チーフの持つとあわせ、ここ一番での爆発力を発揮することが可能。フォーミュラ・アサルト同様、VRの旋回性能が大幅に落ちているフォース/マーズのVR(第三世代VR)ではスパロボの戦闘アニメ程の旋回性能は持たない為、ファンからは「ここだけオラタン性能(第二世代VR)」などとも呼ばれる。第3次αではトドメ演出で指導完了(パーフェクト勝利ポーズ)。Kでは非トドメ時に通常勝利ポーズ、トドメ時にMARZのエンブレムをバックにパーフェクト勝利ポーズ。

特殊能力[編集]

剣装備
スライプナー Mk.6/mz(ブリッツ・セイバー)で切り払いを発動。習得可能な切り払いLvは作品により大きく異なる。
銃装備
スライプナー Mk.6/mz(ニュートラル・ランチャー)で撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「In The Blue Sky」
初代作品であるアーケード版『電脳戦機バーチャロン』より伝統的に使用される、テムジン系列VRのメインテーマ。
本来テムジン747Jには「Fierce Fight」という専用テーマ曲が存在するが、「やはりテムジンならこちらだろう」という事により、本テーマを採用された。
なお、イントロで入る「Get Ready」の音声はバーチャロンにおいて伝統的に使用されている、いわゆる格闘ゲームにおける対戦開始時の「Fight!」等の音声にあたるもの。
原作ゲームの各バージョンによって微妙に音声が異なるが、スパロボ版では全て「初代バーチャロン」のものが使用されている。

対決・名場面[編集]

ダイモン
「K」にて敵勢力も含め、本格参戦(?)となった。この戦闘は何時になくアツイ。

関連機体[編集]

テムジン Type a8(VR-747 type a8)
テムジン系列機体かつ、第三世代最強と目される、白虹騎士団所属の対シャドウ邀撃専用機。

余談[編集]

  • ブルースライダー使用時などにチーフが口にする『MARZ戦闘教義』。第13番や24番など、スパロボではいくつかの指導要綱が登場するが、これは原作には存在しないオリジナル要素である。原作では、主人公は一貫して一言も言葉を発さず、チーフも登場しない(ついでにキャラクターとしてのフェイ・イェンも登場しない)。
  • バーチャロイドは基本的に陸戦機のため空中への格闘適正が低くされがちだが、実は747系テムジン(とフェイ・イェン系、マイザー系)の機体は空中でも格闘攻撃を繰り出すことが出来る(元々「フォース」開発段階では全機種に実装予定だったが、ほとんどがボツになった)。今後、Zシリーズのような形で参戦することがあれば再現される可能性も無くはない。期待して待とう。
  • テムジン747Jは、元々はアーケード版『電脳戦機バーチャロン フォース』に登場したテムジン747Aの色違いの機体となる予定だった。しかし、全身に巡らされた血管のような紋様がPS2の性能では綺麗に表現できなかった為、止むを得ず新規にカラーパターンを設定、導入されたという経緯がある(一応、初期パターンのハイエンドCGは存在する)。
  • テムジン747Jの参戦作品は『電脳戦機バーチャロン マーズ』であるが、これまでスパロボで使用されたテムジン747Jの機体BGM「In The Blue Sky」は厳密には『電脳戦機バーチャロン マーズ』のものではない。
  • スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2にて、リュウセイ・ダテヒュッケバインMk-III・ボクサーに乗せ、Gソード・ダイバーを使用すると叫ぶ「グラビトン・サーフィン・ラム」の元ネタは、本機または本機の系列機の必殺技「ブルースライダー」の俗称「サーフィン・ラム」である。これは各種設定資料が発売されるまで正式名称がわからなかったため、初代テムジンの必殺技「グライディング・ラム」と707テムジンのブルースライダーのサーフボードに乗ったような姿をプレイヤーが掛け合わせた結果発生したもの。2015年現在でもファンの間では「ラム」だけで通じたりする。

商品情報[編集]