帝国華撃団

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

帝国華撃団(ていこくかげきだん、Imperial Floral Assault)とは、『サクラ大戦』シリーズに登場する組織

概要[編集]

帝都東京を魔の力から守る為、元帝国陸軍対降魔部隊隊長である陸軍中将米田一基が提唱した「帝都防衛構想」を基に創設された、日本政府直属[1]の秘密防衛組織。略称は「帝撃」。本部は、帝都の銀座に位置する「大帝国劇場」で、浅草花やしき・北海道・仙台等に支部を持つ。シンボルマークは家紋や太鼓に用いられる時計回りの「三つ巴」に縦書きで「帝撃」と記された文様[2]光武二式の背面部等に刻印されている。

秘密防衛組織であるが故に、一般にその存在は秘匿されており、表の顔は「帝国歌劇団」と呼ばれる少女歌劇団に偽装している。これは古来より、荒れる霊魂を鎮めるのに歌舞音曲が有効であるとされている為。略称は「帝劇」。

大帝国劇場で働く者の中には、帝国歌劇団と帝国華撃団を兼ねている者が多いが、偽装の為に帝国歌劇団のスタッフとしてのみ雇っている者もいる。後者のスタッフの場合、当然帝劇の裏の姿は知らない。なお、総司令と副司令、隊長を含めた花組メンバーは大帝国劇場にて共同生活をしている。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。「流れよ我が涙」と「失われた時を求めて」は『4』の直前という設定の為、『4』の帝国華撃団のキャラクターは全員登場する。他作品とのキャラクターとの交流が帝撃と帝劇の両方の側面から描かれた。

人物[編集]

司令部[編集]

米田一基(よねだいっき)
数々の武勲を立てた猛将として知られる、帝国陸軍中将にして、帝国華撃団総司令及び大帝国劇場支配人。帝国華撃団創設者でもある。『4』で大神を後継者として指名し引退。
藤枝あやめ
米田の秘書で、帝国華撃団副司令及び大帝国劇場副支配人。花やしき支部の支部長も兼任。大神を時に厳しく、時に優しくサポートする。SRW未登場。
藤枝かえで
あやめの双子の妹。ある事情であやめが抜けた穴を埋める為、帝国華撃団副司令及び大帝国劇場副支配人に就任。

構成員[編集]

降魔迎撃部隊・花組[編集]

霊子甲冑を用いて、霊的戦闘に赴く実働部隊。主要メンバーはここに所属。表の顔である帝国歌劇団では、大神を除いて舞台役者を担当。隊員は大神以外は全員女性。女性は全員『1』及び『2』、『4』などでは攻略対象のヒロインとなる。巴里華撃団の花組と区別する為、便宜的に帝都花組とも呼ばれる。

大神一郎
主人公。帝国海軍少尉→中尉→大尉。男性では稀な高い霊力を有す点を見込まれ、帝国華撃団・花組隊長に就任。『4』以降は帝国華撃団総司令及び大帝国劇場支配人となる。帝国歌劇団ではモギリ(チケット係)及び雑用全般を担当。
真宮寺さくら
担当声優は横山智佐氏。陸軍対降魔部隊に所属していた亡き真宮寺一馬の一人娘。魔を祓い封印する真宮寺一族の異能(破邪の血統)を受け継ぐ。剣術に優れ、北辰一刀流免許皆伝の腕前を誇り、特に居合いが得意。『4』以降はすみれの跡を継ぎ、娘役トップになる。
神崎すみれ
担当声優は富沢美智恵氏。神崎重工の令嬢で、霊子甲冑の開発にも協力している。帝国歌劇団では自他共に認める娘役トップ。長刀を得意とし、神崎風塵流免許皆伝の腕前。『4』で霊力減少により引退し、緊急事態に一時復帰する予備役相当となる。
マリア・タチバナ
担当声優は高乃麗氏。ロシア人外交官の父と日本人の母を持つハーフ。大神着任前は花組隊長であり、現在は副隊長及び大神不在時の隊長代理。帝国歌劇団では男役トップ。銃を得意とする。冷静沈着で、物事を客観的に判断する能力に長けている。
アイリス
担当声優は西原久美子氏。本名はイリス・シャトーブリアンで、フランスの大富豪シャトーブリアン伯爵家の令嬢。霊力が著しく高く、瞬間移動、念動力、テレパシー、ヒーリング等様々な能力を持つが、霊力を上手く制御できない事がある。
李紅蘭(りこうらん)
担当声優は渕崎ゆり子氏。帝国華撃団一の天才発明家で、「発明はバクハツや!」が信念。霊子甲冑の開発者兼整備責任者でもある。帝国歌劇団ではコメディ担当だが、『つばさ』のようなシリアスな代表作も残している。中国・北京出身だが幼少期を神戸で過ごした影響で、普段は怪しい関西弁で話している。
桐島カンナ
担当声優は田中真弓氏。帝国華撃団のムードメーカー的存在。男性並みに大柄な体格と豪快な性格で、すみれとは「喧嘩するほど仲がいい」関係。高いアクション能力を生かした殺陣が得意で、帝国歌劇団では子供からの人気が高い。大型武装飛行船「翔鯨丸」の操舵も行う。
ソレッタ・織姫
担当声優は岡本麻弥氏。イタリア人名門貴族の母と日本人画家の父を持つハーフ。演奏・舞踏・歌唱共に優れた女優であり、イタリア演劇界では「太陽の娘」と称えられる。ある事情から日本人男性を嫌っている。
レニ・ミルヒシュトラーセ
担当声優は伊倉一恵氏。普段から男装しており、一人称も「ボク」と名乗っている中性的な団員。ドイツ人。バレエにおいて高い才能を有する。ある事情により、人間離れした頭脳・戦闘力を持つ。

輸送空挺部隊・風組[編集]

花組のバックアップを主に行う部隊。花組や戦略物資の輸送の他、武器制御、弾丸列車「轟雷号」や翔鯨丸などの操縦を担当する。

藤井かすみ
帝国歌劇団の名物女性スタッフ「帝劇三人娘」のリーダー的存在。帝国歌劇団では大帝国劇場の事務局スタッフとして、劇場の運営に関わる雑用全般をこなす。
榊原由里
「帝劇三人娘」の一人。帝国歌劇団ではかすみ同様、大帝国劇場の事務局スタッフ。情報通で噂好きな性格で、同期の紅蘭とは仲が良い。
高村椿
「帝劇三人娘」の一人。帝国歌劇団では大帝国劇場の売店の売り子で、大神にはブロマイドを売っている。マリアの熱烈なファン。

隠密行動部隊・月組[編集]

敵地への偵察や情報収集等を担当する諜報部隊。帝国歌劇団では主に黒子を担当。世界各地にメンバーがおり、世界中に存在する華撃団のバックアップも担っている。

加山雄一
隊長。大神とは士官学校の同期で親友。体術や剣術に秀でている。世界各地を飛び回っており、巴里華撃団や紐育華撃団のバックアップも行う。
宍戸光星
副隊長。大量の仕事を任せる隊長の加山に対し、数え切れない程の愚痴をこぼす苦労人タイプ。SRW未登場。
甍翔太(いらかしょうた)
北多摩の悪ガキと言われた元忍びで、月組の期待の新人。加山に対する情は厚い。SRW未登場。

愛と美の秘密部隊・薔薇組[編集]

夏季休暇で花組が帝劇を数日間留守にする事になった際、米田が呼び寄せた助っ人。花組が戻った後も帝劇に居座っていたが、ある密命を帯びていた。構成員は3人共に陸軍のエリートだが、性格に難あり(オネエ)。その為陸軍から爪弾きにされていたのを、米田に拾われた。

清流院琴音
隊長。帝国陸軍大尉。日頃から「美」を追求しているナルシスト。剣技に優れる。
太田斧彦(おおたよきひこ)
帝国陸軍軍曹。いかつい身体に野太い声の持ち主。体術に秀でる。
丘菊之丞
帝国陸軍少尉。小柄で華奢な体格をしており、薔薇組では唯一女性士官の制服を着ている。

魔障陰滅部隊・奏組[編集]

小規模な降魔やその卵等による、帝都各所の魔障事件の被害を、秘密裏且つ最小限に抑える初動部隊。奏組では対応できないと判断された場合には花組の出番となる。「前線で戦うのではなく、陰(かげ)で滅する」という役割から「陰滅」と名付けられた。帝国歌劇団ではオーケストラ等の音楽全般を担当しており、普段は「かなで寮」で共同生活をしている。花組と逆に、隊員は音子以外全員男性。SRW未登場。

マエストロ・ブラス隊[編集]

実働担当。オーケストラでは指揮者及び管楽器担当。霊力を込めた管楽器の音色及び武器での戦闘を行う。部隊の役割や霊力量の関係から霊子甲冑は使用しない。

ヨハン・シベリウス
奏組の総楽団長(グランドマエストロ)兼指揮者で華撃団としての奏組司令官。厳めしい外見で、その笑顔は誰も見た事がない。
雅音子(みやびねこ)
奏組隊長。帝国歌劇団では指揮者(マエストロ)見習及びフルート担当。優しい性格。昔から何かと運が悪く、あだ名は「不幸の招き音子」。異能により降魔の察知が可能で、霊力も奏組の中では非常に高い。それを活かして戦闘を指揮し、負傷者の手当ても行う。
ヒューゴ・ジュリアード
普段は無口で周りとは距離を置いているが、非常時はブラス隊の中心的存在として積極的に動く。帝国歌劇団ではアルトサックス担当。武器は短剣二刀流。
G.O.バッハ
愛称は「ジオ」。音楽の名門、バッハの血を継ぐ、眼鏡を掛けた青年貴族で、その振る舞いは本物。帝国歌劇団ではバリトンサックス担当。武器はレイピア。
桐朋源二(とうほうげんじ)
元気で人懐っこい性格だが、低身長がコンプレックス。「女性には優しくしなければならない」が信念。帝国歌劇団ではトランペット担当。武器は徒手空拳。
桐朋源三郎(とうほうげんざぶろう)
源二の弟。クールな性格だが兄想い。金平糖が好物で、いつも小袋に入れて持ち歩いているかなりの甘党。帝国歌劇団ではフリューゲルホルン担当。武器は和弓。
フランシスコ・ルイス・アストルガ
愛称は「ルイス」。物腰柔らかで温和な態度と、謎めいた笑みを持つ元暗殺者。奏組の母親的存在。帝国歌劇団ではトロンボーン担当。武器はチャクラム。
ストリングス隊[編集]

ブラス隊の後方支援を担当。オーケストラでは弦楽器を担当。

本居世海(もとおりせかい)
雅な趣味を多く持つ京都弁の青年。寮で同室の昌平とは互いにお国自慢をする仲。
中山昌平
細かい性格にこだわらない江戸っ子タイプ。世海とは喧嘩友達。
暮鏡一(くれきょういち)
「○○であります!」が口癖の堅物な性格で、興奮すると鼻血が出てしまう。丈治や勇と行動を共にすることが多い。
加集丈治
軽い性格で良くツッコミを入れるがテンションが上がると口調がおかしくなってしまう。
襟戸勇
自分の見解を熱く語るタイプだが、「自分が何日シャツを着ているか」等変わった方向に情熱を注いでしまうため周囲に迷惑をかけることも。
リズム隊[編集]

ストリングス隊同様ブラス隊の後方支援を担当。此方のオーケストラでの担当は打楽器。

御伽丸伊玖(おとぎまるいく)
12才という年齢ながら、謎多き面を数多く持つ総楽団長ヨハンの秘書。
ギース・シェルヘン
長身な外国人だが体は病に侵されており、身の回りの世話を鼓太郎に任せている事が多い。
瀧鼓太郎
ギースの看病を多く行っているルームメイトで此方は背が低く、ギースを「ギーさん」と呼んで慕っている。

霊能部隊・夢組[編集]

巫女、陰陽師等の少女・女性霊能者数十人による霊的支援部隊。降魔の分析、結界の展開等を担当。SRW未登場。

カテリーナ・西条
ロシア正教の神学校教師を勤めるシスターで、夢組・東區の世話役を務めている。
星野道香
北多摩の氷川神社宮司の娘で、夢組のホープ。「無二の笑顔」を持っている。
後藤菊花
深川の名門寺院の娘で、自他ともに認めるエースの実力を持ち「深川一文字の菊花」の異名を持つ。
有田すず
南足立郡の神社宮司の娘。東區三班の所属。
中野マキ子
「向島のお転婆娘」と称される東區三班のリーダー的存在。
御子柴まつり
「○○なのです」が口癖。
藤咲かぐや
アイリスに匹敵する高い霊力を有する。
ホリー・クライトン
倫敦(ロンドン)出身のエクソシストで、「○○ね!」が口癖。

局地戦闘部隊・雪組[編集]

北海道支部に存在する極地戦闘部隊。ナンバリングや外伝、舞台等のスピンオフを含め、2017年現在に至るまで構成員が一度も明かされたことが無い、月組以上に謎多き部隊。SRW未登場。

乙女学園[編集]

花組隊員候補を養成する教育施設。生徒は帝国華撃団・乙女組の一員として扱われる。SRW未登場。

野々村つぼみ
大帝国劇場を一時的に留守にした椿に代わって帝劇に赴任した新人隊員。「スマイル、スマイルです!」が口癖。
野々村春香
つぼみの姉で乙女学園の一期生。乙女組のまとめ役として生徒たちを束ね、無事に卒業する。
天草オリザ
花組不在の中、帝劇に襲い来る降魔を撃退した謎の少女。その霊力の高さを買われ乙女組に加入するが…?
風祭真夜
星影ミキ
北雨玲未
大和ゆうき
不知火あおい
真心ヒカル
月原りょう
乙女学園の生徒たち。オリザの加入を認めるか否かで意見が分かれてしまう。

その他[編集]

帝国華撃団に所属しながらも隊が不明な人物や、一時的に身を置いていた人物等。SRW未登場。

『2』で大神とさくらが拾った雄犬で、大帝国劇場の中庭に住んでいる。『2』本編ではメンバーがつけた名前から選択することになるが、『4』以降はレニが名付けた「フント」に統一されており、『X-Ω』では光武二式 (レニ機)に「大切なフント」のアビリティが採用されている。因みに、「フント」とはドイツ語で犬の事。
中嶋親方、広井
表向きは舞台の大道具係の親方とその弟子、裏の顔は霊子甲冑の整備班の親方とその弟子。中嶋親方は声優の故・中嶋聡彦氏、広井は『サクラ大戦』原作者の広井王子氏がモチーフ。『歌謡ショウ』が出自のオリジナルキャラクターであり、舞台の前説もこの2人が担当していた。
森田
花やしき支部に勤務する技師長で、同支部のナンバー2的存在。元神崎重工の社員で、光武のプロトタイプ「桜武」の開発に携わった一人。モチーフは『サクラ大戦』の設定を担当した、レッドカンパニー(現:レッド・エンタテインメント)の森田直樹氏。
清流院笙(せいりゅういんしょう)
かなで寮の寮長を勤める人物で、柔らかい物腰で音子と奏組の仲を取り持つ。一見すると女性だが、音子が入るまで寮には男性しかいなかったらしい。琴音と同じ苗字だが、作中で関連性が語られたことはない。
影山サキ
『2』において陸軍からの推薦で帝劇に配属され、米田の補佐を数ヶ月間担当していた。
真宮寺鉄馬
仙台荒鷹神社の宮司。真宮寺の分家、広瀬真宮寺の当主である刀鍛冶。仙台支部のメンバー。
松本タケシ
東北帝国大学医学部に通う青年。さくらの幼馴染。仙台支部の協力者。
ラチェット・アルタイル
紐育華撃団副司令。劇場版『活動写真』で、紐育華撃団創設の際、研修として一時的に花組隊員となる。帰国後紐育華撃団隊長に就任するが、『V』序盤で霊力減少により引退、副司令となる。
あなた
『檄・花組入隊!』『サンダーボルト作戦』の主人公で、プレイヤーの分身(名前は特に設定されていない為、便宜上「あなた」とする)。一人称は「僕」又は「ボク」。霊力の高さを見込まれてあやめにスカウトされ、花組に1ヶ月体験入隊。その縁で体験入隊終了後も花組に協力する。

関連組織[編集]

帝国陸軍対降魔部隊
嘗て霊的戦闘に対応する為に帝国陸軍に設けられた、高い霊力を持つ軍人を集めた特殊部隊で、帝撃の前身。当時のメンバーは米田一基(隊長)、藤枝あやめ、真宮寺一馬、山崎真之介。
欧州星組
欧州大戦時に霊的に優れた人材を各国から集め、ドイツで試験的に組織された実験部隊。結成から半年足らずで解散されたが、その運用データは帝国華撃団にフィードバックされた他、元メンバーが帝国華撃団や紐育華撃団に入隊している。正式名称は「星組」だが、紐育華撃団・星組が登場してからは専ら「欧州星組」の名称が使われる。当時の司令は藤枝かえで、メンバーはラチェット・アルタイル(隊長)、ソレッタ・織姫、レニ・ミルヒシュトラーセ、九条昴、他一名。
巴里華撃団
帝国華撃団に倣って創設された秘密防衛組織。部隊は前線で戦う花組しか存在しないが、帝国華撃団の花組と区別する為、便宜的に巴里花組とも呼ばれる。本部は、フランス・巴里(パリ)のモンマルトルの劇場「テアトル・シャノワール」。凱旋門に支部を持つ。主なメンバーは大神一郎(隊長)、エリカ・フォンティーヌグリシーヌ・ブルーメールコクリコロベリア・カルリーニ北大路花火
紐育華撃団
帝国華撃団及び巴里華撃団に次いで、魔の力に対抗する為創設された秘密防衛組織。部隊は花組のように前線で戦う星組と、戦闘をサポートする虹組、隠密行動部隊の月組が存在する。星組は欧州星組と区別する為、便宜的に紐育星組とも呼ばれる。本部は、アメリカ合衆国・紐育(ニューヨーク)のマンハッタンの劇場「リトルリップ・シアター」。主なメンバーはラチェット・アルタイル(初代隊長)、大河新次郎(隊員→2代目隊長)、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴。
伯林華撃団
第5期OVA『ニューヨーク・紐育』の第1話冒頭でその存在が明かされた第4の華撃団。同エピソードでラチェットが設立の手助けに赴いた事が語られているが、組織の詳細については不明。
大神華撃団
『4』の最終決戦において一時的に結成された、帝国華撃団と巴里華撃団の混成部隊。メンバーは大神一郎(隊長)と帝都花組隊員8名と巴里花組隊員5名。その中でも、大神と共に敵陣に乗り込む強襲部隊5名はプレイヤーが任意に選択可能であり、メンバーの組み合わせにより様々な部隊名が付く。『X-Ω』では光武二式 (大神機)のアビリティの名称として登場する。
賢人機関
光と闇が集中する都市の平和防衛及び強い霊力を持つ者を監視する為に設立された、民族、宗教、思想等を超越して結成された国際的な秘密機関。世界各地の華撃団の運営も担当しており、霊力が強い者を構成員候補として紹介する事もある。大都市を抱える国の殆どに支部があり、それ故に強い権限を持つ。素性が明かされているメンバーは花小路頼恒、田沼晴義。
神崎財閥
すみれの祖父である神崎忠義が総帥を務める、日本有数の財閥。その中でも基幹企業となる神崎重工は帝国華撃団の霊子甲冑の建造を一手に請け負っている。それと同時に、忠義が「帝都防衛構想」の賛同者の1人であり、隊員であるすみれの存在もあって、代表的なスポンサーとして財界にも働きかけ帝撃を資金的に援助しているという複雑な関係にある。

余談[編集]

  • 本部の大帝国劇場は銀座4丁目、服部時計店(現:銀座和光本店)の交差点を挟んで斜向かいに構える架空の建築物だが、そのデザイン上のモデルは国の重要文化財としても有名な横浜開港記念会館であるとされている。

脚注[編集]

  1. ただし、運営そのものは賢人機関が担当している為、政府関係者でもその詳細を知る者は少ない。『1』の時点では曖昧だったが、設定を整理した漫画版では内閣総理大臣が帝国華撃団を「謎の組織」と表現している。
  2. 帝撃の文字は省略される場合もある。