ジンバ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジンバ
外国語表記 Jimba
登場作品 オーバーマン キングゲイナー
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 オーバーマン
全高 成人男子の5.5倍
重量 毛長象3.2頭分に匹敵
動力 マッスルエンジン
装甲材質 オーバーコート
オーバースキル 窃盗
主なパイロット アスハム・ブーン
サラ・コダマ
テンプレートを表示

ジンバは『オーバーマン キングゲイナー』の登場メカ

概要[編集]

「窃盗」のオーバースキルを持つオーバーマンで、目玉のような模様が描かれた、ハート型の頭部が特徴。

物体を透過する手と伸縮する腕、手から放たれる任意の物体を引き寄せる光線を使用することで、如何なるものも盗むことが可能。盗んだものは背中の袋に入れることができる。

劇中ではボリチェフの領主からアスハム・ブーンが徴収した緑色の機体と、オーバーデビルによってフリーズしたサラ・コダマに与えられた赤色の機体が登場した。

ジンバ(緑)[編集]

ポリチェフの領主・ピルウィッツ公爵のオーバーマンだがアスハム・ブーンが恐喝じみた手口で奪い、使用する(能力と同じような入手方法である)。

オーバースキルでパンサーからリベットガンを盗み、キングゲイナーからは弾丸だけでなく、人工筋肉まで盗む。ゲイン・ビジョウに固執したアスハムが隙を作り最後はキングゲイナーに敗北。

ジンバ(赤)[編集]

オーバーフリーズしたサラ・コダマオーバーデビルが与えたオーバーマンだが、なぜオーバーデビルが出せたのかは不明。「窃盗」のオーバースキルでヤーパンの人々の命をも盗もうとするが、アデットのドーベックにオーバースキルの源である袋を破壊され撃墜される。一度きりの登場とはいえ、ヒロインが乗るオーバーマンである。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
アスハム機はガリアルート第19話「建国のブリザード」にて、自軍の武器弾薬を盗む場面がある。この為に、∀ガンダムが発掘直後の状態になってしまったり、他の機体もENや弾薬が減少してしまう。また、本来はブラックメール用と思われる透明化のオーバーコートを装備しているが、ノーマンドロシーに発見される。
サラ機はオーバーデビル戦でのイベント後に使用可能。他機体のパーツを盗んだのか、修理装置を持つ。自軍で運用する際に当たっては、格闘の値が低いサラよりも、アデットやガウリを乗せるのが無難。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
今回は使用不可能だが幸せの時計画に利用される。武装は一つだけだが、Zよりもオーバースキルがよりそれらしくなった。終盤、ガズムによってアスハム機が量産されブラックメールとペアを組んでくる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2019年5月のイベント「愛の果てに…」の報酬ユニット。SSRシューター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
通常の格闘攻撃。
ジンバブレード
両手に持って使用する小型のカッター。普段は脚の裏側あたりに取り付けられており、引きちぎるように取り外して使用する。劇中で使用したのは赤い方のジンバで、アスハムは使用していない。
なお、『K』では武装はこれのみだが、相手の部品を盗み取る演出を見せてくれる。
フォトンマット
Z』におけるトライチャージ用の武器。

特殊能力[編集]

オーバースキル
Z』では毎ターン必中。『K』では攻撃が命中した機体のENと全武器の弾数を半分に減らす。
フォトンマット
オーバーセンスに応じて軽減量の変わるバリア

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

対決・名場面[編集]

VSドーベック(アデット機)