アシモフ将軍

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アシモフ
外国語表記 Ashimov
登場作品 大空魔竜ガイキング
声優 加藤修(現:加藤治)
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ゼーラ星人人造人間
性別
所属 暗黒ホラー軍団
役職 将軍
デスクロス四天王
テンプレートを表示

アシモフ将軍は『大空魔竜ガイキング』の登場人物。

概要[編集]

暗黒ホラー軍団の幹部であるデスクロス四天王の一人で西の王。他の四天王3人が黒い被りものを被っているのに対し、彼だけは緑色の覆面を被っており、デザイン的に浮いている。

最終決戦では他の四天王とともに生身でデスクロス現象を大空魔竜に対して放つが、ガイキングの攻撃で四天王の中では最初に死亡した。

ちなみに死亡した際に素顔が登場し、スキンヘッドである事が分かる。もっとも他の3人も、頭髪があるかどうかは不明だが。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
台詞の新規収録が行われ、声にエコーがかかるようになった。他の四天王と共に、大物感タップリで中盤に登場する。…が、正直あまり個性が感じられない。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
初登場作品。第4話からと四天王ではいち早く登場する。他の四天王もそうなのだが、顔色が原作アニメと違って肌色になっている。同僚のデスモント将軍と共にヨーロッパ方面軍のシャーキンの手下となっている。分岐後のシナリオではベスパと争っていた時に、自軍が駆けつけてそのまま戦闘に入ったために困惑し、撤退することも。
余談だが、初登場の際に妖魔帝国ドローメを引き連れて登場しており、何の作品のキャラなんだ?とプレイヤーを困惑させる。
初登場のシナリオでは倒せなくもないが、以後宇宙編ではほぼ倒すことは不可能。一方地上編では四天王が勢揃いする終盤のシナリオ「ランタオ島の秘密」でのみ登場。ここでは倒さなければならない。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第2次α
不屈根性加速集中気合かく乱

特殊技能[編集]

第2次α
底力L9、気力+(命中)援護攻撃L2、連携攻撃Eセーブ
底力

小隊長能力[編集]

回避率+20%
第2次α』で採用。

人間関係[編集]

ダリウス大帝
上司。
デスモント将軍
四天王の1人で東の王。
ダンケル博士
四天王の1人で南の王。
キラー将軍
四天王の1人で北の王。

他作品との人間関係[編集]

プリンス・シャーキン
』における上司。不満を持っていた。
クロノクル・アシャー
『新』にて彼等と一戦交えるが…。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「なんだ、あれは?仲間割れか?…それとも計略か?うーむ…引きあげるぞ」
』宇宙編第8話「ベスパと異星人」にて、リガ・ミリティアとべスパの戦いに困惑し引き上げて行く際の台詞。

搭乗機体[編集]

グロテクター(緑)