どれい獣

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

どれい獣(Slave Beast)とは、『超電磁ロボ コン・バトラーV』に登場する兵器。

概要[編集]

初期のキャンベル星人の司令官オレアナ地球侵略に使用していた戦闘サイボーグ。その正体はキャンベル星に征服された星の人々や生物が改造された姿だった。

どれい獣の名に違わず、キャンベル星人の奴隷兵器とも言うべきサイボーグである。中には本来は温厚な性質の宇宙生物や宇宙人を改造したものもおり、ドラマの描かれるどれい獣もいる。

スパロボに登場したどれい獣[編集]

SRWでは単なる敵扱いであり、ドラマがあるどれい獣が採用されたことはなく、そもそもミーアの特攻とガルーダの悲劇くらいしか再現も出番もないので、扱いは良くない。

αシリーズZシリーズが完結した現在まで2体しか登場しておらず、コン・バトラーVの参戦歴を考えると不遇。

SRWでは分類名が名称に併記される場合、表現上の問題から作品後半に登場したマグマ獣と統合されている。

ガルムス
第1話に登場。『第4次』や『F』では「マグマ獣ガルムス」表記。
デモン
第25話に登場。『第4次』や『F』では「マグマ獣デモン」表記。
偽コン・バトラーV(ザンギャル)
第17話に登場。SRWに登場するのはただのロボットである。

関連用語[編集]

キャンベル星人
マグマ獣
性能面では、どれい獣を上回る。