機甲界ガリアン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
機甲界ガリアン
外国語表記 Panzer World GALIENT
監督 高橋良輔
キャラクターデザイン 塩山紀生
メカニックデザイン 大河原邦男
出渕裕
音楽 冬木透
制作 サンライズ(第1スタジオ)
放送局 日本テレビ系
放送期間 1984年10月5日 -
1985年3月29日
話数 全25話
初登場SRW スーパーロボット大戦BX
テンプレートを表示

機甲界ガリアン』はサンライズが制作したテレビアニメ。

概要[編集]

高橋良輔監督が『装甲騎兵ボトムズ』に続いて制作したロボットアニメ作品。

当時としては珍しい、中世風のファンタジー世界観からSFへと飛躍するハイブリッド構造の作品となっている。しばしば比較される『聖戦士ダンバイン』がファンタジー的な「剣と魔法(ソード&ソーサリー)」的な世界観を持つのとは対照的に、魔法(超自然)的な要素をほとんど持たない「軍記物」としての要素が強い。

ストーリー[編集]

イラスタント太陽系第5惑星アーストに位置し、3000年の歴史を誇るボーダー王国は、折りしも嫡子誕生に沸いていた。しかし、征服王マーダルの人馬兵の軍勢が突如侵攻してくる。圧倒的な戦力差の前に城はたちまち陥落、ボーダー王も戦死する。忠臣アズベスと共に辛くも城を脱出した王妃フェリアだが、追っ手に捕らえられ、残された王子ジョルディはアズベスの孫「ジョジョ」としてひそかに育てられる。

アズベスとジョジョは惑星アーストの伝説に残る鉄巨人を捜し求める放浪の旅を続け、12年後に反マーダル勢力が立てこもる白い谷にたどり着いた。マーダル軍の攻撃の中、少女チュルルに導かれたジョジョはいにしえの鉄巨人「ガリアン」を発見し、征服王マーダルとの戦いをはじめるのだった。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

反マーダル勢力[編集]

ジョルディ・ボーダー
主人公。マーダルに滅ぼされたボーダー王国の嫡男。愛称はジョジョ
チュルル
ヒロイン。白い谷の指導者ダルタスの娘で10歳の少女。年相応に活発な性格で、ジョジョと会ってからは好意を持ち、よく行動を共にするようになる。
アズベス
ボーダー王国の元重臣。ボーダー城がマーダル軍によって陥落する際、産まれたばかりのジョルディを連れて落ち延びた。
レッド・ウィンドウ
盗賊の少年。
ヒルムカ
謎の女性。白い谷にいる流れ者で、ジョジョに興味を持ちマーダル打倒に力を貸すようになる。
ダルタス
マーダルに反抗する人々の指導者で、チュルルの父。
ローナ
チュルルの母。SRW未登場。
ドン・スラーゼン
反マーダルを掲げる地方豪族の1人で、アズベスの知己。かつてはマーダルに仕えていたが、彼の正体を知った事から離反、白い谷の危機に配下の赤い機甲兵部隊を引き連れて彼らに加勢する。
スミオン
スラーゼンの家臣。スラーゼンと共にスカーツに搭乗し、コ・パイロットとして彼を補佐する。
ジルムセン・ランベル
ローダンの部下で、マーダル軍随一の勇者。ジョジョとの一騎打ちに敗れて捕虜になるが、彼の誠実さに心打たれたのか、後に共に戦う。

マーダル軍[編集]

マーダル
アーストに突如現れた謎の男。圧倒的な軍事力で惑星全土を支配下に置き、「征服王」として君臨する。
ハイ・シャルタット
マーダル親衛隊長。マーダルへの忠義一筋の男で、最期までそれは変わらなかった。
ローダン
マーダルの腹心。マーダル軍最強の軍団、別名「ローダン軍」を率いる将軍。後に思想の違いから反乱を企てる。
プロッツ
無重力の谷の管理者。
ビルセン
鉄の塔の管理者。
ザバ
マーダル軍の将軍。

その他[編集]

フェリア・ボーダー
ジョルディの母。
ボーダー王
ジョルディの父。
ウーズベン
ヒルムカの同僚。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

機甲兵[編集]

鉄巨人ガリアン
主役機。飛行形態・ビッグファルコンへ変形可能。
ガリアン重装改
通称「アザルト・ガリアン」。武装面を大幅強化した改修型で、戦闘機「飛装改(パンツァーファルコン)」と自走砲台「自走改(パンツァーイーグル)」の2機のメカへ分離可能。
機甲猟兵スカーツ
2人乗りの機甲兵で、スラーゼンとスミオンが搭乗する。背中に偵察および襲撃用の飛行メカ「鉄鷲機(バックインバネス)」を装備しており、スラーゼンが鉄鷲機で出撃する際は、スミオンがスカーツを操縦する。
機甲猟兵ザウエル
ランベルの乗機で、対機甲兵戦闘に特化した機体。刀身をドリルのように回転させて敵の装甲を貫通する「回転剣」が武器。
人馬兵プロマキス
機甲兵の代名詞とも言うべき、ケンタウロス型の機甲兵。突撃戦特化の機体で、四足歩行による高い走破能力を持つ。
人馬兵プロマキス・ジー
プロマキスの指揮官仕様機。
巡航遊撃人馬兵プロマキス・ヴィー
スラーゼン配下の「赤の機甲兵団」が運用する、赤いプロマキス。軽量化により機動力の向上・活動時間の延長が図られている。
飛甲兵ウィンガル
基本的に陸戦兵器である機甲兵では、ほぼ唯一の空戦特化型。希少な機体のため、マーダル親衛隊にしか配備されていない。
飛甲兵ウィンガル・ジー
ウィンガルの指揮官仕様機。
ハイ・シャルタット用ウィンガル・ジー
ハイ・シャルタット専用のウィンガル・ジー。
ツウィンガル
2機のウィンガルのそれぞれ右腕と左腕を外し、間に客室を挟んで連結したもの。マーダル等、要人の移送用に使われた。
重射兵モノコット
両肩に装備された「瞬光弾(マグネシウムアロー)」を用いての遠距離射撃が役目の、支援型。
水機兵アゾルバ
水中戦特化型。
アゾルバ・ジー
アゾルバの指揮官仕様機。
重歩哨機シールズ
機甲兵を参考にしてマーダル軍が開発・建造した人型機械。発掘兵器であるが故に絶対数の限られる機甲兵の不足を補うために開発された。所謂デッドコピーなので機甲兵より性能は低い。主に要地警備に使用される。

その他[編集]

指揮戦車
マーダル軍が運用する大型車両。
円盤
高度文明連合が使用するパトロール艇。ジョジョ達からは「光る船」と呼ばれる。

用語[編集]

機甲兵
惑星アースト
本作の舞台となる惑星。
白い谷
惑星アーストのアクロンの大砂漠の中心にある、マーダル軍に反旗を翻す者達の拠点。その地中には古代文明の兵器等が多く眠っており、地下洞窟には「クラック」と呼ばれる危険生物の巣があるほか、「伝説の鉄巨人」があるとも噂されている。当初は機甲兵もなく弓矢や剣、投石等の攻撃によりマーダル軍に対抗していたが、後にドン・スラーゼンの率いる人馬兵部隊の合流を皮切りに各地から続々と同志が集結し、一大勢力となった。
惑星ランプレート
イレイザー
高度文明連合が所有する「安全装置」。連合内でもその詳細を把握するものは現在では存在せず、遠い昔のクレセント銀河高度文明連合から引き継いだものである。その実態は重力兵器と呼べる代物で、一度起動すれば1.6パーセク(約5.216光年)以上の範囲の物を消滅させるまで停止しない。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「ガリアン・ワールド -Run For Your Life-」
作詞:三浦徳子、KING REGUYTH / 作曲:井上大輔、EUROX / 歌:EUROX
『BX』『X-Ω』で採用。初出『BX』でのアレンジはイントロや間奏のヴァイオリンソロなど原曲を極めて忠実に再現しており評価が高く、『X-Ω』でもそのまま流用された。『X-Ω』ではイベント「信じる心」にてクエストBGMに採用。
エンディングテーマ
「星の一秒」
作詞:三浦徳子、KING REGUYTH / 作曲:井上大輔、EUROX / 歌:EUROX
劇中BGM
「勇戦ガリアン」
『BX』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
初登場作品。シナリオの中核を為しており、戦いの舞台を惑星アーストから地球へと移しつつ、原作のストーリーが忠実に再現され、同時期に放映されていた『聖戦士ダンバイン』や『巨神ゴーグ』と濃密なクロスオーバーを展開する。クロスオーバーすることで原作とはまた違う成長をしていくジョジョや、他勢力と手を組み力をつけていくマーダルも今作の見所の一つとなっている。
『ガリアン』視聴者にはある種のミスリードを招くであろう「黒邪の機甲兵」に関するクロスオーバーもある意味必見である。設定面でオリジナルとの関わりも深い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
第3期参戦作品の第4弾として2017年8月に追加参戦。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 伝説の始まり
第2話 ガリアンの目覚め BX
第3話 白い谷の闘い
第4話 チュルルを追って
第5話 無重力の谷
第6話 地底に眠る秘密
第7話 ローダン軍接近
第8話 マーダルの告発
第9話 裁かれるヒルムカ
第10話 火を噴く重装改
第11話 騎士と勇者
第12話 マーダルの正体
第13話 ジョジョの悩み
第14話 ああ、ものいわぬ母
第15話 鉄の城脱出
第16話 マーダル出陣
第17話 運命の対決
第18話 アズベスの最期
第19話 白い谷崩壊
第20話 そびえたつ野望
第21話 動乱の都
第22話 フェリア再生
第23話 惑星ランプレート
第24話 幻想の崩壊
第25話(最終回) 伝説の光芒

余談[編集]

  • 本作に登場する機体や、その武器は後続の作品に多大な影響を及ぼしていったとされている。お馴染み「ガリアンの剣」や「ザウエルの回転剣」はロボットアニメやゲーム、漫画のみならず数多くのエンターテイメントに顔を出している。ちなみに既参戦作品だと、護式・斬冠刀、応用編としてルミナスコーンが挙げられる。
    • 作品世界構築においても同様で、本作で試みられた「SFを根幹としたファンタジー」という図式は『ファイナルファンタジーシリーズ』『テイルズオブシリーズ』等といった著名コンピュータRPGにおいても当たり前に用いられている世界観構成の先駆けとも言えるものである。
    • なお、高橋良輔監督はこれらに知的財産権を主張することはせず、むしろ後続を歓迎するスタンスをとっている。
    • 余談の余談だが、OVAに登場する邪神兵の「下半身が蛇のようになっているデザイン」は当時、かなりの衝撃を与えたという。まさに「この発想は無かった」である。もちろん、これらも後続の作品に多大な影響を及ぼしていったとされる。ガリアンもそうだが、とにかく凄まじい人気をもち、幾つかの作品をすっ飛ばしてミニプラでリリースされている(邪神兵のみプレミアムバンダイ)。
  • 当初は4クール(1年間)放送の予定であったが2クール(半年)で打ち切られたため、序盤から中盤にかけてはじっくりとした展開だったのが終盤は怒涛の急展開となるが、大きく破綻する事なく完結している。打ち切りが無かった場合、後半は宇宙が舞台となる予定だったとのこと。
  • 寺田プロデューサーは公式ラジオにて「20年前の自分にガリアンがスパロボに参戦すると言っても絶対に信じないだろう」と語っている。

商品情報[編集]

リンク[編集]

公式サイト