カルロス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルロス
外国語表記 Carlos
登場作品 ガン×ソード
声優 田口昂
島田敏(SRW代役
初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(惑星EI)
性別
年齢 60歳以上
所属 エルドラメンバー
テンプレートを表示

カルロスは『ガン×ソード』の登場人物。

概要[編集]

その昔、エルドラVを駆ってザウルス帝国と戦ったとされる勇者の一人で分析装置を搭載した重戦車「ナイスフッター」のパイロット兼エルドラV/エルドラソウルの解析担当。

メンバーの中では最年少かつ最も背が低い。さらに解析担当だけあって頭も切れる。イメージカラーはグリーン。

だが、かつての栄光も過去の話となった今では1日のほとんどを寝てすごしており、寝た状態のまま他のメンバーと共に毎日のように今は亡きチヅルの店「ピンク・アミーゴ」に入り浸っている。

しかしそんな中、ブッチが起こしたヨロイ事件をきっかけに、寝たまま仲間と共に再びエルドラVに乗り込んだ。日常生活どころか戦闘中も寝たままなので、共にヨロイに乗り込むことを疑問視されたが、バリヨ曰く「秘密兵器」とのこと。 その言葉どおり最終決戦にてついに覚醒。メンバーを奮起させ、エネルギーが尽きたエルドラソウルを復活させ、バースデイのガーディアンカーテンを解析してプリシラに伝えるという大活躍を見せた。

ちなみに若い頃はジョシュアに似た美少年だった。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。エルドラの脱力覚醒要員。原作の最終決戦の描写からしっかりと覚醒を覚える。原作通り当初は眠っているが、その状態でも精神コマンドは使える。原作最終決戦の途中からずっと起きているようになる。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
エルドラソウルのサブパイロット。オリジナルキャストの田口昂氏が既に故人であるため、島田敏氏が代役を務める。
演出上仕方ないのだが、戦闘ではダンガンボンバディーロを発動するたびに起きる。他にも全員で叫ぶ所でも起きてはいるらしい(代役の島田氏の声が際立つのでわかりやすい)。
シナリオ中ではいつも通り寝ているが、第51話である条件を満たすと目を覚まして覚醒する。
ちなみに第51話覚醒時とサイドプランシナリオでの一人称は「ワシ」で語尾に「~じゃ」と付けるなど、原作と異なった老人然とした口調となっており、違和感が拭えない。
他の起きている場面では原作と変わらない口調のため、恐らくこの会話テキストを担当したライターのミス。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

K
偵察集中てかげん狙撃脱力覚醒
T
作中での扱いを再現するため、本作唯一といってよい特殊な仕様を持つ。
通常時
閃き
寝ている為かこれだけ。初期SPが2しかないうえ、消費SP30とまともに使える試しがない。ただし条件を満たすと終盤で覚醒し…。
第51話以降(隠し要素)
先見脱力かく乱
条件を満たすとこちらに変化する。いずれも非常に低コストで使えるため(覚醒前の閃きが30であるのに対して、こちらは先見が10で使用可能)、サブパイロットの中でも屈指のサポート性能を獲得する「先見おじいちゃん」となる。
加えて脱力も20と相場の半額、かく乱も40と格安。彼一人でボスクラスを無力化可能なほどであり、エルドラメンバーの秘密兵器の名は看板倒れではないことが分かる。
この要素はサイドプランシナリオとも係るため、その意味では二重三重でお得である。
なお、ボーナスシナリオ「ここはこの世のパラダイス」でも珍しく起きているため、こちらになる。

人間関係[編集]

ネロホセチヅル
仲間。
バリヨ
仲間。寝ている時はその分を彼がフォローしている。
ヴァン
弟子…だがずっと寝ていたので、意識がある状態で会話するのが最終話になった。

名台詞[編集]

「いやぁ楽しい夢だった。みんなと一緒に街を襲ったヨロイを…そうだチヅルも一緒だったな。本当に良い夢だったよ」
第3話。それまで眠っていたカルロスが初めて起きたシーン。それは夢ではなく、紛れもない、誇り高き現実なのだ。
「そりゃ、勇者の台詞じゃないな」
「世界はまだ救われていない。なら俺達のやる事は一つだよ」
第25話。満身創痍になったエルドラソウルエルドラメンバー達が全てをヴァンに託そうとした際に言った台詞で戦意が萎えかけていたメンバーを再び立ち上がらせた。
「へっ、何言ってるんだ!!」
「異常復旧用のシステムをブッチがつけただろう? だから説明書を読めって言ったのに」
「さぁどうする? 生きている以上、まだやれる事はあるはずだ!」
エネルギー切れしたエルドラソウルではもはや戦う術がない。そう諦める他のメンバーを一喝してエルドラソウルを再起動させる。
いつも寝ている「お飾り」のような扱いのカルロスだったが、メンバーで唯一説明書をきちんと読んでおり、エルドラソウルの機能を把握していた……という、分析担当らしい知的な活躍。他のメンバーもそれまで「カルロスは絶対に必要なメンバーだ」と度々主張していた理由は、単なる仲間意識だけではなく猪突猛進気味の他メンバーを補う事ができる人材だったということも大きいのだろう。
なお、再起動シーンはガオガイガーのファイナルフュージョン・プログラムドライブのパロディ。
「はじめまして、カルロスです!」
最終話。ヴァンに自己紹介した際の台詞なのだが、なんと最終決戦のクライマックスで言った
「俺じゃあ、だめか?」
決戦後のヴァンとのデートの約束をふいにされてしまったプリシラにかけた言葉。結構お茶目。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

ネロ「カルロス、起きたか?」
カルロス「Zzz…」
『T』における戦闘台詞。まあ寝てるので仕方が無いのだが、これが寝息だけなのに10秒ととても長い

搭乗機体[編集]

エルドラV
エルドラソウル