2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ドローメ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ドローメ
外国語表記 Drowmey
登場作品 勇者ライディーン
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 妖魔獣
所属 妖魔帝国
テンプレートを表示

ドローメは『勇者ライディーン』の登場メカ。

概要[編集]

ガンテと共に飛来する、妖魔帝国の戦闘用生物。

都市の破壊や、戦闘での前衛を務める。

体の中心部から火炎を吹き、2本の触手で相手を絡めとる。また、触手でミサイルや岩石などを抱え、直に敵へと叩きつける戦法を取る事もある。

中には触手で桜野マリのスカートをめくったり、捕えたとび俊(SRW未登場)を触手の間に挟み込んで卓球のラリーの如く弄ぶなど、個性的な行動を取るものもいた。

登場作品と操縦者[編集]

一貫して最弱級のやられメカとして登場するが、改造度次第では侮れない戦力となっている。なおウィンキーソフトが開発を担当していた時代の作品では、体色が原作の薄紫色ではなく薄緑色となっているが、恐らく後述のドロと混同されたと思われる。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
シナリオ「勇者ライディーン」で妖魔帝国の戦力として登場するが、ブルーガーでも楽に倒せる弱さ。次のシナリオ「うわさの破嵐万丈」でもインスペクターの戦力として登場する。
第4次スーパーロボット大戦S
DCが使用する雑魚ユニットの中でもほぼ最弱。HPは『第3次』の時よりも上がっているので、序盤だと武器によっては一撃で倒せない事もあるが、攻撃力が低いのでやはり雑魚。とはいえ対空攻撃のできないボスボロットでは倒せないが。何故か妖魔帝国がDCに協力する前から、DCに加わっていた。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
間違いなく本作最弱の敵ユニット。スーパー系主人公の場合、序盤に大量登場するマップがある。リュウセイからは「空飛ぶクラゲ」とのネーミングをつけられる。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
雑魚の割に装甲が高め。移動後の射程が長い。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
COMPACT』同様で装甲が高めで気力が上がるまでダメージを与えにくい。移動後の射程が長いのは相変わらず。空中にいるユニットには命中率+30%の高命中力の体当たりをする。オーラバトラーでも当たってしまうほどなので、接近戦をする際は陸に降りて攻撃すると体当たりされない。
スーパーロボット大戦IMPACT
本作のドローメは序盤は「HP:2500」と落としやすいが、それ以降のシナリオ以降では固い。本作の敵の固さを表す言葉として「ドローメがゴッドバードで落とせない」と言われるほどである(中盤以降であるが)。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
第5話で数多く登場するが、最弱ユニットなのは相変わらず。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
今回もお約束通りHPや攻撃力は最低レベル。一緒に登場する化石獣や巨烈獣はHPが高いので、本機で存分に気力を上げてから挑もう。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
化石獣が登場しない事もあり、唯一の『ライディーン』系ザコ。序盤からプリンス・シャーキン麾下のデスモント将軍アシモフ将軍に連れられて、自軍とたびたび交戦する事になる。能力設定の似ている『第4次』に比べると多少は硬くなっている。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

火炎弾/マグマ弾
身体の中央から吐き出す火球。
作品によっては移動後有射程武器だが威力は低い。
触手/体当たり
近接格闘攻撃。やはり威力は低いが、一部作品では命中率が高い。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

余談[編集]