ガルガンチュワ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガルガンチュワ
登場作品 超電磁ロボ コン・バトラーV
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 スーパーロボット
全長 50m
重量 500t
開発者 ローレンス・ピカデリー
所属 ブリッデン国
パイロット ローレンス・ピカデリー
テンプレートを表示

ガルガンチュワは『超電磁ロボ コン・バトラーV』の登場メカ

概要[編集]

第18話「発進!ガルガンチュワ」に登場する、ブリッデン国のスーパーロボット。機体は完成していたものの、どれい獣に対抗し得る強力な武器がないため、戦闘力に欠ける。

また、操作系が洗練されていないようで、ワンアクションする前に上下左右の4箇所のレバーを操作した後に中央のレバーを倒して操作入力しているシーンがあり、とても複雑な操作系をしているのが印象に残る。

コン・バトラーV一機だけでは地球防衛はままならないと判断した四ッ谷博士により出動を要請されるものの、上記の理由によりピカデリー博士は国威を優先し出動を拒否する。さらに戦闘の際にどれい獣に襲われて不時着したバトルジェットを分析するために、豹馬にスパイ容疑をかけて拘束するが、博士の行動を疑問視した助手により救出。さらに助手の言葉に心を動かされた博士が直接搭乗し、3体のどれい獣に襲われたコン・バトラーの危機を救う。しかしその戦闘によりガルガンチュワは大破し、博士も戦死する。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
コープランダー隊用にブルーガーと同じ操縦系統に改造された(おそらく監督繋がり)。基地ステージではマリ精神コマンドを使うために出撃させ、宇宙・地上ステージではを乗せて切り込み役を務めさせると良い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ミサイル
アローランサー
手持ち武器である槍。この武器がコン・バトラーを救う事となる。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

どれい獣ギャル、ベロス、ニュートロル
3大どれい獣に苦戦するコン・バトラーだが、蟠りを捨てたピカデリー博士自らがガルガンチュワで駆け付け、ギャルの相手を引き受ける。しかし頭部を吹き飛ばされ博士は戦死、ガルガンチュワはランサーを杖にしたまま立ち往生してしまう。
一方コン・バトラーは残りの2体を倒すが、ギャルに追い詰められて行く。その時、倒れてきたガルガンチュワのランサーがギャルの背中を貫いた。この隙を突き、コン・バトラーはギャルを粉砕する。

関連機体[編集]

パンタグリュエル
第3次』に登場するガルガンチュワの強化型。原作には登場しないSRWオリジナル機体
ガルガンチュワ マークIII
漫画『ゴッドバード』に登場する後継機。