ヒューズ・ガウリ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヒューズ・ガウリ
外国語表記 Hughes Gauri
登場作品 オーバーマン キングゲイナー
声優 草野徹(現:草野とおる)
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 28歳
所属 ガウリ隊
テンプレートを表示

ヒューズ・ガウリは『オーバーマン キングゲイナー』の登場人物。

概要[編集]

ウルグスクの自警団ガウリ隊の隊長。

ヤーパン・ニンポーという怪しげな術を使いこなす。生身の体術(忍術)からシルエットマシンの操縦まで、戦闘に関する能力は極めて高い。

エクソダスに犠牲はつき物」がモットーで、裏では汚い仕事も行っているが、そのことで葛藤する場面も。

「ヒューズ」が名前だが、原作では「ガウリ」「ガウリ隊長」としか呼ばれなかった。加えて「ガウリ隊」という単語が良く出てくるためなのか、序盤でのスタッフロールでは「ヒューズ」表記だが、すぐに「ガウリ」に変更されている。

ちなみに「ヤーパン・ニンポー」とかいうと、いろんな作品に出てくる「間違った忍者像」を思い出すかもしれないが、彼のニンポーは(お約束の『間違った』感はたしかにあるものの)実用性・有用性共に非常に優れており、ただのヤーパンかぶれのそれとは一線を画している。

パンサーに乗ってはいるが、ある時は「盗んだガチコ」で「走り出した」ことも。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
能力的には結構高レベルだが、なんと熱血を持っていない。よって序盤はともかく後半はどうしても小隊員にならざるを得ない。パンサーでは厳しいのでゴレームにでも乗せよう。
反面、脱力かく乱を習得するため、戦闘系小隊員としては最後まで一線を張れる。
尚、オーバーデビル戦で洗脳された際の敵対時はなどを追加修得し、戦闘力が大幅にアップしているので注意が必要。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
今回はサラのパンサーの攻撃『ガウリ隊総攻撃』で登場するのみでユニットとしては扱えない。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
今回もパイロットとしては使用できないが、シナリオデモにて悪党相手にお得意のヤーパンニンポーを炸裂させる場面がある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
今回なんとクロスオーバーで早乙女門子とカップルになる。今回はゲイナーの両親の殺害は誰にも知られなかった。前述の早乙女との一件もあり、「Kの作中、一番悲惨な目に遭う人」という声も。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

Z
偵察集中直感脱力かく乱
K
偵察ひらめき必中熱血激励かく乱

特殊技能(特殊スキル)[編集]

Z
オーバーセンスL4、カウンター援護防御
オーバーフリーズ時はこれらに加え再攻撃サイズ差補正無視ガードまで習得と大幅にパワーアップしている。
K
オーバーセンスL4底力L7援護攻撃L2援護防御L2アタックコンボL2

小隊長能力(隊長効果)[編集]

Z
クリティカル率+30%

人間関係[編集]

アデット・キスラー
終盤、惚れられて恋人関係になる。
ゲイナー・サンガ
実はゲイナーの両親を殺害したのはガウリ。事実が明らかになった際はさすがに怒るが、ゲインの配慮もあって和解する。
ゲイン・ビジョウ
ゲイナーに代わってガウリに制裁を与え、二人を和解させるための環境を作る。
サラ・コダマ
隊の部下。「エクソダスに犠牲はつき物」が口癖のガウリだが、サラがブリュンヒルデに囚われた際には、やはり部下であるからか、見捨てようとする五賢人に激しく抵抗した。

他作品との人間関係[編集]

早乙女門子
Kにて、一方的に恋人扱いされる(ガウリの方にその気がある様子は見られない)。

名台詞[編集]

「エクソダスに犠牲はつきものだ」
原作で何度も言う(場合によって細かい言い回しは違う)。
「忍法すり足の術を使ってみた」
「これが八方手裏剣の怖さだ!忍法・火炎車では、肝を冷やすなァ~!」
「これぞ!ヤーパン忍法・火炎車ぁ!」
第10話にて。それまでただの隊長キャラだったのが、突然忍者であることが判明。しかもすごいハイテンションで視聴者の度肝を抜いた。具体的にどういうものかというと、トロッコを火薬で加速させ、それに乗って列車を追いかけるというもの。
「忍者のフェイバリットだよ」
ゲインに散弾銃を放って手渡してから。
「デビル忍法・乱れ吹雪ぃ~!」
オーバーデビルに操られた状態でも、やはり忍者は忍者である。
「それはリモコン操縦の無人機!つまりっ!忍法・分身の術という事だ!!」
最終話にて。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「ヤーパンニンポー!火炎地獄ーっ!」
「ヤーパンニンポー!雷玉!」
「ヤーパンニンポー!巾着切りぃぃ!」
それぞれZでラッシュロッドメックスブルートジンバに乗せた際の戦闘台詞。彼にかかるとオーバースキルもニンポーと変わらないようである。
「ライフルは最後の武器だが!」
ゴレームでライフルを使った時の台詞。元ネタは特撮作品『忍者部隊月光』。隠密性を重視する忍者にとって、熱と光で発見が容易になってしまう火器の使用は避けたい事態らしい。

Zシリーズ[編集]

「ヤーパンでは引退する時には人を集めて髪を切ったという…。もしかしたら、それなのか…?」
Zの第40話のシナリオデモにて髪を切ったタルホを見ての珍台詞。即座に弁慶から「それは相撲取りの断髪式だ」と突っ込まれた。…もっとも、このガウリの発言は当たらずとも遠からずであったが。
(あれは災いを呼ぶものだからな。関わらない方が彼女のためでもあるだろう)
再世篇第5話(日本ルート)シナリオデモより、エスターブラスタに搭載されているVXの正体を知らない様子を見て。
「もっとも悪は最初から許す気はないがな…!」
再世篇第18話にてアッシュフォード学園の生徒を人質に身代金を入手しようとした暁の牙のメンバーに対して。この台詞の直後ヤーパンニンポーが卑劣なテロリスト達に炸裂した。

携帯機シリーズ[編集]

「何かが違う…。こ、こんなはずじゃ…!」
K』第23話「オーバーデビルクライシス・後編」にて早乙女門子によりオーバーデビルから熱いキッスで開放された時の台詞で、本来はアデットのなのだが…ちなみにアデットに「お似合いだよ」と言われる。
(ああ、失敗したくなってきた…)
『K』第29話「哀しき呪縛を解け」にて邪魔大王国にさらわれた珠城つばきの救出作戦で、早乙女門子から「上手くいったら抱きしめてやるからな」と言われ、心の中で思った台詞。

搭乗機体[編集]

パンサー