残されの海

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

残されの海(parked Ocean)とは、『第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇』に登場する地域。

概要[編集]

翠の地球の太平洋赤道付近一帯に広がる海域を指し、はるか以前に散布されたナノマシン「ヒカリムシ」の作用により海面が翠に見えるのが特徴。『翠星のガルガンティア』の世界観を再現するためのオリジナル設定

『天獄篇』においては転移以前から「残されの海」の名で呼ばれており、由来はわからなくなっているという設定。真相は物語後半で明らかになる。

中マップが大半なので移動に苦労するのが問題。なお、実質最後の舞台となる「翠の海の明日」では地形の処理がマップの図形とズレており、ストライカーチェインバーが初期配置される大きな島のうち、西端部分は表示が陸なのに海扱い、東端部分は表示が海なのに陸扱い。このため、陸にいるユニットを進ませると「陸に沈んで海に立つ」というおかしな表示になる。

成り立ち[編集]

アクシズ落としによる核の冬が到来したとき、イボルバーは銀河に新天地を求めた。そんな彼らとは対照的に、地球に残ってナノマシンによる海洋汚染の除去と、環境の回復を目的とした「翠星蟲計画」を立ち上げた者達がいた。これがガルガンティア船団の祖先となり、「残されの海」という名もこのような経緯から名付けられた。

これ以外の人類は

つまり、元々この海はランド・トラビスの出身である「荒廃した世界」=UCWに属していた。

関連項目[編集]

世界観/Zシリーズ
蒼の地球翠の地球
『天獄篇』の舞台。