ドラゴ帝国

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドラゴ帝国(Drago Empire)とは、『獣神ライガー』に登場する敵勢力。

概要[編集]

かつて善神アーガマに敗れた邪神ドラゴの血を引く者達。封印されている邪神ドラゴを復活させ、その力を借りて世界を征服することを目的としている。

人物[編集]

ドル・サタン以外の四天王は、現時点ではSRW未登場。

邪神ドラゴ
ドラゴ帝国のだが、全ての存在が破壊の対象である彼にとって帝国やザーラでさえも例外ではなく、目覚めて早々に彼女を喰い殺してしまった。
女帝ザーラ
邪神ドラゴの末裔。ドラゴ帝国の女帝にして巫女。
ドル・サタン
四天王唯一の女性で筆頭として親衛隊を指揮。リュウ・ドルクライバル心を抱きつつも、愛している。
ドル・アーミー
四天王の一人で陸戦隊を指揮。四天王の中で最初に戦死した。
ドル・ネイビー
四天王の一人で海戦隊を指揮。
ドル・ファントム
四天王の一人で空戦隊を指揮。
ドル・コマンド
ドル・アーミーの後任となった四天王。
ドル・ガイスト
元々はサタン配下のドクターガイストという名の科学者だったが、メタルナイト実用化の功績で空戦将軍に。サタンの失脚後は全軍を配下に収め、ザーラへの反逆を企てるが……
リュウ・ドルク
ドラゴ帝国の将校。女帝ザーラと同じく邪神ドラゴの末裔とされ、四天王の指揮下に入らず女帝直属の部下として扱われる。
ドラゴナイトと異なり、等身大のままバイオアーマー魔竜王ドルガに乗り込んで戦う。
その正体は善神アーガマの末裔にして、幼い頃に攫われた神代姉妹の実兄だった。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
初参戦作品。本作では既に壊滅したミケーネ帝国に続く新たな地底の侵略勢力であり、第1話から登場してNEO世界の戦いの火蓋を切る。
スーパーロボット大戦Operation Extend
原作終了後設定。メタルナイトの出現に伴い存在を疑われていたが、実際は邪神ドラゴの単独犯であり帝国自体は登場しない。

関連用語[編集]

ドラゴナイト(魔竜戦士)
メタルナイト