エタニティ・フラット

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

エタニティ・フラット(Etanity flat)とは、『第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇』に登場する現象。

概要[編集]

蒼の地球を中心とする一帯の宇宙に発生していた絶対時間遅延現象。通称「時の牢獄」。

御使いの一人である哀しみのサクリファイによって発動され、監視役としてジェミニスが派遣されていた。

エタニティ・フラットが完成された場合、次元境界線は閉鎖状態で安定し、地球へ転移することも地球から転移することも出来なくなり、バアルの襲撃から完全に守護される。しかし、その副作用として牢獄内の絶対時間は完全に停止し、老いることも生まれることもなくなり、死だけが残って緩やかな滅亡へと転がり落ちていくことになる。これは、太極の意志によって先んじてパラダイムシティで実験されていた内容と同じものでもある。

完成していない状態では綻びが多いため、連獄篇ではリ・ブラスタTの転送を行えたり、ヘリオースのアンゲルス・サルースによりアドヴェントを除いた主人公部隊一行が翠の地球から蒼の地球に飛ばされたり、飛ばされた先での戦闘終了後に再び翠の地球に飛ばされている。

時間には二つの時間が存在し、「絶対時間」と「相対時間」というものがある。絶対時間とは宇宙全体で流れている時間を指し、相対時間とはある地点から開始される時間のことを指す(後者は「今、自分が観測している=体感時間」と捉えれば解りやすい)。限りなく近く、遠い関係なのが上述の二つの時間である。ある地点の絶対時間が止まり、相対時間のみが流れていくと自分の周囲に流れている時間が超速で動いているというカオスになる。

これが全体に行き渡ると、草木の成長すらも望めない世界になってしまい、果ては三分で出来るカップラーメンすら作れない、文字通りの地獄が出来上がってしまう。最終的な食料をいえば錠剤になるのだが(即席の携帯食料は食べる以前に腐りきって風化してしまう)[1]、結局それすらも状態が悪くなって消化どころか摂取すらできなくなってしまう。後は、緩慢に流れる時間の果てに死が待つだけである。

Z-BLUEはこれを阻止すべく、手がかりとなるジェミニス所属のスフィア・リアクターガドライト・メオンサムを追って戦い続けていた。またシャアはこの事実に先んじて気づいており、特異点である自身とフル・フロンタルが一所に揃い、さらに全ての始まりである新世時空震動発生の状況と見られるアクシズ落としを再現するために真意を隠したまま立ち回り、最終的に時空修復の成功によってエタニティ・フラットは回避された。

関連用語・人物[編集]

新世時空震動
エタニティ・フラット構築の為に引き起こされた。
アクシズ
エタニティ・フラットを「隔絶された次元の中での限定的な法則の書き換え」によって造られた「」だとするなら、大特異点であるアクシズは云わば「錠前」の様なモノ。
シャア・アズナブルフル・フロンタル
新世時空震動によって特異点となった二人。役割を例えるなら「」と云うべきか。
パラダイムシティ
太極の意志により、「静止した楽園=エタニティ・フラットを構築するためにアクシズ落としが成功した世界をシミュレートした箱庭」として創られた実験場。
哀しみのサクリファイ
新世時空震動ならびにエタニティ・フラット発生の元凶。

類似した計画[編集]

実は、この現象は『第2次OG』におけるバラルの「総人尸解計画」、そして『魔装機神F』におけるヨーテンナイの「静死の柩」とよく似ている。 前者はガンエデンの結界によって、「空の彼方より来る災厄、破壊神や邪神から逃れた者達の楽園」である地球を完全に封印し、内部・外部を問わず転移及び通過を禁じ、さらに地球の人間を尸解によって仙人と化すことで永劫の楽園を作り出そうというものだが、

  • 地球との行き来を封じる結界
  • 時間の止まった生命
  • 仕掛け人は「神」とその代行者
    • 人の意志を増幅する機構によって結界が張られる/次元境界線が封鎖される
  • 空の彼方から来る災厄の回避手段

という、主な要素が共通しており、手段と状況が違っている。決定的な共通点は時間。外界からの干渉を隔絶するには、相対時間に干渉されない状況を作り出すしかない。

また、実は「時間を止める事で災厄から逃れる」という計画そのものは『スーパーロボット大戦J』のフューリーが実現させている。これはステイシス・ベッドを用いてサイトロンが供給される限り相対時間に干渉されない状況を作り出していた。

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd』でも時間の減速と停止が登場するが、時間が次第に減速して時間が完全停止する宇宙滅亡の災厄としてである。

ヒーロー戦記』ではアポロン総統が惑星エルピスの時間の流れとは切り離されてると思しき特殊な異空間にXNガイストパワーで本拠地「ヘリオス要塞」を構えていた。惑星エルピスには予知された破滅が迫っているため侵攻作戦は一刻を争っていたが、ヘリオス要塞内ではいくら時間が流れてもなんら問題ないらしく、主人公たちの準備が整うのをいくらでも待ってくれる。

余談[編集]

  • 前述の絶対時間と相対時間についてだが、絶対時間内において事実上の時間転移を果たした人物がスパロボ内に何名か存在している。が、相対時間――つまり、自分の観測している時間が進んでしまっている状態になっているのでかつて存在していた自分の世界の相対時間より先、つまり未来に転移したことになっている。その人物の代表は、ご存知イングラム・プリスケンである。ギリアムも該当するのだが反則じみた時間軸の転移なので微妙に違う。ちなみにタカヤノリコアマノカズミもウラシマ効果を用いた時間転移を果たしている。

脚注[編集]

  1. 本編内でも「合成食料で食いつなげることは可能だが時間稼ぎにしかならない」ことがテレサ・テスタロッサによって示唆されている。