アブドラU6

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
アブドラU6
外国語表記 Abdullah U6
登場作品

マジンガーシリーズ

分類 機械獣
全高 18 m
重量 180 t
装甲材質 スーパー鋼鉄
所属 Dr.ヘル一派
デザイン 永井豪(原案)
永樹凡人(TV版)
テンプレートを表示

概要[編集]

マジンガーZ (TV)[編集]

第8話「大魔神アブドラの正体!!」に登場した機械獣

どことなくスフィンクスを連想させるシルエットが特徴的である。普段は下半身を隠し、上半身を公園の大魔神像アブドラにカムフラージュしていた。

功を焦って先走ったアフロダイAを圧倒するが、両目に光子力ミサイルを喰らい、それが刺さったままマジンガーZと対峙する事となり、最後はブレストファイヤーの前に敗れた。

後期OP冒頭で橋を破壊する勇姿が印象的である。

マジンカイザー[編集]

機械獣軍団の1体として第2話に登場。試作グレートの攻撃には耐えたが、マジンカイザーのルストトルネードでジェノバM9と共に塵になった。

真マジンガー 衝撃! Z編[編集]

終盤にマジンガーZを待ち伏せしていた機械獣軍団の一体。

早々と攻撃を仕掛けようとするゴウキューンU5を制して、マジンガーZと一体一の戦いを望んだ。自慢の怪力でマジンガーZの自由を奪い、他の機械獣の捨て駒になる役割だったが、ゴッドスクランダーの攻撃により撃破される。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
リメイク版のみの登場。キリマンジャロ基地であしゅら男爵の機体として登場するが、基地を破壊したサイバスター追跡のため開始前に離脱。交戦機会は無い。
第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場。シナリオ「暗礁空域」ではあしゅら男爵が乗ってくる。序盤は破壊光線と、マジンガー並のHPに注意。
スーパーロボット大戦EX
ラ・ギアスに召喚された。今回はマジンガーZの装備する強力なパンチを本機も装備しており、高くなった耐久力も合わせて結構厄介。
第4次スーパーロボット大戦S
耐久力が『第3次』ぐらいに戻ってしまったが、射程・威力に優れた武器「破壊光線」を使うので前半戦は要注意。
スーパーロボット大戦F
前作に比べると耐久力が上がった。攻撃力も今作の機械獣の中ではそれなりだが、前作ほどの破壊力はない。
スーパーロボット大戦F完結編
HPが跳ね上がった。今回は改造段階のせいか、他の機械獣に比べて鈍重なイメージがつく。実際運動性は低い。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
スーパー系なら2話から登場する。独特のモーションから、破壊光線を発射する。
スーパーロボット大戦α外伝
未来世界に登場。戦力も揃っているため苦戦はしない。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
真マジンガー準拠。従来より大幅に強化されており、Dr.ヘルとの最終決戦に登場。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
ドットは『αシリーズ』の流用で、一度だけ地獄大元帥に引き連れられ登場。HPの高さは今作の機械獣では二番手で、能力だけはそこそこ。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
1話から登場する。ガラダK7よりは強いが、苦戦する相手ではない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
ガラダK7やダブラスM2よりも攻撃力が高いことが多い。
破壊光線
両目から放たれる光線。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

余談[編集]