メカ鉄甲鬼

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
メカ鉄甲鬼
外国語表記 Mecha-Tekkouki
登場作品

ゲッターロボシリーズ

初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 百鬼メカ
全高 55.0m
重量 340.0t
開発者 鉄甲鬼
所属 百鬼帝国
パイロット 鉄甲鬼
テンプレートを表示

メカ鉄甲鬼は『ゲッターロボG』の登場メカ。

概要[編集]

第16話「死闘! 嵐吹く男の道」に登場した単独操縦型の百鬼メカ

鉄甲鬼ゲッターロボGを研究した末に開発した百鬼メカで、姿はゲッタードラゴンに似ている。本来ならば実戦へと運用するには少々時間が必要であったが、焦燥感に駆られたヒドラー元帥から出撃を強要され止む無く投入する。

然しながら未完成の状態でも戦闘能力は極めて高く、トマホークやチェーンアタック等、ゲッターGと同じ武装を以って正面から互角以上の戦いを演じた。

だが1対1の決闘の最中に割って入り、分散したゲットマシン撃墜を狙うヒドラー指揮下の戦車砲撃からポセイドン号を庇って中破。損傷した機体でゲッターに再戦を挑むものの、ゲッタードラゴンのスピンカッターを喰らって敗れ去った。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
DC所属の鉄甲鬼が乗ってくる。ビーム吸収能力があり、MSでは分が悪い。遭遇するシナリオでは初代ゲッターロボなので、ゲッター1では厳しい戦いになる。PS版ではゲッタービームが非ビーム兵器になったため多少は有利になった。
本機の登場シナリオはライディーンの強力な追加武装と選択なため敬遠されがち。PS版では超合金Zを落とすようになったため、ある程度こちらを選ぶメリットも出来た。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
最初は鉄甲鬼が乗っており、鉄甲鬼の乗る機体はゲッターとの決闘の結果次第で加入する。後に量産されて何体も出てくる。空陸水ユニットで、鉄甲鬼援護防御の鬼なので小隊員として極めて優秀。Lサイズという事もあって小隊攻撃も強力。さらに鉄甲鬼は分析直撃を覚えるなど、シリーズで最も高性能と言える。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
久しぶりの登場。シーン4シナリオ「不滅のマシン」にてゲッターチームで説得すると鉄甲鬼共々仲間になる。後に人工知能操縦の雑魚機体としても登場する。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
鉄甲鬼は登場せず、人工知能により操作される。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
第1部で百鬼帝国は倒されているが、アインストに運用された。
スーパーロボット大戦COMPACT3
序盤で光子力研究所へ行くルートを選択した場合のみ、シナリオ「死闘! 嵐吹く男の道」で真ゲッターロボと同時に加入。強化パーツスロットが多いのでV-UPユニットでの強化が見込める。
スーパーロボット大戦IMPACT
COMPACT2同様に鉄甲鬼は登場しないが、本機は登場する。そればかりか因縁のヒドラー元帥が搭乗し、後に雑魚機体として何体も出てくる。特に扱いの悪い作品だと言える。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
条件を満たすとパイロットの鉄甲鬼と共に自軍に加わる。鉄甲鬼の専用機だが、当の鉄甲鬼が更に高性能な一人乗りゲッターにも乗れる為、乗り手不在で放置される可能性が高い。強化パーツスロットが多いのでV-UPユニットでの強化が見込める。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
条件を満たすとパイロットの鉄甲鬼と共に自軍に加わる。鉄甲鬼の専用機で元の機体性能は今一だが、フル改造ボーナスがダメージ-50%と優秀、加えて強化パーツスロットが多い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
スーパー系なら序盤から登場。

関連作品[編集]

リアルロボットレジメント
鉄甲鬼が搭乗し、中ボスとして複数回登場。最後はヒドラー元帥のミサイル攻撃からゲッターを庇って破壊された。

装備・機能[編集]

上述の通り、ゲッターロボGの各武装に相当する武器を持つ。鉄甲鬼の発言からゲッターポセイドンに該当する武器も具えていた模様だが、未完成状態で出撃した影響なのか劇中では未使用に終わっている。

武装・必殺武器[編集]

トマホーク
手持ちの戦斧で敵を斬りつける。形状はゲッター1のゲッタートマホークに酷似している。
トマホークブーメラン
両手に戦斧をとり、投げつけて攻撃する。
チェーンアタック
先端に刃の付いた鎖で攻撃する。
ミサイル
ゲッターライガーと同型の傘状パーツに内蔵されたミサイルを射出する。
破壊光線 / ビーム
角から放射する破壊光線。原作ではゲッター線の吸収能力も備えていた。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
ビーム吸収
『第3次』のみ採用。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

カスタムボーナス[編集]

ダメージ-50%
A PORTABLE』。鉄甲鬼を最強の壁役に押し上げる決め手。防御を合わせれば、実質ダメージを1/4まで押さえこむ事が出来る。

機体BGM[編集]

「われらのゲッターロボ」
Z』で採用。

対決・名場面[編集]

vsゲッタードラゴン

余談[編集]

  • 「ゲッターの武装を模倣した敵」という着想は、後に描かれた漫画版の番外編的エピソード『がんばれ!!ムサシ』に登場するメカザウルス・ギガの設定にも使用されている。
  • PSソフト『ゲッターロボ大決戦!』にも登場。鉄甲鬼は登場せず、量産されている中盤の雑魚。接近戦での攻撃力はそれなりだが、飛び道具や対空能力を持たないのが弱点。