計画

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

スーパーロボット大戦シリーズに関する計画・プロジェクトを簡単に纏めたリストです。

リスト[編集]

英数字[編集]

ATX計画
連邦軍北米支部ラングレー基地を中心とした、次期主力量産機となる人型機動兵器の開発プロジェクト。ただし、実質的にはエースパイロット用カスタム機の開発計画になりつつある。責任者のマリオン・ラドム博士の意向により、この計画から開発された機体には不安要素の多いEOTは使用されていない。
FDXプロジェクト
GR計画
BF団によって行われていたジャイアント・ロボをはじめとしたロボットの開発計画。
RX計画
V作戦以前に計画された基礎技術向上計画。モビルスーツ開発に大いに役立たれた。
SRX計画
連邦軍極東支部伊豆基地を中心とした、対異星人用の人型機動兵器を開発するプロジェクト。機体性能の向上に重点を置く。責任者はレイカー・ランドルフ准将で、カーク・ハミルロバート・H・オオミヤケンゾウ・コバヤシイングラム・プリスケンなどが参加。イングラムの参加により、同計画の機体には異星人の超技術EOTがふんだんに取り入れられるようになった。
V作戦
地球連邦軍のモビルスーツ開発計画。
Ζプロジェクト
変形や火力重視の単機で戦況を変えうるモビルスーツの開発。代表的なのは「Ζガンダム」。

あ行[編集]

アーカディアン・プロジェクト
アルヴィスによる「フェストゥムとの戦争で忘れられていく平和と文化を次代に伝えること」を目的とした計画。
アプサラス計画
ジャブローを攻略する機動兵器開発計画。コンセプトは大出力ビーム砲を用いた兵器群。
イージス計画
α外伝で初登場した、スーパーロボット達を用いた地球防衛計画。第2次α第3次αOGシリーズでも単語そのものは度々登場する。
イオリア計画
イオリア・シュヘンベルグによる「人類が外宇宙に進出する前に人類の意思の統一および『来るべき対話』に備えて人類を変革させること」を目的とした計画。
イズモ計画
ガミラスにより死の星となった地球から、選抜された人々を他惑星へ移住させ人類の保存をはかる移民計画。ヤマト計画の立案に伴い人員をそのまま転用された。イズモ計画派によって虎視眈々と実行の機会を狙われていたが、イズモ計画派の動きを探るためヤマトに乗り込んでいた星名透と彼に協力した島大介により反乱は鎮圧され、最終的に破棄された。
ヴァイア計画
将来的に予測されている第2のゲドゥルト・フェノメーンから人類を救う事を目的とした、「ヴァイア艦」による外宇宙進出計画。
オシリス計画
オペレーション・スターゲイザー
マクロス7船団を襲撃してくるバロータ軍プロトデビルン)を駆逐することを目的とした作戦。

か行[編集]

カルネアデス計画
銀河中心部に生息する宇宙怪獣殲滅作戦の第一段階。
ガンダム開発計画
アナハイム・エレクトロニクスによる高性能ガンダムを開発する計画。
行政特区日本
神聖ブリタニア帝国に従順するイレヴンを日本人として、ブリタニア人と同等に人道的に扱うというもの。
銀河播種計画
マクロスシリーズにおける銀河系全体へと移民を推し進めることによって人類の種と文化の保存を図る計画。
コロニー落とし
廃棄されたスペースコロニーを大質量弾に転用して目標に向かって落下させる戦略。

さ行[編集]

幸せの時
カギ爪の男の集団が企てた「争いを嫌うカギ爪の男の意識を惑星エンドレス・イリュージョンの全人類に植え付ける」という計画。
シグナライト計画
人類補完計画
表向きは実情不明の計画。その実体は進化しきった人類を起源へと帰還させるというもの。
スキャパレリ・プロジェクト
ネルガル重工が独自に実施した火星奪還計画。木星トカゲに占領された火星に、彼らに対抗できる戦闘力を持った新型戦艦ナデシコの部隊を派遣し、同地を解放するというもの。生存者の調査及び救出も任務に含まれる。
…のだがそれは建前に過ぎず、実際にはナデシコ級戦艦の性能を実戦でデモンストレーションするための計画であった。生存者の救助に関しても、自社の技術者やデータの回収が真の目的である。
スピリチアファーム・プロジェクト
プロトデビルンの糧となるスピリチアを恒久的に得ることが可能な環境を造り出すための計画。ゲペルニッチが発案し、「わが夢」と語るまでに悲願していたもの。その内容はスピリチア自己再生種族を特定の居住可能な惑星に押し込め、スピリチアを定期的に吸収するための「家畜」として飼育することにある。また、スピリチアの自己再生を促す重要なファクターとして、「アニマスピリチア」を発見・確保することも必須課題であった。
ゼロレクイエム
全世界からの憎悪を集めた神聖ブリタニア帝国皇帝ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア仮面の英雄ゼロに討たせることによって、世界を渦巻く憎しみを消させるための計画。

た行[編集]

大アトゥーム計画
カーメン・カーメンが企てた木星を核融合爆発させることによってヌビア教徒の新天地となる地球型惑星の創出およびそれ以外の人類の抹殺を図る計画。
地球文明抑止計画
ゲストによる地球人類の鎖国政策。兵器としては成熟しているが、肝心の地球人類が兵器を使うのに未成熟なため。
ツェントル・プロジェクト
あらゆる技術を盛り込んだ試作機の開発計画。現状では正体不明の技術を採用しているため、全貌を知っているのは主開発者のミタール・ザパト
帝都防衛構想
帝都を降魔をはじめとする魔の脅威から防衛すべく、剣と呪法及び霊力による防衛を基礎とする霊的防衛計画。発案者は帝国陸軍中将米田一基。当初、軍・政府上層部は一笑に付したが、降魔戦争で帝都が多大な被害を受けた事で霊的防衛の必要性を痛感、米田の発案を受け入れ、この構想を基礎に帝国華撃団を設立した。
デスティニープラン
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』においてギルバート・デュランダルが提唱した社会構想。所轄「遺伝子社会」である。
統合整備計画
マ・クベ少佐が計画したモビルスーツの共有技術転用。コクピットの同一規格、モビルスーツの部品共有など。計画自体はアクシズに引き継がれた。
統一意志セントラル
高蓋然性世界で行われた「人間と機械とを融合させ個々の意志を統一させることによって、エネルギー問題の解決を図る」概念。
特機構想

は行[編集]

ハロウィン・プラン
ギリアム・イェーガーカイ・キタムラらが中心となって、ゲシュペンスト強化計画。
フォーミュラ計画
サナリィが計画した小型モビルスーツ計画。詳しくはサナリィの項目参照。
冥王計画プロジェクト
木原マサキが開発した用途の違う「八卦ロボ」の開発と、遺伝子共有計画。最終的にマサキ自身が頂点に立つ仕込みとして開発していた。
プロジェクト・アーク
人類を次世代のため冬眠してやり過す計画。
プロジェクト・エデン
表向きでは地球を奪還しヴェイガンの民を地球へ帰還させる計画と語られていたが、実際には戦争という極限の状況を通して人類から争いを望まない賢い者のみを「選別」して地球に住まわせ、争いを撲滅した平和な楽園(エデン)を実現することで人類という種を存続させるという計画だった。
プロジェクト・ウズメ
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇』で実行された強大な次元震を引き起こすことで、他の世界から来訪者を連れてくる計画。
プロジェクトTD
フィリオ・プレスティ博士が計画した外宇宙航行計画。但し、博士自身は完成を見届けることなく死去する。

や行[編集]

ヤマト計画
イズモ計画を下敷きに立案されたイスカンダルへ行ってコスモリバースシステムを受領し、地球を再生させる計画。イズモ計画のために建造された宇宙戦艦ヤマトを使って実行、数多の犠牲を払いながらも完遂され、ガミラスとの和解・停戦まで成功した。
勇者特急隊計画
旋風寺旭が発案した、「世界の裏に蠢く巨大な悪」に対抗する為の計画。しかし、その巨悪に計画を察知された事で旭が妻共々暗殺され計画は一時中断、息子の舞人が計画を引き継ぎ完遂させた。

ら行[編集]

ラフレシア・プロジェクト
クロスボーン・バンガードによる人類の永遠の繁栄のために余剰人口を抹殺する計画。その実態は、無人兵器「バグ」を用いた機械による無作為の大量殺戮であった。発案者のカロッゾ・ロナ曰く「誰も良心を痛めることがない良い作戦」。
ランスロット量産化計画
神聖ブリタニア帝国による第七世代KMF「ランスロット」の量産化計画。ランスロット・トライアルを皮切りに初期量産機ヴィンセントが開発され、後期生産型にあたるヴィンセント・ウォードの正式採用を以て完成を迎えた。
リベルタス
ノーマの自由を勝ち取るために現在の世界を破壊する計画とされている。実際はかつてノーマが古の民と手を組み、エンブリヲを倒してノーマを解放するために行われた計画で、この時は失敗に終わった(第一次リベルタス)。後にアンジュ達がタスクアウラの民と手を組み、第二次リベルタス(ラストリベルタス)を実行。エンブリヲを打倒し、アンジュ達が真の地球へ渡ったことで宿願は果たされる事となった。
ルビコン計画
サイド6「リボー」コロニーに搬入されたNT-1アレックスの鹵獲及び破壊作戦。ジオン軍突撃機動軍によって実施された。大まかな流れは、コロニー内部に潜入したサイクロプス隊が破壊工作と秘密裏に運び込んだケンプファーを以て実行するというものだったが、核ミサイルでコロニーごと粉砕するという奥の手も用意されていた。もっとも、作戦を指揮したキリング中佐の意向によって、核攻撃による破壊こそが実質的な本命となっていた。
レイオス・プラン
EOTの成熟と見直し。更なる発展を目指して立てられた。最終的にバンプレイオスのロールアウトを見て、完成を見た。

資料リンク[編集]