楠舞神夜

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
楠舞神夜
読み なんぶ かぐや
外国語表記 Nanbu Kaguya
登場作品

バンプレストオリジナル無限のフロンティアシリーズ

声優 ゆかな
デザイン 斉藤和衛
初登場SRW 無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(神楽天原
性別
年齢 18歳
所属 武酉城
テンプレートを表示

楠舞神夜は『無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』のヒロイン

概要[編集]

神楽天原において人間を治める一族「楠舞家」の姫。身の丈程もある巨大な霊刀「護式・斬冠刀(ごしき・ざんかんとう)」を用いての剣術「楠舞一刀流」を駆使して戦う。口癖は「~極まりないです」。

成人前に全国行脚し、見聞を広めるという家のしきたりに従い旅をしていた(しかし、周囲に黙って出奔したため、序盤は捜索対象として賞金がかかっていた)が、マイティエーラ内を探索に来ていたハーケン・ブロウニング達と偶然に遭遇し、共に旅をすることになる。

基本的に生真面目なお姫様なのだが、時に激しい天然ボケぶりも見せる。また、女好きのハーケンに惚れ込んでしまっている(基本的に他の女性陣からは不評のハーケンの気障発言に、神夜だけはときめいている)ため、錫華に「男を見る目がない」と言われる始末だが、一方で無意識の内にハーケンを上手く協力させてしまったため、アシェン・ブレイデルから「天然の策士」と評されたことも。本人の意識しないところで他人を使ってしまうところは、姫として育てられてきたせいなのかもしれない。

母親譲りの強大な霊力を秘めており、不死桜の真の力を発動させることが可能。ただしその発動のためには霊力を急激に消耗するため、命に関わる(彼女の母親・羽衣は13年前にその力を発動させたことで他界)。結局は神夜を犠牲にすることを良しとしなかったハーケンの介入により力を発動させる必要はなくなり、また力の発動を巡る一連の展開の中で、ハーケンとより深い関係を築くに至った。

役割分担的にはパーティーのセクシー担当。アシェンの分析曰く「100前後」であるらしいその胸と、錫華が「神夜を越えたら普通に通報される」と評した際どい衣装は、歴代バンプレストオリジナルキャラクターの中でもトップクラスのお色気度を誇る。特に胸については、錫華・小牟が貧相であることから余計に際立つためか、「煩乳」「悶乳」「汚乳」等といわれ放題。カットイン時の乳揺れも凄まじいことになっている。また、衣装は「楠舞家の正装」である可能性が非常に高い(「楠舞家の正装」は神夜の初期装備)。ちなみに身長は、アシェンからは「小柄」と評されたが、170cm前後と割と高い。あまり自分の服装やスタイルを気にしていなかったようだが、自らをアインストがコピーしたアインストカグヤとの遭遇時に、自分の格好の際どさを認めている。しかしそんな彼女の食生活は、EXCEEDでの発言によると獣肉ではなく魚メインであるらしい(ただ、大食いかどうかは不明だが、戦闘ボイスでは良く空腹を訴えるため食事量はそれなりと思われる)。グラマラスなスタイルの秘訣としては本人曰く「牛乳を飲むといい」「楠舞印の無添加がオススメ」とのことである。

彼女自身の名前と居城・武酉城の名称からわかるように、モチーフは『竹取物語』のかぐや姫。本作のネーミングは寓話を元にしたものが多いが、その中でも最もド直球である。名字の「楠舞」は勿論キョウスケに由来するものだが、関連性についてはやんわりとした否定といったスタンスで、意図的に曖昧にされている(ただし、攻略本のスタッフインタビューにて楠舞の姓なのは意味があるとも語られている)。一応、彼を意識して「分の悪い賭けは?」「キライじゃありません!」と言ってみたり、精神コマンドに「博打」があったりする。一方、武器繋がりで某キャラ同様に「悪を断つ剣」も名乗る。ちなみに、特殊技能に「引っ込み思案」を持っている…「深窓の令嬢」的意味なのかもしれないが、そうは見えない(制作側も同じ認識を持ったのか、『無限のフロンティアEXCEED』では「おっとり」に変更された)。

登場作品と役柄[編集]

無限のフロンティアシリーズ[編集]

無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
ヒロイン。扱いは上記の通り。
無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ
前作から続投。今回はハーケンとの関係がややクローズアップされている。また、天然発言も健在。新ヒロインのネージュとよく会話で絡む。というか、物語に不死桜が関わることもあって、ヘタするとネージュ以上にヒロインとして活躍している。
全キャラクター中トップのSPと高いATKでアレディに並ぶアタッカーとして活躍できるが、SPDが低めな上に「おっとり」で余計低くなるため手番が回ってくるのが遅いのと、SPの多さに比例して精神コマンドの消費が重いのが欠点。継戦能力という点では他ととんとん。自前だと「奇跡」以外に命中を高める手段がないので、KOS-MOSかアクセルから「感応」を貰い、自身は「両断」でブロック対策をするのがベター。

関連作品[編集]

PROJECT X ZONE
ハーケン共々参戦。なお、斬艦刀&悪を断つ剣繋がりのゼンガーとも共演。プロローグ3でしょっぱなからゼンガーと共闘することに。錫華から習った扇子を使った踊りを技に取り入れている。また、『ゴッドイーター』の神機にも興味がある様子。
11話に正式参戦するのだが、やはり、外見から注目を浴び、更に今回は秋葉原のど真ん中に出現したクロスゲートから戦闘中に突然出て来るという派手な登場をした為に必要以上に目立つ事になり、
  • 『デッドライジング』のフランク・ウェストにいきなり5回も撮られて全てEROTICA判定(5回撮られたのは神夜だけ)
  • 『エンドオブエタニティ』のヴァシュロンにグレネード認定(と言っても、ヴァシュロンは原作で巨乳をグレネードと例え、PXZでも結構な数の巨乳キャラがグレネード認定されているが)
  • 『テイルズオブヴェスペリア』のエステルにライバル視される(主に胸的な意味でだが、エステルは別に貧乳ではないがカットインでは揺れない。原作でもこちらでもカットインで揺れる人がいる故なのか)
  • サクラ大戦』の大神一郎に効果音付きで好感度を上げられる(今作では『.hack』の究極AIであるアウラも好感度を上げているが、別に大神は軟派ではなくむしろ硬派の熱血漢である…はずだが、シリーズの関係上確実に二股しており(ちなみに4での攻略ヒロイン数は13人)、PXZでもヒロインのさくらに「スケベで浮気者」と言われている)
と、大変である。

キャラクターステータス[編集]

必殺技[編集]

通常技はかぐや姫が5人の求婚者に対して出した難題に、援護技・特殊技は花札の役に由来している。通常技の由来については、記事「童話」を参照。特殊技の出典については、記事「ギャンブル」を参照。

詳細は下記記事を参照。

月鱗(がちりん)ゴースト
PROJECT X ZONEで使用するハーケンとファントムの2人と1機で放つ合体攻撃。マップ上複数の敵を巻き込む複数技という扱い。

精神コマンド[編集]

詳細は下記記事を参照。

特殊技能[編集]

戦闘中に自分の行動順が回ってきた時、発動条件を満たすと一定確率で発動。消費するパラメーターは一切ない。

詳細は下記記事を参照。

人間関係[編集]

ハーケン・ブロウニング
作品序盤から仄かな想いを抱いていたが、終盤に上記の事情でハーケンから積極アプローチがかかり、立場が逆転気味に。とはいえ彼のおかげで昇天せずに(≒月に帰らずに)済んだため、命の恩人でもある。
錫華姫
彼女のお目付役。とはいえ実情は対等の交友関係に近い。
アシェン・ブレイデル
ハーケンお付きの「からくり」。神夜は姫の身分だが、アシェンからは全くと言っていいほど敬われていない。PVで披露された戦闘シーンの掛け合いで神夜を『乳牛姫』と呼び、ユーザーに彼女の愛称として定着させた。
楠舞讃岐
現在の武酉城の主で、神夜の父親。妻・羽衣は13年前の「篭国」において不死桜の力を発動させるために霊力を使い果たし、他界している。ちなみに神夜の偽物騒動が起きた際、本物の娘を胸の大きさで判断したが、エンドレス・フロンティアアインストは対象の外見を完全にコピーできるので、正確な判断材料にはならない。
乙音
神夜の師匠。衣装はくの一にしては際どいが、神夜に比べれば普通に見えるのが恐ろしい所である……。
なお、「火鼠の衣」「龍顎門の珠」は彼女譲りの裏玄武の技。
守天
滅魏城の城主。恋人の錫華が、武酉城の神夜の下へお目付役として出入りすることを良く思っていない。
アレディ・ナアシュ
彼からは初対面時に「天女」と評される。おそらく生真面目な彼から見た神夜を純粋に美女として評価したのだろう。アレディによると覇気は「可憐」らしい。
ネージュ・ハウゼン
実は幼い頃に一度彼女と出会った事があるが、再会時は神夜のあまりの成長っぷりにネージュが逆ギレした。過程は違えど「母親を十年戦争で失った者」としてネージュの境遇に共感しており、フェイクライドの件ではネージュを後押しした。

他作品との人間関係[編集]

有栖零児
パーティーのメンバー。護式・斬冠刀を帯刀し振り回す彼女が、実はかなりの力持ちなのではないかと思ったことがある。
小牟
パーティーのメンバー。色々と他作品やお色気のネタを振り、神夜を乗せたり、困らせたりする。
KOS-MOS
パーティーのメンバー。ゲーム中のテキストでは「こすもすさん」と、ひらがなで呼んでいるが、ある場面だけきちんと「KOS-MOS」と呼ぶ。
アクセル・アルマー
初対面時に髪の色や姓で記憶が戻りかける。また、何かと胸をバカにされる神夜を「美乳」と評価する数少ない人物…だが、その手の「不埒」な発言をした事は記憶が戻った際に速攻で黒歴史にされた。
毒牛頭
あろうことか、初登場シーンで神夜に一目惚れ。いきなりプロポーズを敢行する。しかも神夜自身は照れてハーケンに「どうしましょう」と相談するが、ハーケンからは「牛扱いされている」と突っ込まれた。以後もしつこく求婚を続けたため、さすがに神夜も迷惑がるようになる。なお、アインストに操られた時も「…ヨメ…」と相変わらずの執着心。
余談だが、『EXCEED』における神夜用の最強アクセサリは「婚約鼻輪」である……。
ゼンガー・ゾンボルト
『プロジェクトクロスゾーン』にて共闘。ゼンガーの刀を自身の霊力で巨大化させた。
大神一郎
前述のとおり、彼の行動によって原作の効果音つきで好感度が上がっていく。

キャラクターBGM[編集]

「天衣夢泡の天満月」
神夜専用の戦闘曲。もともと神楽天原のマップBGMである「天衣夢泡」が彼女のBGMになるはずだったが、戦闘曲としてはテンポに欠けるということでこちらが採用された。
「天衣夢泡の天満月(Ver.EXCEED)」
『EXCEED』での専用曲。よりロックらしくなっている。
「月華煌々」
『EXCEED』における必殺技・特殊技使用時のBGM。

名台詞[編集]

共通[編集]

「私、楠舞神夜です。悪を断つ剣なんですけど…」
戦闘開始時のボイスの一つ。
「護式・斬冠刀…悪を断つ剣です」
月架美刃使用時のキメ台詞の一つ。
「この切っ先に……一擲を成して乾坤とします!」
必殺技使用時の台詞の一つ。……なのだが、元ネタであるゼンガーの台詞は「この切っ先に、一擲を成して乾坤を賭せん!」なので、文法的にも微妙に間違っている。
「斬り捨て御免!」
勝利時の汎用台詞の一つ。これだけならキマっているのだが……。

無限のフロンティア[編集]

「私はね……今、とっても穏やかな気持ちなんです」
「小さい頃から、ずっとこの世界にいて、他のことなんて……全然知らなかった……」
「でもね、今回の全国行脚の旅は、大変だったけど……本当に楽しかった」
「もう思い残すことはない……本気でそう思ったんだよ?お母様」
「……だからこそ、このすばらしい“世界”を守りたい……」
「あの時……お母様が、この神楽天原を戦争から守ったみたいに」
不死桜の真の力を発動させるため、死を覚悟した際にセリフ。
「……私を……」
「私を……さらってくれますか……?」
上記のセリフのあとにハーケンがやってきて。かぐや姫の話をされた後のセリフ。

無限のフロンティアEXCEED[編集]

「ちょっと。……ハーケンさん。」
エスメラルダ城塞にて、ハーケンとドロシーの関係を疑っていた時の台詞。その後、ドロシーの部屋にあった若かりしジョーンの銅像をハーケンと勘違いしたイベント、さらにハーケンがアルフィミィに口説き文句を言っていた場面でも神夜は上の台詞を口にしていた。
「ネージュさん、妖精機と戦いましょう」
「お母さんの想い……ここに縛られた想いを解放してあげなくちゃ…!」
「それは、とても大切なものだから……。」
EXCEEDにてフェイクライドにネージュの母、ストゥーラの遺志が宿っている事が判明した際の台詞。
カッツェ「この流れでどちらがオンナらしいか勝負ね?」
神夜「どっ……どんな手を使っても、負けられないです!!」
勝利時のカッツェとの掛け合い台詞。女らしさで彼に負けてはいくらなんでも立つ瀬がなくなるだろう……。
零児「その刀、何がどうなってるんだ」
神夜「分かれたり、部品が飛んだりします♪」
勝利時の零児との掛け合い台詞の一つ。護式・斬冠刀の元ネタは恐らくこの機甲兵の剣なのだが、向こう以上にトンデモなギミック満載である。
「一枚目!」
「二枚目!」
「三枚目です!」
猪刺花蝶使用時の台詞の一つ。これ以外に3パターンあるのだが、一撃目・二撃目・三撃目でそれぞれランダムに選択されるので、一揃いで聞ける確率は非常に低い。

迷台詞[編集]

無限のフロンティアシリーズ[編集]

「斬り捨てメンゴ♪」
「斬り捨て申し訳ありません……」
「斬り捨てすみませんでした」
「斬り捨てごめ~んちゃいっ」
勝利時の汎用台詞のバリエーションの数々。まともに言っているパターンが一つもない上、他にも多くある。
「失礼です!これは普段着ですから!」
沙夜に自分の服を「変な勝負服」といわれて。おいおい…。
小牟「こうなったら、野球拳で勝負じゃ!」
神夜「それ、こっちが不利ですよぉっ!?」
戦闘開始時の小牟との掛け合いの一つ。自覚があるなら何とかしなさい。
沙夜「気になってたんだけど、お洗濯苦手?」
神夜「これは縮んだわけじゃないんですけど……?」
勝利時の掛け合いの一つ。多分成長に伴ってああなったのだろうが、せめてサイズくらい直してはどうだろうか……。

PROJECT X ZONE[編集]

「え!?私…これが普通なんですけど」
うららに「放送コードに引っかかる予感が、そこはかとなくします!」と言われた際の返答。やはりというかなんというか…。彼女にとって普通でない服装とは一体何なのだろうか。そもそも初代ムゲフロでも、錫華に「神夜を超えたら普通に通報される」と評されている。
ハーケン「OK、ボンバープリンセス。しっかりついてきてくれよ?」
バツ「こっちもOKだぜ!遅れるなよ、お姫さんよ!」
「あ、は、はい!大丈夫です、バツケンさん!」
一文字伐(バツ)との掛け合いにて。声が似ている為か、彼女さえも混乱した模様。

脚注[編集]

余談[編集]

  • ボークスからモエコレPLUSシリーズの一品としてリリースされた彼女のPVCフィギュアは、予約受付開始と同時に注文が殺到し、瞬く間に完売したという逸話を残している。
  • 神夜役のゆかな女史は『スーパーロボット大戦UX』のノーヴル・ディラン役、『魔装機神III』のセレマ・ゼオラ・オクスティン役を担当している.
    • ノーヴルはヒロインの母親にして準ラスボス、セレマは貧乳キャラと前者は立ち位置が、後者はスタイルが神夜とは対照的であるが家事が絶望的に苦手という共通点が存在する。

商品情報[編集]