名前のみ登場する人物

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

名前だけはスパロボに登場しているが、未だにグラフィックで登場していない人物。

スパロボに登場の都度、各登場人物欄に昇格。

目次

メモ[編集]

作品は五十音順で並べてあります(バンプレストオリジナル系を除く)。

一覧[編集]

SDガンダム外伝[編集]

勇者ガンダム
伝説の勇者。

SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors[編集]

孫堅ゼフィランサス
孫策、孫権、孫尚香の父。『UX』では原作終了後であるため呂布に討たれている。
孫策サイサリス
孫権孫尚香の兄。

STAR DRIVER 輝きのタクト[編集]

レオン・ワタナベ
ワタナベ・カナコの夫である大財閥グラントネール財団の総帥。

アイドルマスター シンデレラガールズ[編集]

レイナ / アキハ
コスメティア帝国の幹部。

アイドルマスター XENOGLOSSIA[編集]

双海亜美
天才子役のアイドル小学生。モンデンキントのiDOLの整備士でもある。
双海真美
亜美の双子の妹で、テンペスタースのアイドルマスター。本編の7年前の事故により、テンペスタースと共に行方不明となる。

蒼き流星SPTレイズナー[編集]

ケン・アスカ
エイジの父。『XO』では「ケーン・アスカ」と呼ばれている。

宇宙戦艦ヤマト2199[編集]

サーシャ・イスカンダル
スターシャの妹でユリーシャの姉。物語開始時に故人になる。
V』ではイベントグラフィックと「……」の一言だけ台詞も用意されているため、厳密には名前のみ登場とは言えないが、キャラクター事典には登録されない特殊な扱い。

宇宙の騎士テッカマンブレード[編集]

リルル / リック
行方不明時のバルザックと生活していた姉弟。『J』ではオーブ在住。

オーバーマン キングゲイナー[編集]

ガエラ
ウッブスのエクソダスを請け負っていた頃のゲインの恋人。『第2次Z再世篇』におけるルーク・アダモンP戦の戦闘前会話で名前のみ登場。

ガン×ソード[編集]

エレナ
ヴァンの婚約者。物語開始時点で故人。『K』ではダンの「神は裁き」の演出で後ろ姿だけを見ることができる。
なお、原作においても彼女の顔は写されない。
シノ
レイの妻。物語開始時点で故人。同じく原作においても顔は写されない。

ガンダム Gのレコンギスタ[編集]

カーヒル・セイント
アイーダの上司にして想い人。序盤、ベルリのミスによって死亡してしまう。
デレンセン・サマター
ベルリの教官。同じくベルリのミスで死亡してしまう。

機甲戦記ドラグナー[編集]

ギニール少尉
ドラグナーを守るために戦死した連合軍のパイロット。『MX』では物語開始前に死亡した模様。
チェホフ中尉
ギガノス帝国軍の脱走兵。原作ではプラクティーズに射殺されている。『MX』では彼も物語開始前に死亡。

機神咆吼デモンベイン[編集]

覇道鋼造
覇道財閥の前当主。ブラックロッジを相手に長年戦い続け、デモンベインを造り上げたとされる男。
なお、原作ゲームではその驚きの正体が明かされている。

機動新世紀ガンダムX[編集]

ロイザー
サテリコンのリーダー。

機動戦士ガンダム[編集]

ウッディ・マルデン
マチルダの婚約者。『第4次』で台詞の中に登場。
ジオン・ズム・ダイクン
キャスバル(シャア)およびアルテイシア(セイラ)の父にしてジオニズムの提唱者。その立場上、度々名前が挙がる。
テム・レイ
アムロの父。テム本人は未登場だが、『α』『α外伝』『OE』では「テム=レイの回路」が強化パーツとして登場している。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集]

ジョン・バウアー
ロンド・ベルの創設に関わった連邦政府の高官。『V』で台詞の中に登場。

機動戦士ガンダムSEED[編集]

アラン、クリスティ
サトーの戦友と恋人。故人。
デュエイン・ハルバートン
地球連合軍の提督。「智将」と評価され、連合軍内部では良識派であったが、地球に降下するアークエンジェルを支援するためにクルーゼ隊と交戦した際に戦死。
名前が登場する『J』では木連との戦いで戦死したことが語られている。
ラスティ・マッケンジー
クルーゼ隊の一員。ストライクガンダムの奪取に向かったが失敗、射殺されている。

機動戦士ガンダム 第08MS小隊[編集]

コジマ
第08MS小隊が所属するコジマ大隊の大隊長。08小隊員らの上司。

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争[編集]

キリング中佐
サイクロプス隊の上司。

機動戦士ガンダムUC[編集]

ジョナ・ギブニー
ネェル・アーガマの機付長。『第3次Z天獄篇蒼の地球・北米ルート第6話「ジオンの未来」にて、タクヤの台詞の中に登場。
マハディ・ガーベイ
ロニ・ガーベイの父。原作小説版とOVA版で設定が大きく異なり、OVA版では故人となっている。
リカルド・マーセナス
ラプラス事件で謀殺された地球連邦政府初代首相。

機動戦士クロスボーン・ガンダム[編集]

ヨナ
クロスボーン・バンガードの一員。『V』でキンケドゥの台詞に名前が出る。

機動戦士Ζガンダム[編集]

チェーミン・ノア
ブライトミライの娘で、ハサウェイの妹。
『α』にて、クリスシャクティが焼いたキャロットクッキーを食べたブライトが妻子のことを思い出した際に名前のみ出てくる。
ヒルダ・ビダン
カミーユの母親。『MX』『Z』では原作同様に過去にてティターンズの謀略で死亡したことが語られているが、直接登場はしない。
マハラジャ・カーン
ハマーンの父親で、故人。

銀河旋風ブライガー[編集]

ドク・エドモン
ホセシルバ・ヴァレンシア
お町の父。『α外伝』ではバルマー戦役後の再開発をしていたらしい。

鉄のラインバレル[編集]

森次百合子
玲二の姉。「正義の味方」を名乗って暴れていた玲二を世間から守っていたが、彼に恨みを持つ不良達によって殺されている。

ゲッターロボ[編集]

キング博士
ジャックメリー兄妹の実父にして、テキサスマックの開発者。
IMPACT』ではガンドール隊に息子達を加入させるべく葉月長官へと連絡を入れている。
早乙女達人
早乙女博士の長男で、原作第1話で戦死する。
F完結編』の真ゲッター乗り換えイベントで名前のみ登場し、『F』の世界でも故人であることが判明。

ケロロ軍曹[編集]

日向秋
日向夏美日向冬樹の母親。『OE』でケロロ軍曹の口から「ママ殿」として話題に上るが、直接名前自体は出ない。

元気爆発ガンバルガー[編集]

荒木純
虎太郎らが所属する少年草野球チーム「青空ゲンキーズ」の監督を務める。駄菓子屋「元気堂」の一人息子で浪人生。

コードギアス 亡国のアキト[編集]

ジィーン・スマイラス
E.U.軍の将軍。レイラ・マルカルの父親とは親友。

ゴジラ対エヴァンゲリオン[編集]

ガイラ
映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』に登場した怪獣。なお、映画『ゴジラ×メカゴジラ』においても回想シーンで登場している。
『X-Ω』では過去の怪獣として名前が言及され、ゴジラと対比されている。
芹沢大助
映画『ゴジラ』の登場人物。1954年、東京に出現した初代ゴジラをオキシジェン・デストロイヤーによって葬った科学者
X-Ω』では45年前にゴジラと運命を共にした人物として冬月に語られている。
湯原徳光
映画『ゴジラ×メカゴジラ』の登場人物。人工生物学の権威である大学の理工学部教授。
3式機龍に「メカゴジラ」という愛称を付けた人物の一人であり、正式名決定後も「メカゴジラ」という名前を度々使用している。
3式機龍のDNAコンピュータを使用した伝達システムの開発者であり、『X-Ω』でも名前が出る。

サン娘 Girl's Battle Bootlog[編集]

神月楓
ザンボット3のサン娘。高校1年生。

疾風!アイアンリーガー[編集]

ルリー銀城
シルバーキャッスルのオーナーで、年齢はTV版時点で弱冠15歳。『NEO』ではミルクに「ルリィ銀城」と呼ばれていた。

ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日[編集]

ビッグ・ファイア
BF団の首領。

重戦機エルガイム[編集]

ミヤマ・リーリン
盗賊団・リーリン一家の頭で、アスフィーの母。『リアルロボット戦線』ではパイロット扱いで登場。
メッシュ・メーカー
ミラウー・キャオとともにエルガイムMk-IIを製作した。『リアルロボット戦線』では非戦闘員扱いで登場。

新ゲッターロボ[編集]

早乙女達人
新ゲッター版でも当然早乙女博士の長男として登場するが、原作第1話で戦死する。『NEO』では既に故人。

真ゲッターロボ 世界最後の日[編集]

ランバード
シュワルツの同僚。『第2次Z再世篇』にてルーク・アダモンP相手の戦闘前会話にて名前のみ登場。

ゼーガペイン[編集]

カワグチ・ケンタ
ソゴル・キョウの中学時代の元友人。
ソー・バーヴィンスキー
ドヴァールカーのセレブラント。
ナーガ
ガルズオルムの盟主であり、人類を滅ぼした張本人。

絶対無敵ライジンオー[編集]

泉ルリコ
泉ゆうの妹。

ゾイド -ZOIDS-[編集]

クルーガー大佐
ヘリック共和国の軍人。
ダン・フライハイト
バン・フライハイトの父親で故人。
ツェッペリンII世
ルドルフ・ゲアハルト・ツェッペリンIII世の祖父でガイロス帝国皇帝。
マリア・フライハイト
バン・フライハイトの姉。『OE』で「姉がいる」という話が出るが、名前自体は出てこない。

蒼穹のファフナー[編集]

春日井正浩 / 春日井諒子
春日井甲洋の里親。
蔵前果林
ファフナー・マークツヴァイのパイロット。『K』では、はっきりと「死亡」が言い渡された。

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ[編集]

フェドク・ウォッカム
メルキア情報省次官。『OE』にてスクロールテキストやペールゼンの台詞を介して名前のみ登場。

宇宙をかける少女[編集]

獅子堂風音
獅子堂姉妹の長女。

超時空要塞マクロス[編集]

コミリア・マリア・ジーナス
マクシミリアン・ジーナスミリア・ファリーナ・ジーナスの娘。『第3次α』にて名前が出る。

超電磁ロボ コン・バトラーV[編集]

一木木兵衛
南原コネクションのコック。一木金太一木知恵の父。『第4次S)』にて十三が出撃命令を「木兵衛じいさんのニワトリかなんかが逃げ出したにきまっとる」と勘違いしていた。
A』『R』で息子達は登場したが、存在は語られていない。

天空のエスカフローネ[編集]

シェスタ / ガァティ / ダレット / ヴィオレ
ディランドゥの部下「竜撃隊」隊員。
COMPACT3』においてジャジュカとの会話で名前のみ登場するので、引き連れていたザイバッハ兵が彼等だったと思われる。

伝説巨神イデオン[編集]

ズオウ・ハビエル・ガンテ
バッフ・クランの支配者。

電脳戦機バーチャロン マーズ[編集]

リリン・プラジナー
特務機関「MARZ」総帥。

とある魔術の電脳戦機[編集]

ステイル=マグヌス / 神裂火織
イギリス清教「必要悪の教会」所属の魔術師。
姫神秋沙
上条当麻のクラスメイト。「吸血殺し(ディープブラッド)」という能力を持ち、自分の意思と無関係に吸血鬼を誘い出し、自身の血を吸った吸血鬼を灰に帰す。

特装機兵ドルバック[編集]

高城洋一
ルバック隊の生みの親である、地球連邦軍大佐。

トップをねらえ![編集]

タカヤユウゾウ
ノリコの父であり、オオタにとっては元上官。かつての超光速戦艦「るくしおん」の艦長であったが、宇宙怪獣の襲撃によって戦死。

覇王大系リューナイト[編集]

ウィンディー
パッフィーの婚約者。パフリシア国王夫妻を逃がすために戦い討ち死にし、遺体をガルデン配下の魔物に操られていた。
NEO』においては、既に死亡していることのみが語られた。
ビルフォード
アデューの養父。

フルメタル・パニック![編集]

ジェローム・ボーダ
ミスリル作戦部の総責任者。
千鳥あやめ
千鳥かなめの別居中の妹。

フルメタル・パニック?ふもっふ[編集]

佐伯恵那
相良宗介の外見に惚れたが、ラブレター入りロッカーの爆破をはじめとして戦争ボケに乙女心をズタズタにされた可哀相な少女。
松浦ミキ
石原が大好きなアイドル。写真でのみ登場し、本人が登場するエピソードは存在しない。

フルメタル・パニック! (原作小説版)[編集]

サガラカナメ
平行世界の千鳥かなめ
原作には登場しない『Vオリジナルキャラクター
ジョン・ジョージ・コートニー
米軍の退役軍人で、宗介に海兵隊式の特訓を課した。
第3次Z天獄篇』ではヒビキの父親の上官として言及されており、用語辞典にも登録される。

ベターマン[編集]

カクタス・プリックル
覚醒人1号を操る蒼斧蛍汰の前任者。『ガオガイガー』に登場するりゅうぐう5000の艇長候補にもなっている。アルジャーノンを発症。
彩真理緒
彩火乃紀の兄。両親と共にアジャンター石窟の調査に赴き死亡する。その際にウィウェレの実の苗床となり、カンケルと戦い瀕死となったラミアに新たな命を与え、彼の容姿と記憶を受け継いだ。
COMPACT3』ではラミア本人がこのことを説明している。
彩幹生
彩火乃紀の父。アジャンター石窟の調査中に行方不明となる。『COMPACT3』では彩博士の名前で登場。
パキラ老
ソムニウム一族の長。ラミア達へカンケルに対処するよう命じていたが、カンケルに滅ぼされる。

魔境伝説アクロバンチ[編集]

デーロス
ゴブリン一族の王。戦闘台詞中等で登場。

マクロスΔ[編集]

メッサー・イーレフェルト
Δ小隊のエースパイロット。

マジンガーZ[編集]

スミス博士
ジェットスクランダーの共同開発者であるロボット工学&ロケット工学の権威。
αDC)』ではテスラ・ライヒ研究所に籍を置いており、最終調整段階で生じた問題を解決するべく渡米した弓教授と詰めの作業を行なっている。

マシンロボ クロノスの大逆襲[編集]

キライ・ストール
ロムレイナの父。
ジンギ
キナコロン姉弟の父。

無敵鋼人ダイターン3[編集]

コマンダー・ヘスラー
究極戦車ニーベルゲンの開発者。
V』におけるニーベルゲンとの戦闘前会話にて、万丈が彼について言及している。
破嵐創造
破嵐万丈の父でメガノイドの生みの親。
COMPACT』のプロローグでは死亡したことが説明される。『α』では碇ゲンドウと顔馴染みだったらしい。『第2次α』におけるドン・ザウサーとの最終決戦では、幻聴ともとれる描写で万丈にメッセージを送っている。

無敵超人ザンボット3[編集]

神北久作
神北恵子の父親。
原作では最終決戦時に神一太郎、神江大太と共に神勝平を救うためにビアルI世でガイゾックを減速させ大気圏との摩擦熱で燃え尽きて命を落としたが、『V』では元ナデシコ隊等に救われたため生存している。そのためブラックノワール闇の帝王との決戦時に恵子が「父さん」名義だが口にしている。
神江大太
神江宇宙太の父親。
原作では上記の通り命を落としているが、『V』では一太郎、久作共々生存している。そのためEDにおいて、宇宙太が彼の営む開業医を継ぐために彼から医学を教えて貰うことを語っている。

メガゾーン23[編集]

村下智美
D』において、原作同様殺害された事が語られる。

勇者王ガオガイガー[編集]

初野あやめ
初野華の従姉。『ベターマン』にも登場。『BX』では、華が防衛隊のイベントでと出会った時に、彼女に連れられてイベントに来たと説明している。

勇者王ガオガイガーFINAL[編集]

ポルコート
外伝小説『獅子の女王』におけるルネの相棒の勇者ロボ。彼女を庇って一度大破し、後に特捜車両として生まれ変わった。
第3次α』のサブシナリオにて、原種に操られて暴走した光竜が、地球連邦軍によって破壊される可能性をパピヨンが示唆したとき、その名をルネが口走っている。

ラーゼフォン[編集]

ジャン・パトリック・シャプラン
エルフィの同僚で、緑色のヴァーミリオンを駆る。階級は大尉。総一の台詞でのみ登場。

リトルウィッチアカデミア[編集]

シャイニィシャリオ
魔法ショーを精力的に行い世界的な人気を博した魔女。本名は「シャリオ・デュノール」。

ロックマン[編集]

カットマン
『無印』に登場するボスキャラクター。元々は森林伐採用ロボットで、ロックの弟的存在だった。
トーマス・ライト
ロボット工学の父である天才科学者。

バンプレストオリジナル[編集]

ヴィロー・スンダ
64』のスーパー系男主人公ブラッド」とライバルの「カーツ」の師匠。
既に故人であり、ヴィローの菩提を弔っているところからストーリーが始まる。
エミリア
『64』のリアル系男主人公「アーク」が好意を寄せていた少女。
なお、アークルートはエミリアが死んでしまう場面から始まるが、結局彼女については詳細不明のまま。
アリンディーネ
『64』のリアル系男主人公ライバルエルリッヒ」の恋人。バスクに監禁されている。
ジャッキー / アリス / マツザキ / ヴォルグ / キャシー / レン
6人共カルヴィナの元同僚。『J』開始前の月面支社の事件で、全員死亡している。
ゴードン
OGMD』で新たに追加されたカルヴィナの同僚。
ユウミ・アーディガン
カズマの母。
美津野下兵衛
第3次Z時獄篇』のボーナスシナリオに登場する、政治団体「場昼の党」の一員。名前の由来は言わずもがな「バビルの塔」と「三つのしもべ」。
メグミ・ラクナルド
自殺した(真相はアドヴェントの精神干渉を防ぐために自ら生命を絶った)ヒビキの母親。『第3次Z天獄篇』のヒビキの回想シーンでわずかに登場しているが、ヒビキ同様の長い黒髪をしていること以外の容姿は不明。
如月優美
如月千歳の亡くなった妹。チトセからは「ユウちゃん」と呼ばれている。
レイラ、アンナ
テンペスト・ホーカーの妻子。故人。
シンシア
リー・リンジュンの妻。故人。
クラフ・アイーラ
黎明戦争の終戦から2週間後、VTXユニオンの社長に就任した人物。前々社長であるダイマ・ゴードウィン計画に自身は関わっていないことをアピールしていたが、VTX社員からはあまり信用されていなかった。

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL[編集]

カテキス・ライトリング
「銀の魔術師」の異名を持つ。召喚系の魔法を使える数少ない人物で、『EX』にてヤンロンイブンと共に名を挙げられている。
魔装機神II』でのティアンの台詞によると「60歳を超える老人」とのこと。また、『魔装機神II』では彼の名を騙るヌル・ツーホークヴォルクルス教団員として登場した。
ウィノ
ラングラン解放戦線のメンバーだが、レッカと異なり、いつの間にか戦死していた。
ナタリア・ゾラム・ラクシュミー
テリウスの母。詳細はテリウス・グラン・ビルセイア#人間関係を参照。
ピア
ゼオルートの離婚した妻でプレシアの母親。バゴニア共和国に在住。
ミサキ・シラカワ
シュウの実母でシュウがヴォルクルスに操られるきっかけを作った人物である。
ルビット
ラ・ギアスに召喚されたショウが世話になった軍人でマサキとも顔見知りらしい。
レグ
トールスの部下でミオに当時の戦況を教えた。
レッカ
ラングラン解放戦線のメンバーでマサキが間接的に初めて殺してしまった人間でもある。