ヤーパンの天井

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤーパンの天井(Ceiling of Japan)とは、『オーバーマン キングゲイナー』に登場する集団。

概要[編集]

シベリアのドームポリスウルグスクからヤーパン(日本)へ向けてエクソダスした一団を指す。

複数のシルエットマンモス(巨大なキャンピングトレーラーのようなもの)に牽引される都市ユニット群で構成される。都市ユニットを率いているため、ある程度であれば自給が可能だが、人間の数も多いため物資は常に不足気味である。

指導者たちは古のエクソダスの始祖にあやかって「五賢人」と名乗っている。

ヤーパンの天井の動向は世界でも注目されていてメディアでも報じられているが、カシマル・バーレの策略で都市機能が破壊され難民にされてしまったガンガランのピープルを無理をして収容したにもかかわらず、メディアでは情報操作され「半分は殺され、半分は人質に取られた」などと報じられていた。

人物[編集]

ゲイナー・サンガ
住人だがエクソダスには懐疑的。
ゲイン・ビジョウ
エクソダス請負人として雇われた。
ヒューズ・ガウリ
住人。自警団隊長。
サラ・コダマ
住人。学生兼自警団員。
ベロー・コリッシュ
住人。学生兼自警団員。
アデット・キスラー
最初はエクソダス妨害のために潜入するが、のちにゲイナーの家に転がり込む。
アナ・メダイユ
人質という名のマスコット。
五賢人
ヤーパンの天井のエクソダスを統括する指導者。五賢人といっているが、ガッハ・ヴィゲル、シトラン・ビィ、ペルハァ・ペイ、マンマン・ドゥットンの四人で構成される。計画遂行のためには犠牲を厭わないリアリスティックな狡猾さを見せることもあり、ゲイナーの両親を殺害させた他、ガンガラン難民の切り捨てを検討したり、オーバーデビルとの戦いを回避しようとしたこともある。

関連用語[編集]

エクソダス