エクソダス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

エクソダス(Exodus)とは、「オーバーマン キングゲイナー」に登場する用語。

ドームポリスを抜け出し、かつて人が居住していた大地へ移住することを指す。旧約聖書の一つ「出エジプト記」が原案。

かつて地球の環境が悪化したため、温暖な地域を環境保全・食糧生産のみにあて、人類は寒冷地や砂漠などの劣悪な環境下にドームポリスを建設し移り住んだ。しかし、現在このシステムは政府側の一方的な利益保持の目的でのみ運営されており、自然は十分に回復していると考えられている。そのため一方的な支配体制から抜け出しかつての故郷に帰ろうという機運が活発になっている。このような活動をエクソダスという。

エクソダスは政府によって重大犯罪に定められており、監視機構であるロンドンIMAや搾取を目的とするシベリア鉄道公社などによって弾圧されることになる。また規模も個人レベルから都市丸ごとの集団移民まで様々で、周囲の環境もあいまって非常に困難で危険を伴う行いである。そのためゲインのように依頼を受けてエクソダスを先導する専門家も存在する。

また上のような経緯から、「現状から抜け出し前へ進む」といった意味で使われることもある。

関連用語[編集]

ミイヤ
最初にエクソダスを行ったとされる伝説の人物で、古の五賢人の一人。エクソダスの象徴でもある。現在も子孫と思しき人物が存在している。