2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ヤヌス侯爵

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ヤヌス
外国語表記 Marquis Janus
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 北浜晴子
種族 人間型戦闘獣
性別
所属組織 ミケーネ帝国
所属部隊 諜報軍
役職 火山島前線基地司令官
爵位 侯爵
テンプレートを表示

ヤヌス侯爵は『グレートマジンガー』の登場キャラクター。

概要[編集]

ミケーネ帝国の諜報軍の士官で、キャットルー軍団を率いる。

基本的には、長い爪が特徴的な女性型戦闘獣である。一方、人間の女性の姿をした等身大の身体も組み込まれており、戦闘獣から分離して、地上人と接触することがある。 諜報軍の高官だけあり、等身大の身体でも変身機能を備えていたり、催眠術が使えたりする。ミケーネ帝国の幹部達は大部分が「機械の巨人」として描かれ、ゴーゴン大公に至っては怪物じみた姿である中、彼女だけが「普通の人間」の姿をとることができ、ある種の異彩を放っていた。

主な役目は諜報と事前の破壊工作であり、暗黒大将軍地獄大元帥とは全く違うキャラクターで、個性ある「女傑」である。剣鉄也を追い詰めるなど、最後の最後まで宿敵として描かれた。武器は専用のビュレットで、生身でもグレートマジンガーを相手にしてはダメージを受けさせる。また、人質作戦や、ブレーンコンドルに細工を施したりと、要所で活躍。上司であるアルゴス長官が亡くなった後は、地獄大元帥に付いていった。

終盤では地獄大元帥の差し金で、鉄也の動きを完全に封じ込め、マジンガーZ単独で戦わせるお膳立てをする。Wマジンガーによる攻撃で無敵要塞デモニカと共に散った。

永井豪氏の漫画版では、ボスに催眠術を掛け、ボスボロットを強化した。桜多吾作氏の漫画版では、「アルゴス長官に並ぶ幹部」となっており、名実共に七大将軍より格上として扱われる。また、指揮を執っていた火山島前線基地を潰された事で鉄也に尋常ではない怨みを抱き、その怨念を物語のクライマックスで晴らす事となる。

劇場版マジンガーシリーズと共通の時間軸で描かれた後日談であるデジタルコミック『ダイナミックヒーローズ』(作:越智一裕)では、無敵要塞デモニカによる奇襲で科学要塞研究所を占拠。更に炎ジュンを操り手出しの出来ないグレートを徹底的に嬲るが、ゲッターロボGの介入によって撤退を余儀なくされ、最終的にグレートブースターとシャインスパークという最強コンボの直撃を喰らい、デモニカもろとも爆死した。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
現時点で唯一の登場作品。ルートによってサリィ・ポォ変装したり、ミネルバXを出してきたり、無敵要塞デモニカ撃墜後に生身で戦ったりする。
また、『64』のヒロインとも言えるレラ死亡イベントに関わって、リアル系主人公戦闘前会話が発生するなど、割と目立っている。

関連作品[編集]

バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法
魔神族の長であるチーフマジンガーの側近として登場するが、族長を殺害しリバース軍に寝返る。プレイヤーが使用する事はできない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

怪光線

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

人間関係[編集]

闇の帝王
主君。
ゴーゴン大公
前任の火山島前線基地司令官。
アルゴス長官
上司だが、彼女を「我が娘」と呼んだ事がある。桜多吾作氏の漫画版では同格。
暗黒大将軍
軍の総司令官。快く思っていない素振りも見せたが、彼がグレートマジンガーに決戦を挑む際には、心意気に打たれて助力する。
地獄大元帥
新しい軍の総司令官。アルゴス長官を通さず、彼に直接報告することもある。「侯爵」という称号といい、彼との関係はなんとなく前身の姿の時のとのそれを思わせる。
怪鳥将軍バーダラー
桜多吾作氏の漫画版では、一時的に指揮下に入れる。
生田信一郎
本来は敵国の一平民に過ぎないが、「闇の帝王と会見させてほしい」という頼みを聞き届け、仲介する。
弓さやか
原作第48話では、彼女の姿に変装する。

他作品との人間関係[編集]

サリィ・ポォ
64』では彼女に変装。
レラ
『64』では彼女に変装を見破られるものの、人質に取って、重傷を負わせた上で見事脱出する。
エリカ
『64』では彼女をスパイに使う。

余談[編集]

  • ヤヌス侯爵の名前の由来は、ローマ神話に登場する「前後二つの顔(あるいは、左右二つの顔として表現される場合もある)を持ち、過去と未来の間に存在する扉を司る」ヤーヌスである。
    • また、ヤーヌスは一年の始まりの月である一月を司る神でもあり、一月を意味する英単語「January」の語源にもなっている。
    • なお、ヤーヌスに外見が近いキャラクターを強いて挙げるとするならば、「身体の右半分は女性で、左半分は男性になっている」あしゅら男爵だろうか。