ドル・ガイスト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ドル・ガイスト
外国語表記 Dol Geist
登場作品 獣神ライガー
声優 速水奨
デザイン 内田順久
初登場SRW スーパーロボット大戦NEO
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族サイボーグ
性別
所属 ドラゴ帝国
役職 科学者→空戦将軍
テンプレートを表示

ドル・ガイストは『獣神ライガー』の登場人物。

概要[編集]

ドラゴ帝国の四天王ドル・サタン配下の科学者

当初は「Dr.ガイスト」の名で呼ばれていたが、後に将軍の座に就き、ドル・ガイストと名を改めた。物語の中盤以降から登場し、ドラゴナイトサイボーグ化させたメタルナイトを開発して帝国の戦力の増強に力を注いだ。

「弱き者に流れる聖なる血よりも強きメカニックに流れる油の方が尊い」という信念を持っており、自らの身体さえもサイボーグに改造している。その為、根本的な考えの違いからリュウ・ドルクとは互いに相容れない存在である。

また相当な野心家であり、他の将軍たちを姦計に嵌め、かつての上司であるドル・サタンでさえも失脚させてその地位を奪い、遂には女帝ザーラをも手にかけようと目論むが、彼女の力でメタルナイトの洗脳が解かれてしまい、最期は自らが作り上げたメタルナイトによって命を奪われてしまった。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
原作では中盤以降の登場だが、本作では序盤で登場するためメタルナイトの登場も早い。ドル・サタンにも言える事だが、今作は他の将軍が出てこないため、他の将軍の役どころを彼が担っている部分があり(破壊の牙を奪おうとするシーンなど)、その為か卑劣な性格による行動力は原作以上でプレイヤー部隊からは大いに忌み嫌われており、敵との和解エピソードが多く憎みきれない悪役が多い中で、今作においては数少ない完全な憎まれ役としての活躍が光る。
原作終盤では変身時の声にエフェクトがかかっているが、本作では最初からかかっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ブレード
押し出し特性付き。
生体ミサイル
着弾指定型のマップ兵器
リモートハンド

特殊能力[編集]

シールド防御
結界システム
25話以降に獲得。バリアの一種で、常時ダメージを50%軽減。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

3(NEO)

パイロット・機体BGM[編集]

「立ちはだかる強大な力」
NEOオリジナル曲。多くのボスユニットに使用されている戦闘BGM。

人間関係[編集]

リュウ・ドルク
その信念の違いから相容れず、対立している。
ドル・サタン
彼女の配下であったが、後に失脚させる。
女帝ザーラ
主君。謀叛を企てるも、敗れ去ってしまった。

他作品との人間関係[編集]

安倍晴明
NEO』では同僚。共に動く機会も少なくない。
流竜馬兜甲児剣鉄也光主エリカ
『NEO』においてイオニア一行の中でも特にドル・ガイストに対して嫌悪感を露にしていた。

名台詞[編集]

「メタルナイトに比べれば現在のドラゴナイトなど、まさに子猫にも等しいでしょうな」
初登場時にメタルナイトの説明をした際の台詞。この台詞は『NEO』において戦闘中の台詞にアレンジされている。
「聖なる血であろうが、汚れた血であろうが、要は勝利したものこそが尊い!弱者に受け継ぐ聖なる血よりも強きメカニックに流れる油の方がよほどマシというもの!!」
彼の考えを言い表した台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「我がメカニックの前では、貴様の力など子猫にも等しい」
戦闘中の台詞で前述の台詞のアレンジ。相手が戦闘のプロだろうが悪人顔のヒーローだろうが子猫に例える所に彼の自信のほどが伺える。

関連機体[編集]

メタルナイト
開発に関与。