ガルムレイド・ブレイズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガルムレイド・ブレイズ
外国語表記 GARMRAID BLAZE
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 青木健太
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 人型機動兵器【TEアブソーバー】
型式番号 YTA-09RB【ツェントル・プロジェクト9号機】
全高 52.2 m
重量 124.2 t
動力 TEエンジン兼電力バッテリー併用
MMI ダイレクト・フィーリング・コントロール
開発者 ミタール・ザパト
所属
パイロット
【フォームG】
ヒューゴ・メディオ
【フォームS】
アクア・ケントルム
テンプレートを表示

ガルムレイド・ブレイズは『バンプレストオリジナル』の登場メカであり、『スーパーロボット大戦MX』のスーパー系主人公の後半の主役メカ。

概要[編集]

ツェントル・プロジェクト7号機のガルムレイドをベースに新たに開発された改良発展機。

新型のTEエンジンの追加と、その増加パーツに支援メカ「マシン・アニマリート」の「ロウガ」と「ヒオウ」という単独の機動兵器を加えた。近接戦闘「フォームG」と遠距離戦闘「フォームS」の特化したフォームを即座に入れ替えることで交戦が可能。

ブレイズは英語で「炎」。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MXPORTABLE
ヒューゴとアクアの両パイロットで運用。状況に応じたフォームチェンジで全く隙がない。通常は遠距離の「フォームS」を使い、アクアにはヒット&アウェイで移動後攻撃し、近距離で「フォームG」を使うという戦闘パターンが有効。ただ、フォームSは射撃武器がTEスフィア・ブレイザーのみで後は全て格闘射撃(格闘を参照してダメージを出す)のみという問題点があり、ガンファイトを活かしにくい。とは言え当該武器の性能自体は長射程、低燃費で威力もそこそこと良好なので、いっそフォームSの運用はこれ一本に絞って養成も射撃値に注ぎ込むという手もある。その場合援護攻撃や反撃に特化させるとよい。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
終盤に差し掛かる頃にサーベラス・イグナイトと同時に出現。鹵獲する形で入手し、調整はエリック・ワンが行った。MXと変わらない運用ができるが、リアル系後継機と一緒に加入するためどちらを運用するか悩むところ。サーベラス・イグナイトと比較した場合、最大火力が高いことやスーパー系であるためTEスフィアを活かしやすいことが利点。ただし経戦能力ではあちらに劣る。
今回はフォームSの武器が全て射撃攻撃になり、アクアの射撃を生かせるようになった。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
ヒューゴの正式参入と同時に入手。基本的な性能は前作と変わらないが、高い装甲と軽減バリアの双方で戦隊内屈指の安定感を誇る。改造が禁止されるEXハードモードでは主力機になり得る。

装備・機能[編集]

ロウガ
狼型の機動兵器。フォームGでは打突武器として、フォームSでは盾として腕部に装着。
ヒオウ
鳥型の機動兵器で、ガルムレイドの背部に装着。フォームGでは攻撃には使われていない。フライトシステムの側面が強いのだろうか?フォームSでは四基の砲門による射撃や嘴・爪による打突攻撃を行う。

武装・必殺武器[編集]

共通[編集]

ブラッディ・レイ
額から赤色の光線を放つ。
フォームSで撃った方が射程は長くなるが、代わりに移動後使用が不可能になる。
ファング・ナックル
肩アーマーでなく腕部に設置されたパーツを拳に展開、射出する。
装着しているパーツの関係上、フォームGでは左手、フォームSでは右手で使用する。

フォームG[編集]

ライトニング・スピンエッジ
脚部に設置された電撃カッターで打撃を加える。
ターミナス・ブラスター
胸部からターミナスエネルギーを放出する。第2次OGではダブルアタック可能な全体攻撃武器としては非常に威力が高いが、最大射程4で移動後に撃てないため有効活用が難しい。
ロウガ・クラッシャー
「ロウガ」に設置された右腕のドリルクローを射出、相手に直撃後に腕に戻してさらに回転しながら貫く。
エグゼキューション・レイド
「イグニション」の掛け声でガルムレイドを炎に包み突進。ロウガ・クラッシャーで敵を貫き「イクスプロージョン」で発火、最後は抱え上げた敵をターミナス・ブラスターで打ち上げ、焼き尽くす。
第2次OGではロウガ・クラッシャーで打ち上げた敵を追撃して蹴り落とし、捕まえてターミナス・ブラスターで撃ち貫く。ブラスターの威力が地球を貫通するというトンでもないレベルになっており、虎龍王から地球破壊役を譲り受けた形になった。ファートゥムAI1に向かって撃つのは躊躇われる(真下にあるのがクロスゲート)。イルイ・ガンエデンの「星そのものが傷ついている」という発言で思わず本機を思い浮かべた人も多いはず。

フォームS[編集]

TEスフィア・ブレイザー
肩部・胸部左右の四つの砲口(ヒオウのもの)からエネルギーを球状に収束して放ち、さらに両砲口からエネルギー砲を連射する。電童のクロックマネージャーに酷似した攻撃プロセスだが、追加効果の類は無し。第2次OGでは射程3~10の全体攻撃武器であり、このフォームの主力武器となる。
マシン・アニマリートレイド
「イグニッション」でTEBリミッターを解除して「ロウガ」と「ヒオウ」をパージ。両機が突撃して「ロウガ」が噛み付き、「ヒオウ」が機関砲とくちばしを加える。OG2ndではバリア貫通あり。
トリニティ・デッドエンド
マシン・アニマリートレイドの流れから、本体からも最大出力のエネルギーを撃ち放ち直撃させる。OG2ndでは何故かバリア貫通なし。

特殊能力[編集]

盾装備
シールド防御を発動。フォームSで使用。TEスフィアと併用で全機体中でもトップクラスの堅牢さを誇る。
TEスフィア
異空間エネルギーのバリア。アクアの援護防御とシールド防御を活用すると防御面は鉄壁。
変形
フォームチェンジで「フォームG」と「フォームS」へと入れ替わりで変形する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。第2次OGではフォームGで空A陸B、フォームSで空B陸Aとなるため、そのままではツインの相方と足並みを合わせるのにやや苦労する。

サイズ[編集]

L

カスタムボーナス[編集]

個別コマンド「変形」が「移動」実行後に使用可能

機体BGM[編集]

「Let's Ignition!」
ガルムレイド・ブレイズ専用BGM
「Dancing Blue」
アクア・ケントルム専用BGM。

関連機体[編集]

ガルムレイド
サーベラス / サーベラス・イグナイト
メディウス・ロクス
ガルベルス

備考[編集]

  • 本機をデザインした青木健太氏によると、両形態におけるロウガとヒオウの位置は干渉しないようにデザインされている為、それぞれが二機づつあれば二つのフォームの良いとこ取りをした形態(青木氏曰くグレート合体)にも出来るとのこと。