2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ドラゴガメオ1

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ドラゴガメオ1
外国語表記 Drago Gameo 1
登場作品

マジンガーシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 妖機械獣
装甲材質 スーパー鋼鉄
所属 Dr.ヘル一派
テンプレートを表示

ドラゴガメオ1は『マジンガーシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

マジンガーZ』第76話「世紀の恋人 ダイアナンA!」に登場した竜型妖機械獣

機体名の一部である「ガメオ」とは「Ω(オメガ)」を上下逆さまにした特殊な文字であり、なおかつ文字コードにも無く入力が不可能なため、カタカナで表記される事が多い(本頁の余談の欄も参照)。

マジンカイザー[編集]

OVAマジンカイザー』にも出演しており、第5話「危機一髪! 光子力研究所」および第6話「兜甲児、マグマに死す! 」に登場。

機械獣よりも強い妖機械獣の第1号として登場。口から赤い破壊波動を放ち、「機体が破壊されても小型の分体を使い侵蝕することによって他のロボットを乗っ取る能力」を持つ。

TV版と比べて全体のシルエットは同じだが、機体色がかなり変わった。劇中ではビューナスAに寄生して、悪のビューナスに変えてしまっている。

初登場時にはトロスD7を破壊し、マジンカイザーを翻弄し帰還した。その後、街を破壊していたが、マジンカイザーの「ファイヤーブラスター」を受けて、あっさりと倒された。

しかし、その時ビューナスAに自身の分体を取り付かせており…。

登場作品と操縦者[編集]

現時点では、『マジンカイザー』版のみが参戦。一方、原作TV版は未登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
「妖機械獣ドラゴガメオ1」表記。原作版を差し置いて登場。本作でもさやかのビューナスAに寄生するが、そのイベント自体は間が悪い。
ゲーム中でも、機体名の一部である「ガメオ」がカタカナ表記になっている。
スーパーロボット大戦W
機体名の一部である「ガメオ」が、特殊ギリシャ文字表記になった。雑魚としても登場するが、今作でも「悪のビューナスAイベント」に関わっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
OVA版からの登場。「悪のビューナスイベント」が無いため、強めの敵にすぎない。捕獲で、ENチップに変換できる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

触手
胴体に生えた無数の触手。ビューナスAからENを吸収した他、この時に分身を植え付けている。
J』では移動力を下げる特殊効果がある。
体当たり
敵に体当たりする攻撃。
『J』ではマルチコンボ対応。
怪光線
口から吐く赤い波動。第5話では攻撃の巻き添えになったトロスD7が瞬殺されている。

特殊能力[編集]

HP回復
EN回復

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

余談[編集]

  • 双葉社刊行の『GC』及び『XO』のSRW攻略本では、ドラゴガメオ1の「ガメオ」に「Ω(オメガ)」をひっくり返した文字が使用されている。
    • 単位記号に「℧」(読みは「モー」。昔は、コンダクタンス(電気抵抗の単位である「Ω(オーム)」の逆数)の単位として使われていた)が存在するので、おそらくそれを使用したものと思われる。