2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

獣神ライガー (TV)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
  • 1989年3月11日 ~ 1990年1月27日放映(名古屋テレビ製作・テレビ朝日系) 全43話
  • 初参戦スパロボ:スーパーロボット大戦NEO(2009年)

概要[編集]

前番組『鎧伝サムライトルーパー』と勇者シリーズ『勇者エクスカイザー』の間に放送された永井豪とダイナミックプロ原作、サンライズ制作のアニメ。貴重なタッグである。

生物的な巨人兵器「バイオアーマー」である獣神ライガーと、怪物である魔竜戦士(ドラゴナイト)との戦いが特徴的。だが、後半は敵の戦力がロボットのような姿のメタルナイトに変わったり、防衛隊の変形ロボットが登場したりと、路線変更の形跡があり、一年未満の放送に終わった。

途中で路線変更こそされているものの、グロテスクな戦闘描写や健康的なお色気など、永井豪氏のテイストが存分に発揮されている作品であり、20代半ばから30代前半のプレイヤーには本作が「初めて観たダイナミックプロ作品」という人も多いのではないだろうか。

登場人物[編集]

主人公一行[編集]

大牙剣
主人公獣神ライガーに搭乗する。
神代ゆい
善神アーガマの血を引く双子の巫女の姉。青色の長髪。
神代まい
善神アーガマの血を引く双子の巫女の妹。橙色の短髪。
団五郎
通称ダンゴ。剣の親友で、獅子の一族でない為戦いに加われない事に悩む事もあったが、一行を支えるムードメーカー。後半はバトルスーツに乗って戦いに参加する事に。
八神冴子
テレビで人気のレポーター。ライガー復活に居合わせた事と、祖父が邪神ドラゴを研究していた関係で、剣に同行する事に。財閥の娘で、財政的に一行を支える。
ミニナイト
第13話より登場のチビドラゴン。片言で人間の言葉を喋り、電撃で攻撃もできる。一行のマスコットキャラクター。
轟りえ
第23話で登場。ロボットを趣味で研究する轟博士の娘の中学生。親の前ではお淑やかだが、実は「稲妻崩しのりえ」を自称する男嫌いのスケバン。自分を不良男3人から助けた小学生である剣を逆恨みして父の作ったロボビタンXで襲う大人げのなさだが、ライガーに助けられ、今度は剣に惚れてしまう。1話限りのゲストキャラだと誰もが思っていたが、第31話からバトルスーツフラッカーのパイロットとしてレギュラー化した。
カミヨ

ドラゴ帝国[編集]

幹部は普段は人型だが、バイオアーマー(後半はメタルナイト)に巨大化する能力を持つ。

女帝ザーラ
邪神ドラゴの末裔。ドラゴ帝国の女帝にして巫女。
ドル・サタン
四天王唯一の女性で筆頭として親衛隊を指揮。リュウ・ドルクライバル心を抱きつつも、愛している。
ドル・アーミー
四天王の一人で陸戦隊を指揮。四天王の中で最初に戦死した。
ドル・ネイビー
四天王の一人で海戦隊を指揮。
ドル・ファントム
四天王の一人で空戦隊を指揮。
ドル・コマンド
ドル・アーミーの後任となった四天王。
ドル・ガイスト
元々はサタン配下のドクターガイストという名の科学者だったが、メタルナイト実用化の功績で空戦将軍に。サタンの失脚後は全軍を配下に収め、ザーラへの反逆を企てるが……
リュウ・ドルク
ドラゴ帝国の将校。女帝ザーラと同じく邪神ドラゴの末裔とされ、四天王の指揮下に入らず女帝直属の部下として扱われる。
ドラゴナイトと異なり、等身大のままバイオアーマー魔竜王ドルガに乗り込んで戦う。
その正体は善神アーガマの末裔にして、幼い頃に攫われた神代姉妹の実兄だった。
邪神ドラゴ
ドラゴ帝国の信仰の対象である邪神。

その他[編集]

大牙龍造
大牙剣の祖父。
真一
大牙剣の友人。永井テイストを象徴するようなキャラ。

登場メカ[編集]

主人公一行[編集]

獣神ライガー
大牙剣が呼び出す赤いバイオアーマー
ファイヤーライガー
剣の感情が高まりライガーがライオンのような獣人型に変身した姿。
ファイヤーライガー (騎乗)
獣神サンダーライガー
ライガーがサンダーフェニックスと合体して白いボディにパワーアップした姿。
重戦馬ベガルーダ
ゆいとまいが呼び出す翼のあるユニコーン型のバイオアーマー。ライガーを乗せて飛行できる他、体にライガー用の斧や槍といった武器を多数収納している。
ロボビタンX
第23話で登場した町の発明家轟博士が趣味で研究していた巨大ロボット。博士の娘であるりえに持ち出されてドラゴナイトと戦うが、ボスボロット程度にしか役に立たずあっさり破壊された。
フラッカー
八神財閥が出資して轟博士の開発した軍用バトルスーツ。戦闘機からロボットに変形する。二人乗りだが、一度パイロットを登録すると変更できないため1号機は最初に出撃したダンゴとりえがそのまま操縦することに。
ガンボディ
同じく軍用のバトルスーツ。ロボットから戦車に変形する。

ドラゴ帝国[編集]

魔竜王ドルガ
リュウ・ドルクの召喚するバイオアーマー。「ドルガ・チャージドラゴン」という掛け声でドルガドラゴンに変身する。実はライガーと同じ善神アーガマの遺産だった。
ドルガドラゴン
魔竜王ドルガがドラゴン形態に変身した姿。
魔竜戦士アトラス
原作第1話に登場したドラゴナイト
量産型メタルナイト
量産型メタルナイト (重機動)
重武装メタルナイト・バルバドス
ドラゴ帝国要塞

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「怒りの獣神」(前期)
作詞:安藤芳彦 / 作曲:工藤崇 / 編曲:矢野立美 / 歌:弘妃由美
プロレスラー「獣神サンダー・ライガー」の入場テーマとしても有名。ちなみに彼は「プロレスラーの入場曲で、唯一歌える曲だから(変えない)」とずっとこの曲を使用している。プロ野球選手の中にもこの曲でマウンドに向かったり、バッターボックスに入ったりする選手がいる。ボーカルを担当するのは弘妃由美氏で、女性だが力強い歌声が印象に残る。
『NEO』『OE』で採用。
「奇跡の獣神」(後期)
作詞:安藤芳彦 / 作曲:工藤崇 / 編曲:矢野立美 / 歌:弘妃由美
ボーカルは前期から引き続き弘妃由美氏。プロレスラー「獣神サンダー・ライガー」が、アニメ本編で獣神サンダーライガーが登場した後も前期OP曲を使用し続けた事もあり、こちらの印象は薄い。
『NEO』『OE』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
初参戦作品。原作冒頭から再現されており、その為、本作の第1話は釧路が舞台になっている。メタルナイトは2度目のドラゴ帝国の襲撃より出現する。
大牙剣の通っていた小学校が攻撃されて壊滅」「真一のドラゴナイト化」という鬱話も再現されるが、エルドランシリーズの作風に配慮してか、同シリーズ作品が未登場or別行動の時に行われた。主人公が小学生であることから、それなりにエルドランシリーズのキャラと絡む。
なお『新ゲッターロボ』の安倍晴明ドラゴ帝国の協力者となっており、同じダイナミック作品故の親和性の高さから、原作未視聴のプレイヤーの中には安倍晴明がライガーのキャラであると誤解した人もいるとか。
スーパーロボット大戦Operation Extend
第2章クリア後のサブミッション「ドラゴの影再び」より登場。その時点ではスポット参戦のみで、本格参戦は第3章から。
本作でもNEOに近い経緯の戦いがあったようで、剣たちは春風小学校に転入していた時期があり、ザウラーズとは知己の間柄。
原作終了後設定だが、邪神ドラゴが再び復活しようとしている。

用語[編集]

善神アーガマ
かつて邪神ドラゴを封印した神。大牙家と神代家はその血筋の末裔「獅子の一族」である。
ドラゴ帝国
アーガマに敗れた邪神ドラゴの末裔。邪神復活を企む。
ドラゴナイト(魔竜戦士)
原作前半のドラゴ帝国の戦力。
メタルナイト
後半の敵。ドラゴナイトサイボーグ化したもの。
バイオアーマー
獣神ライガー魔竜王ドルガといった、善神アーガマの遺産。OPテーマ『怒りの獣神』には「奇跡のバイオアーマー」という一節がある。

主要スタッフ[編集]

原作
永井豪
制作
サンライズ(第2スタジオ)
監督
鹿島典夫
キャラクターデザイン
内田順久
バイオアーマーデザイン
牧野行洋
音楽
飛澤宏元

余談[編集]

  • 『獣神ライガー』は新日本プロレスとタイアップを行い、同様のコスチュームを纏った同名の覆面レスラーが番組開始と同時にデビューしている。
    • つまり、タイガーマスク等と違い公式キャラであり、デビュー会見の場には永井豪氏も居た。ついでに、その時点で正体も明かしてたりもする。
    • 今では元ネタである本作よりも、TV出演が多い本作の名を冠した覆面レスラー(なお、中の人は立派なアニメ特撮オタクでもある)の方が有名であろう
      • ちなみに、本作劇中の展開に合わせてパワーアップ(コスチューム変更)をしているので、現在は「獣神サンダー・ライガー」名義になっている。
  • 放送終了後、本作と『魔神英雄伝ワタル』の出演声優らによる『獣神英雄伝ワタライガー・今宵はここまで』なる企画CDが発売されている。ただし内容は両作品と直接の関係はない。
    • 『NEO』特典小冊子のインタビューにおいて、田中真弓は当時の思い出として同CDに言及している(当時は『ワタル』が未参戦であったためか『〇タル』『ワ〇ライガー』と伏字)。
    • 余談であるが、サンライズより刊行された資料本『魔神英雄伝ワタル2メモリアル』収録のCDドラマ『星界山ロケハン物語』ではワタルは『2』が始まるまで、『獣神ライガー』の収録をしていたという楽屋ネタが存在した。

商品情報[編集]

DVD[編集]

漫画版[編集]