ハーフカット

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ハーフカット(HalfCut)は、特殊技能(特殊スキル)のひとつ。

相手からの命中率が30%以下の場合、その攻撃が命中しても受ける最終ダメージが50%になる。 技能レベルは存在しない。

単体のスキルとしては『スーパーロボット大戦BX』を最後に登場していないが、『スーパーロボット大戦T』にて見切りに本スキルの効果が加えられ、実質統合される形となった。

採用作品[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z
初採用作品。スパロボにありがちな、一桁台でも命中してしまい撃墜という事態をなるべく避けるようにするためのスキル。
回避率に多少の不安が残る1.5軍級のパイロットや、終盤戦での運動性は高いが装甲に不安があるユニットの突発事故防止用に運用させておくと生存率が増す。また、ダメージの軽減率が大きいためバリア持ちとの相性も良い。
スーパーロボット大戦BX
「エネミーフェイズ中にもクイックセーブできる」という携帯機シリーズの仕様から、意図的に狙って発動させやすくなっている。また内部処理にバグがあり、命中率が35%以下の場合に発動する。皮肉にも、このお陰で有用性が高まっている(なお、命中率の最終補正を加算する前の命中率は100%を越えていても切り下げにならないので、維持し続けることは困難)。