ドロ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ドロ
外国語表記 Dolo
登場作品 聖戦士ダンバイン
初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT3
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

オーラマシン

生産形態 量産機
全長

11.7メット
(約11.7m)

  • 直径:13.8メット
    (約13.8m)
重量 3.4ルフトン
(約3.4t)
動力 オーラ吸気
エネルギー オーラ力
最高速度 170リル
巡航速度 160リル
オーラ係数 0.5
必要オーラ力 4オーラ
開発者 ショット・ウェポン
所属 アの国
クの国
主なパイロット ガラリア・ニャムヒー
テンプレートを表示

ドロは『聖戦士ダンバイン』の登場メカ

概要[編集]

アの国で開発されたオーラボム。

ショット・ウェポンが初めて実用化させた戦闘用の飛行マシンで、クラゲのようなフォルムに4本の触手を持ち、その先に火炎弾の「フレイ・ボム」を内蔵した爆撃機のような機体である。オーラコンバーター実用化前の機体であるため出力が低く、コモンが複数人乗ってやっと戦闘飛行が出来るらしい。

戦闘兵器としてはごく初期のものでオーラマシン同士の空中戦には弱いものの、火力はあることから対地攻撃や城攻めには大きな戦力となり、また戦い慣れしていないゲド(オーラバトラーでも初期型の物。SRW未登場)程度なら翻弄もできた。

後にオーラコンバーターを搭載したタンギーが主力オーラボムとなったものの、最初期の機体だけあって安価で操縦も簡単な本機は引退ということはなく、前線にあり続けた。戦闘だけではなく輸送任務や連絡にも用いられている。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT3
原作最初期のバイストン・ウェルに行く展開があるため、これも登場。攻撃力も耐久力も低いザコ。ガラリアが搭乗していることもあるが、ユニットが弱すぎるため気に留める必要はない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

フレイボム
触手の先についている砲口から火炎弾を発射する。

特殊能力[編集]

なし
オーラバリアを持っていない。オーラコンバーターを搭載していないことの再現だろうか。お陰でフレイボムに射撃で反撃するだけで簡単に倒せる。もし装備していたらこうはいかない。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

関連機体[編集]

ドラムロ
ドロのフレイボムを本機の内蔵火器として流用している。
グナン
ドレイク軍が資金繰りのため外国に売ったドロを、反ドレイク陣営がコピーしたオーラボム。ドロに比べ小型化している。SRW未登場。
タンギー
クの国で開発され、後にアの国陣営でも使用された、ドロの後継機で4本足のクモ型のオーラボム。オーラコンバーターを内蔵しているため性能が高く、兵員の熟練度によってはボゾンボチューンにも劣らない。

余談[編集]