バリヨ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バリヨ
外国語表記 Bariyo
登場作品 ガン×ソード
声優 宝亀克寿
初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(惑星EI)
性別
年齢 60歳以上
所属 エルドラメンバー
テンプレートを表示

バリヨは『ガン×ソード』の登場人物。

概要[編集]

その昔、エルドラVを駆ってザウルス帝国と戦ったとされる勇者の一人で爆撃機「パワーハンダー」のパイロット兼エルドラV/エルドラソウルのエネルギー担当。

現在はほとんど寝ているカルロスのフォローもこなしている。メンバーの調整役を務める気は優しくて力持ちな巨漢。特に何かと衝突するネロホセの喧嘩を諌めることが多い。イメージカラーはイエロー(オレンジ)。

だが、かつての栄光も過去の話となった今では他のメンバー同様に、毎日のように今は亡き仲間であるチヅルの店「ピンク・アミーゴ」にて仲間と共に飲んだくれながら過去の活躍の話をしては、若者たちから馬鹿にされる日々を送っていた。しかしそんな中、ブッチが起こしたヨロイ事件をきっかけに仲間とともに再び正義のために立ち上がった。

ヴァン一行の中では老齢ながらも最も背が高く、常に本を読んでいる姿が目立つ。若い頃と体型がほとんど変わっていないが、昔は角刈りだった。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
エルドラの気合鉄壁熱血要員。なお、顔グラがどうもハゲに見えてしまう。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
音声初収録。担当声優の宝亀氏はアルベロ・エストバン・バ・チュンを経て初の版権キャラクターでの参加となる。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

K
気合鉄壁努力根性熱血友情
T
努力鉄壁
三人目のお約束というべき鉄壁も良いが、やはり努力持ちなのが重要。成長を遅れさせずに済むほか、ExC回収の面でも有益。

人間関係[編集]

ヴァン
弟子。…無理矢理ではあるが。
ネロホセ
仲間。喧嘩の仲裁役。
カルロス
仲間。彼のフォローも担当する。
チヅル
仲間。
ユキコ・スティーブンス
入り浸っている店「ピンク・アミーゴ」の現店主にしてかつての仲間の孫娘。

名台詞[編集]

「食え、タコスは身体に良い」
第3話、ヴァンが気にいったのでおごる。
「何故、チヅルの事を知らない!?」
同話、ヴァンにチヅルを知っているかと訪ねて。そりゃ知らないだろう。
「飲め、テキーラは身体に良い」
同話、ヴァンに無理やり飲ませる、おかげでヴァンは二日酔いに。
「エネルギーが足りない…。少しだけ足りない!」
エネルギー担当なので口癖のようにエネルギーと口にする。しかし、彼がエネルギーに関する発言をする事はその後の「エネルギー回復→大逆転」のフラグでもある。
ちなみに勇者シリーズでもエクスカイザーが富士山の噴火を食い止める為にバリアを張った時に口にしている。そのためか、『T』においてエルドラソウルがバリアでダメージ0にするとバリヨが「エネルギーの消耗が激しい…!」と発言する。
「カルロス…そりゃあ、夢じゃないぞ…!」
第3話の〆。昨日の出来事を夢として語ったカルロスに対して。
「あれは…男の作戦会議だ」
第21話、エルドラソウルの塗装が剥げたので塗りなおすとネロが言ったのでばらばらにした後……酒を飲んだり飯を食べてばかりで整備しなかったせいでジョシュアに叱られた際に言った言い訳。

搭乗機体[編集]

エルドラV
エルドラソウル