生田信一郎

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
生田信一郎
読み いくた しんいちろう
外国語表記 Shinichiro Ikuta
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 井上真樹夫
初登場SRW スーパーロボット大戦R
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)→戦闘獣
性別
テンプレートを表示

生田信一郎は『グレートマジンガー』の登場人物。

概要[編集]

第52話に登場する、炎ジュンの孤児院時代の幼なじみ。

暴走族の一員になっており、ジュンから目的を持たず無駄に時間を過ごすことを批判されるが、逆にミケーネと戦う剣鉄也やジュンを批判し、生田に目を付けたヤヌス侯爵と接触してミケーネ帝国へ行き、ミケーネに和平を持ちかける。

しかし戦闘獣ゲルニカスに改造される結果となり、その姿で科学要塞研究所に和平を持ちかけるが、実際は発電所破壊作戦の為にグレートマジンガービューナスAを引き付ける為の囮に過ぎず、さらに体内には両機を倒す為の時限爆弾が仕込まれていた。

最後は発電所の破壊を図る無敵要塞デモニカにグレートブースターと共に突入してヤヌス侯爵を討たんと図り、果たせずに時限爆弾が爆発して死亡したものの、発電所の破壊を防ぐ事に成功した。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
本作ではプリベンターの一員。原作のようにすぐにミケーネには行かずに改心してプリベンター入りした経緯だが、戦争が終わらない現状に不満を持って完全平和主義を支持し、量産型グレートマジンガーの開発を科学要塞研究所が進めた事や一部の民間人に完全平和主義を否定された事が重なり、原作同様にミケーネ帝国との共存を望む行動に出るも利用され、量産型グレートマジンガーの設計図を盗まれるという結果になり、原作同様の最期を迎える。登場は原作と同じく一話のみであるが、彼の死はリリーナの完全平和主義に一石を投じる事に成り、彼女に大きな影響を与える事になる。

人間関係[編集]

炎ジュン
幼なじみ。暴走族に身を落とした信一郎を批難し、その後はミケーネに利用されている事実と生田の行動の甘さを突きつける。そして真実を知った生田は特攻を図る為、彼女にデモニカの前まで運ぶ事を頼む事に…。
剣鉄也
若さを浪費しているだけと生田ら暴走族を批判しているスタンスで、戦闘獣となった後に彼と接触して和平を持ちかけられた際は聞く耳を持たずにミケーネが発電所を攻撃している事を指摘したが、デモニカに特攻して発電所を救った生田の結末にはジュンと同じく悼んだ。
R』では多少の親交があり、生田の行動も批難したが、その死に衝撃を受けてリリーナを批難する事になる。
兜剣造
原作では大して接点が無かったが、『R』では「赴任先の責任者」という接点を得る。彼が進める「グレートマジンガーの量産計画」に否定的な見方をする。
地獄大元帥
戦闘獣に改造された生田に時限爆弾を仕掛け、グレートマジンガーやビューナスAとの共倒れを図った。
ヤヌス侯爵
元々ジュンとの口論を見ていた彼女に目を付けられ、直後に彼女に声をかけられた際に闇の帝王との会見の場を設けてくれるよう頼む。その後は彼を利用してビューナスAとの同士討ちを命じるが、逆に反抗して彼女との相打ちを図った。仮に生田が闇の帝王との会見を頼まなくとも、何らかの形で利用されていた可能性はあったと思われる。
闇の帝王
人間との平和共存を訴えるが、逆に騙されて戦闘獣に改造される。
…浅い考えで動く暴走族と、数千年に渡り一大帝国に君臨してきた帝王では、役者が違いすぎた。
暗黒大将軍
原作で生田が登場したときには死亡済みだったが、『R』では存命のうちに生田と闇の帝王との会見が開かれ、同席した。立ち位置は原作のヤヌス侯爵に近く、生田を利用し、まんまと量産型グレートマジンガーの設計図を入手する。

他作品との人間関係[編集]

ルクレツィア・ノイン三条レイカ
R』ではプリベンターでの先輩で面識があったが、生田の直情的な性格を心配しており、戦闘獣になった事に衝撃を受ける。
レディ・アン
『R』ではプリペンダーにおける上司。生田の真っ直ぐだが直情的過ぎる面を「プリペンダーの一員としては不向き」と評しながらも、地球圏の平和のために役立ちたいという彼の熱意を容れて、参加を許した。
リリーナ・ドーリアン
『R』では彼女と面識があったかは不明であるが、彼女の完全平和主義が生田の行動に大きな影響を与える事になり、また生田の死も彼女に大きな影響を与える事になる。
ティスラリアー
『R』ではかねてより「雑兵ユニット」を欲しがっていたが、生田の行動が切っ掛けでミケーネ帝国量産型グレートマジンガーの設計図を手に入れ、その設計図をドサクサに持ち出した。言うなれば、生田のおかげでこの二人の要望が叶ったといえる。

名台詞[編集]

(剣! お前達の青春とは、いたずらに終わりの無い戦いを繰り返す事なのか。俺は違う、今こそ暴走族と決別して永久に戦いを終わらせ、孤児というだけで俺を馬鹿にした世間の奴らを見返してやる)
ジュンに自身の行動を批難された後、鉄也達の戦いを見て。生田も鉄也やジュンと同じく孤児である為に悲惨な境遇であった事が窺えるが、彼らの心情を知らず直後に現れたヤヌス侯爵との接触で誤った道を選択してしまう。
「闇の帝王! 戦闘を辞めて平和に暮らしたらどうなんだ!」
闇の帝王と謁見して早速和平を問うが、結局は利用される事になる。
「この身は戦闘獣となったが、ジュン、君達の出来なかった事を成し遂げてみせる」
戦闘獣になりながらも己のやるべき事を遂行する決意を固めるが…。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「人間をなめるなぁぁぁっっ!」
R』第12話「さらば青春!戦闘獣になった青年!!」より。暗黒大将軍の命令で自爆させられる直前に、戦闘獣としてコントロールされながらも精神力で反抗、台詞と共にデモニカ特攻する。