TEエンジン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

TEエンジン(Terminas Energy Engine)とは、『スーパーロボット大戦MX』及び『OGシリーズ』に登場する技術。

概要[編集]

ミタール・ザパトが開発した、ターミナス・エナジーを抽出して動力源とするエンジン

宇宙に存在する四つの力(基本相互作用)の次にその存在を予見された理論エネルギーが「ターミナス・エナジー」と呼ばれる。ターミナス・エナジーは理論上どこにでも存在し無限のエネルギーを得られるが、極めて調整が難しいという問題点を持ち、調整のためにDFCスーツを着用した専属パイロットを1名必要とする。作品も開発経緯も違うが、動力機関としての特性は時流エンジンに近いものがある。

データ収集のためヒューゴ・メディオアクア・ケントルムの乗るガルムレイドサーベラスに搭載されたが、後にメディウス・ロクスに強奪された。新型機ガルムレイド・ブレイズサーベラス・イグナイトには、出力と安定度の増した新型TEエンジンが搭載されている。

メディウスによる主人公機からのエンジン強奪は、MXではもともと主人公後継機とメディウスに搭載する予定で開発されていた2基の新型エンジンの一方が事故で失われ、メディウスへの搭載が先送りになったため。エルデはこれをザパトから自分への牽制行為と解釈し(実際の事情やザパトの真意は不明)、主人公機の撃破・エンジン強奪を実行した。第2次OGでもMXと同じくエンジン強奪劇は起きるが、ヒューゴ達の立場が異なるなどの事情からわざわざ強奪する必要性は発生していない。AI1の独断によるイレギュラーとなっている。

設定とは裏腹に、ゲーム上の性能では搭載機にEN回復の能力は無い。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG

関連用語[編集]

ツェントル・プロジェクト
同プロジェクトで開発された。
ラズムナニウム
自己再生と自己進化を併せ持つ自律金属。TEエンジンとの適合性がある。